ピクシブ百科事典

塚本秀一

つかもとしゅういち

『響け!ユーフォニアム』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

名前塚本秀一
誕生日9月18日
身長181cm
星座乙女座
血液型A型
担当楽器ホルントロンボーン
好きな色青、緑
趣味漫画。ジャズのCDを買いあさる
特技ゲーム
好きなもの冷奴、スナック菓子、揚げもの
嫌いなものトマト(ケチャップは平気)
CV石谷春貴


概要

北宇治高校の1年生で、吹奏楽部に所属。トロンボーンを担当している。
低音パートの黄前久美子とは幼馴染の関係で、彼女とは小さい頃から家族ぐるみの付き合いをしている。
久美子と同じく大吉山北中学校の出身で、中学時代はホルンを担当していた。高校進学と同時にトロンボーンに転向し、強い上昇志向のもとにひたむきに練習を続けている。
また、吹奏楽部の貴重な男子部員のひとりとして、楽器の積み下ろしを担当する機材運搬も任されている。

ちなみに原作者の武田綾乃は秀一というキャラクターについて、主人公の久美子の面倒を見るポジションとして考案し、少々面倒くさい性格の彼女を支える「便利なやつ」という位置づけに仕上げたと説明している。また、執筆当初は秀一に関してイケメンというイメージを抱いていなかったものの、その後カバーイラストを担当したアサダニッキの手により、原作者自身が驚くほどのイケメン姿で描かれたことも語っている。(原作公式ガイドブック、192~193ページ)

人物

響け!塚本くん



身長180台の細長男子。昔は久美子よりも低身長であった。(原作1巻、27ページ、28ページ)
1年生でトロンボーンに関しては初心者でありながら、吹奏楽コンクールの出場メンバーを選出するためのオーディションでメンバーに選出されるなど、真面目に部活に取り組んでいる。
入部当初はロクに練習をしない上級生に腹を立てており、「トロンボーンのパートリーダートランペットのパートリーダーと交換してくれないかな」等と漏らしている。(原作1巻、74~75ページ)
また、(音楽に目覚める前の)物語序盤の久美子が「適当な部活でもいい」と冷めたことを考えている隣で「全国大会に行ってみたい」と語るなど、少年らしい真っ直ぐな性格をしている(原作1巻、75ページ)。楽器を変えて間もないために顧問の滝昇から演奏に関する指摘を貰うこともしばしばあるが、それにめげずに食らいついていく負けず嫌いな一面も垣間見ることができる。

久美子以外の女子は苦手、と久美子には思われているが、彼女のクラスメイトである加藤葉月川島緑輝、幼馴染の先輩である斎藤葵とは自然に接しているほか、TVアニメ版1期5話ではスーザフォンのケースを背負ってふらふら歩く葉月を見かねて、彼女の代わりに肩に担いで運ぶなどの男前ぶりを見せている。
あがた祭りの日、秀一は幼馴染の久美子を祭りに誘おうとするが、上記のような男らしさに惹かれた葉月によって逆にあがた祭りに誘われることとなる。(原作1巻、185~186ページ、TVアニメ版1期8話)
この後のことは葉月の記事に詳しく書かれている。

黄前久美子との関係

秀久美ウォオオオオオ



TVアニメ版1期(原作1巻)

低音パートの黄前久美子とは同じマンションに住む幼馴染であり、更にお互いの母親同士も親しいことから家族ぐるみの交流があり、また中学時代は3年間同じクラスであった。(原作1巻、27ページ)
帰り道では気軽に背中を叩き合うなど気心の知れた仲でもあり、お互いに他の友人と話すときとは口調が変わったりもする。特に久美子に対してはかなりノリが軽くなる。
ところが中学3年生の時、他の男子の居る目の前で久美子から「今日ご飯食べにくる?」と聞かれた際に、秀一は照れ隠しで「しゃべってくんじゃねーよブス」とつい酷い言葉で返してしまったために彼女を怒らせてしまい、一時は疎遠になっていた。
高校生になってから秀一の方から久美子に謝り、久美子もまた「許すとはいってないけど」と言いつつも、普通に話してくれるようになった。

