ピクシブ百科事典

塚本秀一

つかもとしゅういち

『響け!ユーフォニアム』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

名前塚本秀一
誕生日9月18日
身長181cm
星座乙女座
血液型A型
担当楽器ホルントロンボーン
好きな色青、緑
趣味漫画。ジャズのCDを買いあさる
特技ゲーム
好きなもの冷奴、スナック菓子、揚げもの
嫌いなものトマト(ケチャップは平気)
CV石谷春貴


概要

北宇治高校の1年生で、吹奏楽部に所属。トロンボーンを担当している。
低音パートの黄前久美子とは幼馴染の関係にあり、彼女とは小さい頃から家族ぐるみの付き合いをしている。
久美子と同じく大吉山北中学校の出身で、中学時代はホルンを担当していた。高校進学と同時にトロンボーンに転向し、強い上昇志向のもとにひたむきに練習を続けている。
また、吹奏楽部の貴重な男子部員のひとりとして、楽器の積み下ろしを担当する機材運搬も任されている。

ちなみに、原作者の武田綾乃は秀一というキャラクターについて、主人公の久美子の面倒を見るポジションとして考案し、少々面倒くさい性格の彼女を支える「便利なやつ」という位置づけに仕上げたと説明している。また、執筆した当初は秀一に対してイケメンというイメージを抱いていなかったものの、その後カバーイラストを担当したアサダニッキの手により、原作者自身が驚くほどのイケメン姿で描かれたことも語っている。(原作公式ガイドブック、192~193ページ)

人物

響け!塚本くん


容姿

180センチに届く細長い体つきと茶色を帯びた瞳が特徴的な、優しげな眼差しをした長身の男子生徒(原作1巻、27ページ、原作3巻、33ページ)。贅肉の類とは無縁な育ちざかりらしく、休み時間にはほかの1年生の男子部員たちと一緒になって鬼ごっこをするなど、溌溂とした若さを発散することを常としている。(原作3巻、134ページ、第二楽章後編、93ページ)
今でこそ幼馴染の久美子が「顔を見続けていると首が痛くなってしまう」(第二楽章前編、39ページ)と漏らすほどの高い身長を誇っている秀一であるが、子供時代は当時の久美子よりも低身長であった。(原作1巻、28ページ)
また、身なりにはあまり頓着するほうではなく、とりわけ幼い頃には年中を通して短パン姿で学校に通うような生活を送っていた。(原作3巻、305ページ、原作公式ガイドブック、25ページ)

性格

他者に対する寛容さと面倒見のよさを兼ね備えており、彼のとる行いの端々に生来の優しさをうかがい知ることができる。(第二楽章前編、136ページ、169ページ、277ページ)
他者を思いやろうとするあまり優柔不断な一面を見せることもあるが、その優しさからくる機転のよさ(本人いわく「下っ端根性」)は、先輩の吉川優子や同級生の加藤葉月をはじめとする多くの部員たちから好意を寄せられるものでもある。(第二楽章前編、136ページ、第二楽章後編、294ページ、TVアニメ版1期5話)

演奏技術

中学時代に所属していた吹奏楽部ではホルンを担当しており、部員全体で演奏する吹奏楽曲のほかにも「メセナの丘で」をはじめとするアンサンブル作品の演奏経験も持っている。(原作1巻、50ページ、短編集2巻、170ページ)
北宇治高校の吹奏楽部に入部後、パートのメンバーを決めるじゃんけんに勝ったことにより、かねてより演奏したかった楽器であるトロンボーンの担当になる。(原作1巻、72ページ)
以降はゼロからの再スタートとして地道に基礎練習を重ねており、吹奏楽部顧問の滝昇の指導にへこたれることもなく、吹奏楽コンクールA編成のメンバーに選出されるほどの実力を身につけるまでに至っている。

その後もたゆまぬ努力を続け、吉川・中川体制の新年度では3年生部員の代わりにトロンボーンパート内のファーストを務めるほどになり、パート内の後輩たちから演奏者として一目置かれるまでに成長を果たしている。(第二楽章前編、142ページ、第二楽章後編、290ページ)

その他

  • 吉川・中川の新体制のもとで久美子たちの代(1年生)の学年代表を務めることとなり(短編集1巻、245ページ)、2年生に進級後の新年度ではひとつ下の代の男子部員たちの面倒をこまめに見るなどして活躍している。(第二楽章前編、136ページ)
  • 1学期の成績が振るわなかったことを理由に夏休みから学習塾に通っており、2年生に進級後も引き続き通い続けている。その成果として、数学が苦手な久美子のために夏休みの宿題を解いてみせるなどのシーンが登場している。(原作2巻、68ページ、第二楽章後編、93ページ、140ページ)
  • 嫌いな食べ物はトマト。子供時代に黄前家で冷やし中華をご馳走になった際、無理をして食べた結果体調を崩したことがある。(第二楽章後編、118ページ)


黄前久美子との関係

秀久美ウォオオオオオ


TVアニメ版1期(原作1巻)

