ピクシブ百科事典

響け!ユーフォニアム

ひびけゆーふぉにあむ

武田綾乃による吹奏楽部小説シリーズの名称。本項目では、同作のコミカライズ版およびTVアニメ版についても解説する。
目次[非表示]

概要

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)とは、武田綾乃による小説作品シリーズ、およびそれを原作としたコミカライズ作品とTVアニメーションの名称である。
京都府宇治市にある北宇治高校の吹奏楽部を舞台に、吹奏楽コンクールの全国大会を目指してひたむきに取り組む少年少女たちによって繰り広げられる青春ストーリーが描かれる。
原作小説の第1巻『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』は2013年12月19日に第1刷が宝島社より発行。現在までに既刊3巻と短編集2巻が発行されている。また、作中に登場するマーチングの強豪校、立華高校にスポットを当てたスピンオフ作品シリーズ『立華高校マーチングバンドへようこそ』も2016年8月4日から発行を開始しているほか、2016年10月6日には書き下ろしの新作短編2作を収録した公式ガイドブック『響け!ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌』が発行された。
そして2017年6月4日に開催されたスペシャルトークイベントにおいて、新2年生となった主人公たちと北宇治高校吹奏楽部を描く新シリーズ『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』が発表され、「前編」が2017年8月26日に、「後編」が同年10月5日に発行されている。

2014年11月にはコミカライズ版(作者:はみ)が「このマンガがすごい!Web」に掲載され、翌年の2015年4月3日より単行本として順次発行されている。

2014年12月には京都アニメーションより『響け!ユーフォニアム』のタイトルでTVアニメ化が発表され、2015年4月から同年の6月末にかけて放送された。監督は「涼宮ハルヒの憂鬱」、「中二病でも恋がしたい!」等の作品を手がけた石原立也、シリーズ演出は「けいおん!」「たまこラブストーリー」等の監督として受賞歴のある山田尚子が担当している。アニメ化するにあたり、原作では主人公など一部の登場人物を除いて宇治訛りの京都弁が使われていたところを標準語に変更、更に制服のデザインも冬服・夏服ともに一新されている。

2015年10月31日に京都四條南座で開催されたスペシャルイベントにおいて、TVアニメ版の続編と劇場版の制作決定が発表された。
劇場版のタイトルは『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』で、TVシリーズを振り返る内容のいわゆる総集編になる。2016年4月23日から上映された。TVアニメ版の続編(第2期)である『響け!ユーフォニアム2』は、2016年10月から同年の12月末にかけて放送され、また、第1話は初回1時間スペシャルとして放送されている。

2017年3月12日にはTVアニメ版第2期の劇場版の制作と同年秋の上映が発表され、同年6月4日に開催されたスペシャルトークイベントにおいて、正式タイトル『響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』と2017年9月30日の上映が告知された。併せて同イベントでは、2018年の上映を予定して「みぞれと希美の物語」と「2年生になった久美子たちの物語」を描く、完全新作映画2作の制作を発表している。
2017年9月30日には映画「みぞれと希美の物語」の公式ティザーサイト『リズと青い鳥』が公開され、また、同映画が2018年4月21日に上演されることが告知されている。
2018年6月3日のイベントにおいて、「2年生になった久美子たちの物語」の正式タイトルが『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』、公開時期は2019年春となることが発表された。

作品情報

原作小説

題名響け!ユーフォニアム
作者武田綾乃
イラストアサダニッキ
媒体小説
ジャンル音楽部活青春
出版社宝島社
レーベル宝島社文庫
巻数既刊5巻(うち2年生編2巻)、短編集2巻、スピンオフ作品2巻、ガイドブック1巻
発売日2013年12月


コミカライズ版

題名響け!ユーフォニアム
作者はみ
媒体漫画
出版社宝島社
掲載サイトこのマンガがすごい!WEB
巻数既刊7巻(「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」3巻、「北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏」2巻、「北宇治高校吹奏楽部、最大の危機」2巻)
連載開始2014年11月2017年8月


TVアニメ版第1期

題名響け!ユーフォニアム
監督石原立也
シリーズ構成花田十輝
キャラクターデザイン池田晶子
シリーズ演出山田尚子
音楽松田彬人
媒体TVアニメ
アニメーション製作京都アニメーション
製作『響け!』製作委員会
放送開始2015年4月~6月


