ピクシブ百科事典

ギャラルホルン

ぎゃらるほるん

北欧神話に登場する、ヘイムダルが持つ角笛の名。またそれに由来して名づけられた創作物を指す。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 北欧神話の神ヘイムダルが持つ、ラグナロクの到来を告げる角笛
  2. 対戦格闘ゲーム『アカツキ電光戦記』のキャラクター「電光戦車」及び「完全者」の最終特別攻撃(要するに超必殺技)の名称。
  3. 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』に登場する組織。→ ギャラルホルン(鉄オル)
  4. ピクシブ交流企画のひとつ「ピクサイ」内の組織。→ 組織【ギャラルホルン】
  5. スマートフォン向けゲーム『戦姫絶唱シンフォギアXD』に登場する「聖遺物」と呼ばれる物品の一つ。平行世界への移動ゲートを開く力を持つ。


原義

綴りは【Gjallarhorn/Giallarhorn】。
前者の場合は「叫ぶ」「唄い出す」、後者の場合は「鳴り響く」「響き渡る」を意味する。
カタカナ表記では「ギャッラルホルン」(ギャラホルン)とされる場合もある。

神界アズガルドの門番神ヘイムダルの持つ角笛。
普段はミッドガルドの真下にある「ミーミルの泉」にあり、そこに伸びて来ているユグドラシルの根本に隠して持ち出されることはない。
また予言の巨人・ミーミルはこの角笛を杯に泉の水を飲んで知恵を得ているという。

ラグナロクの幕開けで、ロキ神が冥府とニブルヘイムから軍勢を引き連れてアズガルドに攻め込んできたとき、ヘイムダルがギャラルホルンを吹いて神々に戦いの始まりを告げるとされる。
この笛が鳴り響くとき、それは北欧神話終末ラグナロクの始まりを意味する。

キリスト教にもラッパを吹く天使が存在し、同様に終末を告げる役割を負っている。

アカツキ電光戦記』のギャラルホルン

みんなしんじゃえ~!!
ハトの完全者さん


『鉄血のオルフェンズ』が始まるまでは専らこの技を表すタグとして用いられた。

中には上記以外のキャラがそれっぽいビームを放っている絵につけられているものもある。

ギャラルホルン
ギャラルホルン

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラルホルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 614663

コメント