一方、TVアニメ版1期1話でも久美子は中学時代の「しゃべってくんじゃねーよブス」という発言について根に持っていることを匂わせていたが、TVアニメ版では秀一からの直接の謝罪は無く、その代わりに高校入学後の部活について話しかけている内に取りあえず秀一に口を聞いてくれる程度の仲には回復した。ただし、TVアニメ版1期2話の吹奏楽部での楽器選びの際にトロンボーンパートで秀一と出くわした際、久美子は「げっ」と反応としている。
その後は吹奏楽部に関する話題を久美子や川島緑輝加藤葉月に提供するうちに、久美子と普通に会話をする仲に回復した。

原作1巻では部活を選ぶ際の会話において「お前が吹部に入るなら俺も入るし」と言ったり、TVアニメ版1期8話では恥ずかしがりながらもあがた祭に一緒に行こうと久美子を誘ったりするなどしていることから、無意識ながら秀一は久美子に対して好意を持っていることが伺える。
またTVアニメ版2期13話では、同じく幼馴染で先輩でもある斎藤葵により、久美子への好意が相当以前からあることを明らかにされている。

その一方で、空気が読めない彼は「そういえばクラスにすごい美人がいてさ」などと久美子に切り出したりして、久美子に背中をおもいっきり蹴飛ばされたりしている。(原作1巻、31ページ ※TVアニメ版では割愛)

吹奏楽コンクール京都大会(府大会)の当日、秀一は自身の傍らで緊張している久美子のことを励まし、互いにグータッチを交わしている(TVアニメ版1期13話)。なお、原作1巻の同場面では互いに手を握っている。

TVアニメ版2期(原作2巻・3巻)

秀一の久美子に対する好意については、葉月や葵のほかに高坂麗奈からも見透かされている。
宇治川花火大会の前日、久美子が麗奈と花火大会に行くことを知って脱力した秀一は、麗奈から「なら、塚本も一緒に行く?」と挑発されている。(原作2巻、93~94ページ)
(なお、TVアニメ版2期1話では花火大会当日の会場での出来事に変更されている)

男の子だもん



麗奈の挑発に顔を赤らめた秀一は、「べつに行かへんわ! 一緒に行く理由、無いし」と告げて足早にその場を立ち去っている。そんな秀一の姿に、麗奈は「アタシ、意気地なしの男はあかんと思うわ」と久美子に告げている。
また上記の花火大会の他にも、麗奈は機会があるたびに久美子の気持ちを確認するかのように「塚本が気になる?」「塚本?」と彼女に尋ねており(TVアニメ版1期8話、2期3話)、久美子はその都度「そんな訳ないじゃん」「なんで?」といった具合に秀一への好意を口では否定している。

北宇治高校の文化祭において、麗奈のクラスの出し物であるお化け屋敷にて久美子と秀一は偶然出会った。その前に久美子が麗奈と一緒に出し物を見て回っているのを見て不貞腐れていた秀一は、久美子を置き去りにして先に進もうとしたが、久美子から「待ってよ。私、こういうの、苦手だから。さきさき進まないでよ」と裾をつかまれ、一緒に回ることになった。
そのシチュエーションに気を良くした秀一は久美子に対して「俺さ、今度の大会で……」と何かを言いかけるが、そこで麗奈が扮する幽霊に出くわし、2人そろって尻もちをついて驚いている。
その後、再び麗奈と2人きりになった久美子は、「塚本と本当に偶然会ったの?」の麗奈からの問いを「ちょっとやめてよ。偶然に決まってんじゃん」と否定している。(TVアニメ版2期6話)
なお原作小説では、麗奈があらかじめ秀一と久美子の2人でお化け屋敷を訪れるように仕組んでいる。(短編集、199~201ページ)

久美子の姉である黄前麻美子が「大学を辞めたい」と両親と対立した際には、秀一は互いの母親の話を介してその件を知ることになった。
秀一は麻美子の状況を久美子に尋ねたところ、久美子は彼女とは大学に進学した後ほとんど口を聞いていないと素っ気なく返している。

その後日、風邪で学校を休んだ久美子と衝突した麻美子は、マンションの玄関口にて帰宅途中の秀一と出くわす。
互いに昔からの顔見知りである秀一と麻美子は、最初のうちは他愛のない話をしていたたものの、やがて秀一は久美子が麻美子に憧れて吹奏楽を始めたことや、上手になって麻美子と一緒に演奏したいと願っていたことなどを語り、麻美子も神妙な顔つきでその話を聞いた。
そして、久美子と麻美子の喧嘩の場に居合わせていた麗奈も、物陰から2人の会話を立ち聞きしている(※これ以降、TVアニメ版では麗奈による久美子と秀一への干渉と見られる行為が無くなっている)。
秀一との会話を終えて物思いに耽った麻美子は、久美子から彼女たちの演奏が収録されている関西大会のCDを借りている。(TVアニメ版2期8話)

