ピクシブ百科事典

トロンボーン

とろんぼーん

スライドの伸び縮みで音程を調節する、中音域の金管楽器。
目次[非表示]

概要

トロンボーン(Tronbone)とは、2本のU字管を互いに挿し込んだような形状をした、金管楽器の一種。
片方のU字管がスライドできるようになっており、管の長さを変えることによって音の高さを調整する。
トランペットよりも1オクターブ低い中音域の楽器であり、複数本で奏でるハーモニーの美しさには定評がある。

金管楽器のなかでも最も単純な形をしているがゆえに、歴史の長い楽器でもある。
古くは中世、直線トランペットがS字管になり、さらに2本のU字管を互いに挿し込むという現代のトロンボーンに近い形になった(そういった楽器をサックバットと呼んだ)。
ルネサンス期までは、トロンボーンはオルガンと並んで神聖な楽器と言われ、教会音楽での使用が圧倒的であった。

教会音楽以外で初めてトロンボーンを用いたのは、ベートーヴェン(交響曲第5番の第4楽章)である。
以後、オーケストラに定席を得るようになり、現在では吹奏楽マーチングブラスバンド(英国式金管バンド)、ジャズ等の多彩な音楽ジャンルで使用されている。

関連イラスト

オリジナル

お前のハートを
夏コミご声援感謝します!


文化祭まであとすこし
青春賛歌


スカコアガール
ぼーん



版権

ボーン
Beautiful Harmony


楽しく歌おう
らくがき詰め・ネオロマミックス


みずいろのあくま
梨花先輩



関連動画

スコットランドの釣鐘草(The Blue Bells of Scotland)/スコットランド民謡
(Tronbone Solo : Joseph Alessi)


into the sky/中川英二郎
(Tronbone : Eijiro Nakagawa)


トロンボーン協奏曲「カラーズ」(Colors for Trombone)/ベルト・アッペルモント
(Tronbone Solo : Mário Teixeira)


Tボーン・コンチェルト(T-Bone Concerto)/ヨハン・デ・メイ
第1楽章「レア」(Rare)
第2楽章「ミディアム」(Medium)
第3楽章「ウェルダン」(Well Done)
(Tronbone Solo : Brett Baker)


トロンボーンのためのコンチェルティーノ 変ホ長調(Concertino for Trombone in E flat major, Op.4)/フェルディナンド・ダヴィッド
(Tronbone Solo : Nir Erez)


76本のトロンボーン(Seventy-six Trombones)/メレディス・ウィルソン 編曲:岩井直溥


タイガー・ラグ(Tiger Rag)/オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド


トロンボーン奏者

国内


海外

  • デニス・ウィック(Denis Wick) - イギリス
  • ブレット・ベイカー(Brett Baker) - イギリス


  • ジョセフ・アレッシ(Joseph Alessi) - アメリカ
  • ヨハン・デ・メイ(Johannes Abraham de Meij) - オランダ
  • クリスティアン・リンドベルイ(Christian Lindberg) - スウェーデン
  • ブラニミール・スローカー(Branimir Slokar) - スロベニア
  • ミシェル・ベッケ(Michel Bequet) - フランス
  • ヤン・ヴァンデルロースト(Jan Van der Roost) - ベルギー

架空のトロンボーン奏者


関連タグ

楽器 金管楽器
音楽 クラシック音楽 行進曲 吹奏楽 JAZZ
演奏 吹奏楽部 ブラスバンド マーチング オーケストラ
トランペット ホルン アルトホルン チューバ ユーフォニアム(音域が同じ) スーザフォン

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「トロンボーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 827156

コメント