ピクシブ百科事典

角笛

つのぶえ

動物の角を加工して作られた笛。 古代から信号の役割のために用いられており、一部の管楽器の起源ともされる。
目次[非表示]

角笛とは、楽器の一種である。

概説

文字通り動物から作られた

おもに水牛などの太く硬い湾曲の少ない角を用いる。
中を掘って中空にし、角の先に穴をあけて空気を通すシンプルな構造。
リードの類が無いため、唇の振動を利用したいわゆる「唇簧(しんこう/リップリード)」によって鳴らすものがほとんどである。

おもにアフリカ北部・中東ヨーロッパ圏で発達し、信号として、動物を追い立てるために、祭事や儀式の鳴り物としてなど、日本でいう法螺貝と似た用途で使用された。

機構がシンプルなため出せる音は多くても2~3音階が限界。
その後ホルンなどの管楽器の祖となり、その語源ともなったとされる。

神話世界は神器としても登場し、北欧神話のギャラルホルンが有名。
創作ファンタジーでも特異な力を秘めたアイテムとして登場する機会が多い。

関連イラスト

春呼ぶ角笛
龍族少女



関連動画

ウェールズの角笛「ピブゴーン」の解説


ピブゴーンによる演奏


イスラエルの角笛「ショファー」


ショファーによる楽曲『Open Heaven』


ルーマニアの歓迎の角笛



関連タグ

楽器 管楽器
法螺貝 神器

pixivに投稿された作品 pixivで「角笛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1741

コメント