各話リスト

話数サブタイトルアイキャッチ(登場パート)
第1話ようこそハイスクールクラリネットバスクラリネット
第2話よろしくユーフォニアムオーボエファゴット
第3話はじめてアンサンブルフルートピッコロ
第4話うたうよソルフェージュアルトサックス
第5話ただいまフェスティバルテナーサックス
第6話きらきらチューババリトンサックス
第7話なきむしサクソフォントランペット
第8話おまつりトライアングルトロンボーン
第9話おねがいオーディションホルン
第10話まっすぐトランペットユーフォニアム
第11話おかえりオーディションチューバ
第12話わたしのユーフォニアムコントラバス
第13話さよならコンクールパーカッション
番外編かけだすモナカ指揮者

TVアニメ版第2期

題名響け!ユーフォニアム2
監督石原立也
シリーズ構成花田十輝
キャラクターデザイン池田晶子
シリーズ演出山田尚子
音楽松田彬人
媒体TVアニメ
アニメーション制作京都アニメーション
制作『響け!』製作委員会
放送開始2016年10月~12月


各話リスト

話数サブタイトルアイキャッチ
第1話まなつのファンファーレ黄前久美子(前半)、加藤葉月(後半)
第2話とまどいフルート川島緑輝
第3話なやめるノクターン傘木希美
第4話めざめるオーボエ鎧塚みぞれ
第5話きせきのハーモニー吉川優子
第6話あめふりコンダクター中川夏紀
第7話えきびるコンサート小笠原晴香
第8話かぜひきラプソディー長瀬梨子
第9話ひびけ!ユーフォニアム中世古香織
第10話ほうかごオブリガート後藤卓也
第11話はつこいトランペット高坂麗奈
第12話さいごのコンクール塚本秀一
第13話はるさきエピローグ田中あすか

なお、子記事(登場人物等の個別記事)における原作小説、TVアニメ版からの引用には、以下の略記を用いている。
引用元略記
響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ原作1巻
響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏原作2巻
響け!ユーフォニアム3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機原作3巻
響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話短編集1巻
響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話短編集2巻
響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 前編スピンオフ前編
響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編スピンオフ後編
響け!ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌原作公式ガイドブック
響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編第二楽章前編
響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編第二楽章後編
TVアニメ「響け!ユーフォニアム」TVアニメ版1期
TVアニメ「響け!ユーフォニアム2」TVアニメ版2期
劇場版「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」劇場版「届けたいメロディ」
映画「リズと青い鳥」映画「リズと青い鳥」

ストーリー

高校1年生の春。
中学時代に吹奏楽部だった黄前久美子は、クラスメイトの加藤葉月川島緑輝とともに吹奏楽部の見学に行く。

そこで久美子は、かつての同級生・高坂麗奈の姿を見かける。
葉月と緑輝は吹奏楽部への入部を決めたようだったが、まだ踏み切れない久美子。
思い出すのは、中学の吹奏楽コンクールでの麗奈との出来事だった。

吹奏楽部での活動を通して見つけていく、かけがえのないものたち。
これは、本気でぶつかる少女たちの、青春の物語。

(TVアニメ版第1期公式サイトより引用)

登場人物

北宇治高校吹奏楽部

黄前久美子(おうまえくみこ)
CV:黒沢ともよ
ユーフォニアム担当。セーラー服に憧れて北宇治高校に入学した1年生。
周りに流されやすい性格で、思ったことがすぐ口に出てしまう。
中学3年生の時に出場した吹奏楽コンクールで同級生だった高坂麗奈に言ってしまった一言を気にしていたが、高校での部活動を通して彼女とは次第に惹かれあうようになり、今では互いにとってかけがえのない存在となっている。

加藤葉月(かとうはづき)
CV:朝井彩加
チューバ担当。明るく元気なムードメーカーの1年生。
中学時代はテニス部に所属しており、高校生になってから吹奏楽部を始めた初心者。
トランペットに憧れて吹奏楽部に入部したが、低音パートのリーダーである田中あすかの策によってチューバを担当することになる。
初心者ゆえにコンクールメンバーには選ばれなかったが、「チームもなか」の一員として部員たちを支えている。