麻美子が久美子や両親と和解を果たして家を出ていった後日、秀一は麻美子の大学の自主退学の件を久美子に尋ねたが、久美子は秀一の方に振り返ることなく、ただ「うん」とだけ返している。(TVアニメ版2期10話)

吹奏楽コンクール全国大会の前夜、合宿先の旅館にて久美子と出くわした秀一は、それまで渡しそびれていた久美子の誕生日プレゼントを渡した。久美子が秀一から渡された紙包みを開けると、中からイタリアンホワイトの髪飾りが出てきたが、秀一によると、川島緑輝が久美子の好きな花としてイタリアンホワイトを挙げたためにその花を選んだという。
以前に久美子が顧問の滝昇とその妻にとってゆかりの花であるイタリアンホワイトの花言葉などを川島緑輝に尋ねたことがあり、その際にその辺りの事情について知らない緑輝が久美子が好きな花として勝手に思い込んでいたものだが、それでも秀一からのプレゼントに久美子は素直に喜んでいる。(TVアニメ版2期12話)
(なお、原作3巻ではその2人のやりとりの際に田中あすかが登場して冷やかしているが、TVアニメ版では割愛されている)

また、この頃になると久美子の方も秀一のことを意識するようになる。
全国大会が終わり、3年生部員が引退した後のとある日の部活後、川島緑輝加藤葉月から秀一からのプレゼントに関して尋ねられた久美子は、帰宅途中の秀一を捕まえてプレゼントの件について言いふらしていないかどうかについて詰問し、秀一の「言うわけないじゃん」との答えにほっとしている。
その後、一緒に帰宅の途についた2人は、その途中で田中あすか斎藤葵に出くわし、あすかからの冷やかしの言葉を浴びている。(TVアニメ版2期13話)

全国大会後(「とある冬の日」、「冬色ラプソディー」)

秀久美log6



原作小説の本編では全国大会後の久美子と秀一の関係について触れられず、またTVアニメ版2期でもその後の2人の関係については取り上げていない。
その後の久美子と秀一の関係については、原作小説の短編「とある冬の日」と「冬色ラプソディー」の2つの中に伺うことができる。
詳細はこれらの短編を参照するとして、概要は次の通りである。

久美子にプレゼントを渡すことが出来たものの、なかなか告白することが出来ずにいた秀一は長瀬梨子後藤卓也の後押しを受けて久美子に対してついに告白に踏み切り、一方、久美子もまた秀一からのプレゼントの返礼としてトロンボーンのストラップを贈った。また、秀一からの告白に対して久美子も「私も、秀一のことが好きだよ」と答え、ようやく2人は付き合うことになった。(短編集、268ページ)
もっとも、その交際内容は従来からの関係とほとんど変わらず(※そのことは2人とも自覚はしている)、また定期演奏会係の鎧塚みぞれを補佐することになった久美子は、秀一を演奏会のポスターとチラシの配布の手伝いに駆り出したりしている。
なお、久美子は秀一との交際について周囲に黙っていたものの、麗奈や葉月にはばれてしまっている。

関連イラスト

冬制服

秀一くん
調律



夏制服

塚本くん
♡久美子誕♡



秀一と久美子

手をつなごう
幼馴染


秀一くんと久美子ちゃんlog2
とある冬の日



関連タグ

響け!ユーフォニアム
トロンボーン
黄前久美子 - 低音パート所属の幼馴染の同級生。本作の主人公。
加藤葉月 - 低音パート所属の同級生。
斎藤葵 - サックスパート所属の先輩で、秀一の幼馴染。3年生。
高坂麗奈 - トランペットパート所属の同級生で、同じ大吉山北中学校の出身。
黄前麻美子 - 久美子の姉。互いに昔から面識のある間柄。

野口ヒデリ - 所属するトロンボーンパートのリーダー。3年生。
田浦愛衣 - 所属するトロンボーンパートの先輩。3年生。

秀久美 - 幼馴染の黄前久美子とのカップリングタグ。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「塚本秀一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311970

コメント