ピクシブ百科事典

ホルン

ほるん

柔らかい音色が魅力の、カタツムリ型の金管楽器。
目次[非表示]

曖昧さ回避

1.金管楽器の一種。本項を解説。
2.『ハーメルンのバイオリン弾き』の登場人物。⇒ホルン

ホルン(楽器)

一般的に有名なフレンチホルン(French Horn)について説明する。

ホルン(Horn)とは、カタツムリのような形状に巻かれた円錐状の管と、3つから5つの、通常はロータリー式のバルブ(弁)を持つ金管楽器の一種である。
本来、「」という意味の言葉だが、同時に「角笛」という意味を持ち合わせていた。
形が丸くベル(発音口)が後ろに向いている理由は、昔羊飼いの間で馬に乗った時に肩から担いで(当時は中の管やロータリーは一切ない)後方にいる者たちに音で指示出しをしていたからである。
オーケストラに使われるようになって初めて管やロータリーが追加された。

手をベルの内部に突っ込むという独特の演奏法を用いる事で、べル内に反響する共鳴の度合いを微調整する事が可能。
それにより豊かな音の変化を生む事が出来る。
ベル内での手のかたちは、奏者ごとに独自のスタイルで変化させる。

ホルンの名のつく楽器(フリューゲルホルンアルトホルンなど)は多いが、ホルンに分類されない事もあるので注意が必要。
2007年のギネスブックで、世界で一番難しい金管楽器であるとして認定された。

関連イラスト

オリジナル

ホルン
きみと一緒に奏でるよ


bell
第3回オータムリーフ管弦楽団演奏会



版権

ホルン組
吹奏楽部の歳納京子


ユナンさんとヤムさんとシャル
はるちか



関連動画

「ホルン協奏曲」第1番(Horn Concerto No 1 in D major KV412)ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
(Horn Solo : Radek Baborák)


「ホルン協奏曲」第1番(Horn Concerto No 1)より 第1楽章/リヒャルト・シュトラウス
(Horn Solo : Barry Tuckwell)


英雄の証甲田雅人


ホルン奏者

国内

  • 伊藤泰世
  • 大栗裕
  • 大橋晃一
  • 近衛直麿
  • 田中正大
  • 千葉馨
  • 根本雄伯
  • 樋口哲生
  • 福川信陽
  • 丸山勉
  • 水野信行
  • 吉永雅人


海外

  • アイファー・ジェームズ(Ifor James) - イギリス
  • アラン・シヴィル(Alan Civil) - イギリス
  • ジェフリー・ブライアント(Jeffrey Bryant) - イギリス
  • デニス・ブレイン(Denis Brain) - イギリス
  • ノーマン・デル・マー(Norman René Del Mar) - イギリス


  • ゲオルク・コップラッシュ(Georg Kopprasch) - ドイツ
  • フェリックス・クリーザー(Felix Klieser) - ドイツ
  • フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス(Franz Joseph Strauss) - ドイツ

  • オンドジェイ・ブラヴェッツ(Ondřej Vrabec) - チェコ
  • ラデク・バボラーク(Radek Baborák) - チェコ

  • バジル・クリッツァー(Basil Kritzer) - アメリカ
  • ヨハン(ハンス)・フィッシャー(Johann Fischer) - オーストリア
  • バリー・タックウェル(Barry Tuckwell) - オーストラリア

架空のホルン奏者


関連タグ

楽器 金管楽器
音楽 クラシック音楽 行進曲 吹奏楽 吹奏楽部
吹く 演奏 ブラスバンド マーチング オーケストラ 文化祭
アルトホルン トランペット コルネット フリューゲルホルン トロンボーン ユーフォニアム チューバ スーザフォン
角笛 カタツムリ

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ホルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 558192

コメント