川島緑輝(かわしまさふぁいあ)
CV:豊田萌絵
コントラバス担当。自分の名前にコンプレックスを抱いている1年生。呼び名は「緑(みどり)」。
中学時代は吹奏楽コンクール全国大会の常連・常勝校である「聖女中等学園」に通っており、部内唯一のコントラバス担当でありながらも堂々とした演奏を披露する。
マスコット「チューバくん」をはじめとした可愛いものが大好き。

高坂麗奈(こうさかれいな)
CV:安済知佳
トランペット担当。久美子と同じ中学校の出身である1年生。
父親がプロのトランペット奏者で、その影響を受けて小さい頃からトランペットを演奏しているため、高校生らしからぬ極めて高い実力を持つ。
一見クールな雰囲気を漂わせているが、トランペットに対して熱い想いを秘めているストイックな性格の持ち主。

塚本秀一(つかもとしゅういち)
CV:石谷春貴
トロンボーン担当。久美子とは幼馴染の関係にある、男子生徒の1年生。
久美子と同じ中学校の出身で、中学時代は吹奏楽部でホルンを担当していた。
高校から始めて間もないトロンボーンでコンクールの出場メンバーに選ばれるなど、かなりの努力家。

田中あすか(たなかあすか)
CV:寿美菜子
ユーフォニアム担当。吹奏楽部の副部長と低音パートのリーダーを務める3年生。
学生指揮者やドラムメジャーなど、多彩な役職をそつなくこなす天才肌。
艶やかな長い黒髪と赤縁の眼鏡が特徴で、しばしば突拍子もない言動で周囲を振り回す雄弁家でもある。

中川夏紀(なかがわなつき)
CV:藤村鼓乃美
ユーフォニアム担当。高校生になってから吹奏楽部を始めた2年生。
入部当初は部活に対してあまり真面目に取り組んでいなかったものの、周囲からの影響を受けて徐々にやる気を身につけていくようになる。
コンクールメンバーには選ばれなかったものの、「チームもなか」の一員として後輩や仲間を思いやっている。
トランペットパートの吉川優子とは「犬猿の仲」の間柄。

後藤卓也(ごとうたくや)
CV:津田健次郎
チューバ担当。低音パートの副パートリーダーを務める2年生。
黒縁の眼鏡をかける大柄な男子生徒で、中学時代に陸上部から吹奏楽部に移っている。
寡黙だが、チューバに対する情熱は本物。

長瀬梨子(ながせりこ)
CV:小堀幸
チューバ担当。温厚な性格の2年生。
吹奏楽部の初心者である葉月に対して優しく指導を行う、低音パートの癒し系。
副パートリーダーの卓也とは彼氏と彼女の間柄であり、夏紀たちから冷やかされることもしばしば。

小笠原晴香(おがさわらはるか)
CV:早見沙織
バリトンサックス担当。北宇治高校吹奏楽部の部長を務める3年生。
心優しい性格をしているが、時折その性格と部長としての責務の板挟みに遭い、コンプレックスを抱くこともある。

岡本来夢(おかもとらいむ)
アルトサックス担当。黒髪のセミロングと色付きリップの唇が特徴的な3年生。
TVアニメ版の駅ビルコンサートでは、スタンドプレイによるソロ演奏を披露している。

橋弘江(はしひろえ)
CV:石上静香
アルトサックス担当。茶髪のロングヘアーを後ろでまとめている丸眼鏡の3年生。

森田しのぶ(もりたしのぶ)
アルトサックス担当。がっしりした体格と緑色のショートヘアの2年生。

牧誓(まきちかい)
アルトサックス担当。バリトンサックスに憧れて入部した、茶髪のツインテールの1年生。

斎藤葵(さいとうあおい)
CV:日笠陽子
テナーサックス担当。久美子とは幼馴染の関係にある3年生。
予備校に通うなど受験を強く意識しているほか、天才肌の同級生であるあすかのことを羨んでいる節がある。