低音パートの黄前久美子とは同じマンションに住む幼馴染であり、更にお互いの母親同士も親しいことから家族ぐるみの交流があった。また、中学時代は3年間同じクラスに通っていた。(原作1巻、27ページ、169ページ)
帰り道では気軽に背中を叩き合うなど気心の知れた仲でもあり、お互いにほかの友人と話すときとは口調が変わったりもしている。
ところが中学3年生のとき、ほかの男子の見ている前で久美子から「今日ご飯食べにくる?」と聞かれた秀一は、照れ隠しで「しゃべってくんじゃねーよブス」とひどい言葉で返してしまったために彼女を怒らせてしまい、一時は疎遠になっていた。(原作1巻、28~29ページ)
北宇治高校に進学後、秀一の方から久美子に謝り、久美子もまた「許すとはいってないけど」と言いつつも普通に話してくれるようになった。一方、TVアニメ版では秀一からの直接の謝罪はなく、その代わりに高校入学後の部活について話しかけているうちにとりあえず秀一に口を聞いてくれる程度の仲には回復している(TVアニメ版1期1話)。ただし、吹奏楽部における新入部員の楽器決めのなかで秀一と出くわした際には「げっ」と顔をしかめている。(TVアニメ版1期2話)
その後は吹奏楽部に関する話題を久美子や彼女のクラスメイトである川島緑輝加藤葉月たちに提供するうちに、久美子と普通に会話をする仲にまで回復している。(TVアニメ版1期3話)

原作1巻では部活を選ぶ際の会話において「お前が吹部に入るなら俺も入るし」と言ったり、あがた祭の際には恥ずかしながらも久美子を一緒に行こうと誘ったりするなどしていることから(原作1巻、184ページ、TVアニメ版1期8話)、無意識ながら秀一は久美子に対して好意を持っていることがうかがえる。
また、TVアニメ版2期13話では、秀一の幼馴染で先輩でもある斎藤葵により、久美子への好意が相当以前からあることが明らかにされている。

TVアニメ版2期(原作2巻~3巻、短編集1巻)

秀一が久美子に対して抱く好意は、葉月や葵のほかに高坂麗奈からも見透かされるようになる。
宇治川花火大会の際、久美子が麗奈と一緒に行くことを知って脱力した秀一は、麗奈から「なら、塚本も一緒に行く?」と挑発されている(原作2巻、93~94ページ、TVアニメ版2期1話)。麗奈の挑発に顔を赤らめた秀一は、「べつに行かへんわ! 一緒に行く理由、ないし」と告げて足早にその場を立ち去っている。そんな秀一の姿に、麗奈は「アタシ、意気地なしの男はあかんと思うわ」と勝ち誇るように久美子に告げている。
また、上記の花火大会のほかにも、麗奈は機会があるたびに久美子の気持ちを確認するかのように「塚本が気になる?」と尋ねており(TVアニメ版1期8話、2期3話)、久美子はその都度「そんな訳ないじゃん」といった具合に秀一への好意を口では否定している。

北宇治高校の文化祭において、麗奈のクラスの出し物であるお化け屋敷において久美子と秀一が偶然出会った際には、置き去りにされることを恐れた久美子から「私、こういうの、苦手だから。さき進まないでよ」と裾をつかまれ、一緒に回ることになっている。そのシチュエーションに気を良くした秀一だったが、そこで麗奈が扮する幽霊に出くわし、2人そろって尻もちをついて驚くこととなる。その後、麗奈と2人きりになった久美子は、麗奈からの「塚本と本当に偶然会ったの?」という問いを「ちょっとやめてよ。偶然に決まってんじゃん」と即座に否定している。(TVアニメ版2期6話)
(なお、原作小説においては、麗奈があらかじめ秀一と久美子が2人でお化け屋敷を訪れるように仕組んでいる。※短編集1巻、199~201ページ)

吹奏楽コンクール全国大会本番の前夜、移動先の旅館にて久美子と出くわした秀一は、それまで渡しそびれていた久美子の誕生日プレゼントを渡した。その際に渡したイタリアンホワイトの髪飾りは、久美子の親友である緑輝から「久美子の好きな花」として紹介されたために選んだものである(原作3巻、310~312ページ)。以前に、久美子が顧問の滝昇とその妻にとってゆかりのある花であるイタリアンホワイトの花言葉を川島緑輝に尋ねたことがあり、その際に事情を知らない緑輝が久美子が好きな花として勝手に思い込んでいたものであったが、それでも秀一からのプレゼントを久美子は素直に喜んでいる。(TVアニメ版2期12話)
(なお、原作3巻ではその2人のやりとりの際に田中あすかが登場して冷やかしているが、TVアニメ版では割愛されている)

全国大会後(短編集1巻、原作公式ガイドブック)