平尾澄子(ひらおすみこ)
テナーサックス担当。長く垂れた前髪で片目が隠れがちな、長い黒髪の2年生。

瀧川ちかお(たきがわちかお)
CV:田中翔大
テナーサックス担当。同じ1年生の男子部員である秀一と仲が良い、黒髪の1年生。

中世古香織(なかせこかおり)
CV:茅原実里
トランペット担当。同パートのリーダーを務める3年生。
外見・内面ともに美しく、また楽器の実力も部内トップクラスを誇っており、吉川優子をはじめとして彼女を慕う部員は多い。

笠野沙菜(かさのさな)
トランペット担当。香織と同じくコンクールメンバーに選ばれた、黒髪の3年生。

吉川優子(よしかわゆうこ)
CV:山岡ゆり
トランペット担当。パートリーダーの香織が大好きな2年生。
勝気な性格で、ユーフォニアム担当の夏紀とは「犬猿の仲」の間柄。また、部の中で孤立しがちなオーボエ担当の鎧塚みぞれのことを気にかけている。

加部友恵(かべともえ)
トランペット担当。ハート型のヘアクリップをつけている2年生で、夏紀や優子と仲が良い。
吹奏楽コンクールにおけるサブメンバー「チームもなか」のリーダー的存在として、メンバーを束ねている。

滝野純一(たきのじゅんいち)
トランペット担当。モテたい願望を抱く男子部員の2年生。彼女を持つ同級生の卓也のことを羨んでいる。

吉沢秋子(よしざわあきこ)
トランペット担当。黒髪のショートヘアとサイドテールが特徴的な、マイペースな1年生。

鎧塚みぞれ(よろいづかみぞれ)
CV:種﨑敦美
オーボエ担当。無口で物静かな雰囲気の2年生。
毎朝一番に部活に来て一心に練習をしており、部内でも指折りの卓越した演奏技術を備えている。
かつて自分を吹奏楽の世界に誘ってくれた傘木希美のことを、何よりも大切に想っている。

喜多村来南(きたむららいな)
ファゴット担当。ダブルリード(オーボエ&ファゴット)パートのリーダーを務める、落ち着いた雰囲気の3年生。

岡美貴乃(おかみきの)
CV:日笠陽子
ファゴット担当。黄緑のリボンをつけている、緩く伸びた黒髪の3年生。
気が向くと一生懸命練習するが、普段はパートリーダーの来南と2人きりで喋り合っている。

傘木希美(かさきのぞみ)
CV:東山奈央
フルート担当。屈託のない活発な性格の2年生。
1年生のときに当時の3年生と揉めて一度部活を辞めたが、実力を磨いて様変わりした吹奏楽部を目の当たりにして復帰を果たした。
オーボエ担当のみぞれとは同じ中学の同級生で、彼女を吹奏楽の世界に引き込んだ張本人でもある。

姫神琴子(ひめがみことこ)
CV:平井祥恵
フルート担当。フルート&ピッコロパートのリーダーを務める3年生。厳粛な感じの名前。

雑賀頼子(そうがよりこ)
ピッコロ担当。楽譜係(ライブラリアン)を担当する長身の3年生。

渡辺つね(わたなべつね)
CV:久川綾
フルート担当。OB係として卒業生との調整役にあたる3年生。
あだ名は「ちゃぶ台先輩」。

鳥塚ヒロネ(とりづかひろね)
CV:田所あずさ
B♭クラリネット担当。同パートのリーダーとコンサートマスター(コンサートミストレス)を務める、ポニーテールの3年生。