秀久美log6



コンクールシーズン終了後の久美子と秀一の関係については、短編集1巻の「とある冬の日」と、原作公式ガイドブック所収の短編「冬色ラプソディー」にうかがうことができる。
全国大会の前日に久美子にプレゼントを渡すことが出来たものの、なかなか告白することが出来ずにいた秀一は、低音パートの先輩である長瀬梨子後藤卓也の後押しを受け、ついに久美子に対して告白に踏み切る。一方、秀一からの告白を受けた久美子もまた「私も、秀一のことが好きだよ」と答え、ようやく2人は付き合いを始めることになった。(短編集1巻、268ページ)
もっとも、その交際内容は従来からの関係とほとんど変わらず(なお、そのことは2人とも自覚している。※原作公式ガイドブック、25ページ)、また、定期演奏会係の補佐役になった久美子は、秀一を定期演奏会のポスターとチラシの配布の手伝いに駆り出したりしている。
なお、久美子は秀一との交際について周囲に黙っていたものの、麗奈や葉月にはばれてしまっている。

2年生進級後(第二楽章前後編)

新年度を迎えてそれぞれ新たな役職を得た久美子と秀一は、交際のせいで周囲に気を遣わせることを避けるために部活時間中の接触を控えるようになり、結果として2人きりで過ごす時間はめっきりと減ることとなった(第二楽章前編、166ページ、272ページ)。久美子は彼氏である秀一の人柄をもとに信頼を置いているものの(第二楽章前編、42ページ)、互いに恋人としての距離感を探りあぐねているために、関係性の密度は付き合い始めた当時から一向に進展する様子を見せていない。(第二楽章前編、276ページ)
付き合い始めて半年になりつつも一向に変化しない関係を鑑みた秀一は、雰囲気と勢いに任せて久美子にキスを迫ろうとしたこともあったが、当の久美子から「健全なお付き合いって前に言ったじゃん。キスとか、そういう恥ずかしいのは禁止」と、部活への集中を理由に強く突っぱねられている。(第二楽章後編、96ページ)

その他の主要キャラクターとの関係

高坂麗奈

トランペットを担当する同級生。1年生。
久美子の親友であり、彼女は久美子と秀一が互いに対して抱いている好意を割と早くから見抜いている。
花火大会の際に勝気な雰囲気を前面に押し出して秀一を挑発したり、文化祭では秀一が久美子と一緒にお化け屋敷を訪れるようになかば強引な手段をもって仕向けるなど、気の強さと実行力を併せ持った麗奈は秀一にとって「頭の上がらない、苦手意識を覚える存在」である。(短編集1巻、195ページ、199ページ、第二楽章前編、312~313ページ)
また、久美子と彼氏という形で付き合っている秀一であるが、同じく久美子のかけがえのない親友である麗奈の存在も、彼女である久美子にとっての「特別」なものとして認識しており、久美子と麗奈の2人が気兼ねなく過ごせるようにするための配慮も見せている。(第二楽章前編、276~277ページ)

瀧川ちかお

サックスパートでテナーサックスを担当する同級生。1年生。
TVアニメ版では仲のいい男友達として、しばしば彼と一緒にからかい合うシーンが挟まれているほか、花火大会や文化祭でも2人で一緒に繰り出す様子が登場している。(TVアニメ版2期1話、2期6話)
2年生に進級後、彼とは同じクラスになっており(第二楽章前編、39ページ)、引き続きふざけ合う様子を後輩たちからも目撃されるようになる。(第二楽章前編、142ページ)

黄前麻美子

久美子の6つ上の姉。現在は大学3年生。
小学生の頃から黄前家と家族ぐるみの付き合いがあった秀一にとっては馴染み深い存在であり、気安く接せられる人物のひとりでもある。
彼女が「大学を辞めたい」と両親と対立した際には、秀一は互いの母親の話を介してその件を知ることになる。その後日、マンションの玄関口で偶然麻美子と鉢合わせた秀一は、他愛のない話をするなかで、久美子が麻美子に憧れて吹奏楽を始めたことや、上手になって麻美子と一緒に演奏したいと願っていたことなどを麻美子に打ち明けている。
秀一との会話を終えて物思いに耽った麻美子は、久美子たちの頑張りを知ろうと思い立ち、彼女たちの演奏が収録されている関西大会のCDを借りるよう動いている。(TVアニメ版2期8話)

関連イラスト

冬制服

秀一くん
調律


手をつなごう
幼馴染



夏制服

♡久美子誕♡
男の子だもん



中学生時代

大吉山北中学吹奏楽部2014年度卒業生送別会



関連タグ

響け!ユーフォニアム
トロンボーン
黄前久美子 - 低音パートに所属する幼馴染の同級生。本作の主人公。
加藤葉月 - 低音パートに所属する同級生。1年生。
斎藤葵 - サックスパートに所属するふたつ上の先輩で、秀一の幼馴染。3年生。
高坂麗奈 - トランペットパート所属の同級生で、同じ中学校の出身。1年生。
黄前麻美子 - 久美子の6つ上の姉。互いに昔から面識のある間柄。
瀧川ちかお - サックスパートに所属する同級生。仲のいい男子部員の1年生。

野口ヒデリ - 所属するトロンボーンパートのリーダー。3年生。
田浦愛衣 - 所属するトロンボーンパートの先輩。3年生。

秀久美 - 黄前久美子とのカップリングタグ。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「塚本秀一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 375096

コメント