萩原笙子(はぎわらしょうこ)
B♭クラリネット担当。デジカメ記録係を務める眼鏡の3年生。

加瀬まいな(かせまいな)
E♭クラリネット担当。ぱっつんの前髪と丸眼鏡が特徴の3年生。1年生の高久ちえりと意気投合している。

高久ちえり(たかひさちえり)
B♭クラリネット担当。目元まで覆う長い前髪が特徴の1年生。3年生の加瀬まいなと意気投合している。

沢田樹里(さわだじゅり)
CV:日笠陽子
ホルン担当。同パートのリーダーを務める3年生。
サバサバした性格の持ち主で、緑のヘアピンをつけたショートヘアが特徴。

加橋比呂(かはしひろ)
ホルン担当。ワインレッドのリボンをつけている黒髪の3年生。

岸部海松(きしべみる)
ホルン担当。カチューシャジト目が特徴的な2年生。

瞳ララ(ひとみらら)
CV:千菅春香
ホルン担当。黄色いリボンとツインテールの1年生で、部員について色々なことを知っている情報通。

森本美千代(もりもとみちよ)
ホルン担当。中学時代から楽器を続けている経験者の1年生で、初心者の同級生であるララにホルンの基礎を教えている。

野口ヒデリ(のぐちひでり)
CV:櫻井孝宏
トロンボーン担当。同パートのリーダーを務める3年生。
パートリーダー会議中にも関わらずあくびをする。あだ名は「千円先輩」。

田浦愛衣(たうらめい)
CV:小堀幸
トロンボーン担当。同パートの副パートリーダーを務めるツインドリルヘアーの3年生。
パートリーダーのヒデリとは、彼氏と彼女の間柄。

田邊名来(たなべならい)
CV:中村太亮
パーカッション(打楽器)担当。同パートのリーダーを務める、うっかり屋の3年生。
あだ名は「ナックル先輩」。

加山沙希(かやまさき)
パーカッション(打楽器)担当。眼鏡をかけたショートヘアの3年生。
パートリーダーの名来を尻に敷いており、一説には同パートの真のボスとも噂されている。

大野美代子(おおのみよこ)
パーカッション(打楽器)担当。茶髪のポニーテールが特徴的な、面倒見がいい2年生。

堺万紗子(さかいまさこ)
パーカッション(打楽器)担当。頭の後ろに赤いリボンをつけている1年生。

井上順菜(いのうえじゅんな)
パーカッション(打楽器)担当。茶髪のロングヘアーを持つ、楽器経験者の1年生。

釜屋つばめ(かまやつばめ)
パーカッション(打楽器)担当。眼鏡をかけた少し癖毛のあるショートヘアの1年生。
同じパートの3年生の加山沙希と容姿が似ているため、氏名が判明するまでは姉妹説があった。

滝昇(たきのぼる)
CV:櫻井孝宏
吹奏楽部の顧問。北宇治高校には赴任してきたばかり。34歳。
「全国大会を目指す」という部の決定のもとに、従来のだらけた体質を一蹴して徹底した指導を行う。
部員たちからのあだ名は「粘着イケメン悪魔」。

松本美知恵(まつもとみちえ)
CV:久川綾
吹奏楽部の副顧問で、久美子のクラスの担任。43歳。
毅然とした迫力ある態度の持ち主で、「軍曹先生」のあだ名を持つ。

その他の登場人物

黄前麻美子(おうまえまみこ)
CV:沼倉愛美
久美子の6つ上の姉で、トロンボーンの経験者でもある。現在は大学3年生。

黄前明子(おうまえあきこ)
CV:七緒はるひ
久美子の母親。

黄前健太郎(おうまえけんたろう)
CV:中博史
久美子の父親。原作小説では3巻から、TVアニメ版では2期4話から登場する。
麻美子の将来を巡って彼女と対立している。

田中明美(たなかあけみ)
CV:渡辺久美子
あすかの母親。原作小説では3巻から、TVアニメ版では2期7話から登場する。
あすかを女手ひとつで育ててきたため、彼女の将来は自分が決めるべきという考えを持っている。
また、あすかの吹奏楽部における活動やユーフォニアムの演奏を快く思っていない。

川島琥珀(かわしまこはく)
CV:千菅春香
緑輝の妹。推定年齢は5歳前後。

佐々木梓(ささきあずさ)
CV:田所あずさ
私立の強豪校、立華高校の吹奏楽部でトロンボーンを担当する、久美子の中学時代の同級生。

橋本真博(はしもとまさひろ)
CV:中村悠一
外部の指導者で、専門はパーカッション(打楽器)。顧問の滝昇とは音大時代からの旧知の仲。
滝昇の父親である滝透の指導のもとで育った、北宇治高校吹奏楽部の卒業生でもある。

新山聡美(にいやまさとみ)
CV:桑島法子
外部の指導者で、専門はフルート。滝昇とは音大時代の後輩にあたる。
木管楽器の専門家として、部員たちに対する指導・相談を行っている。

滝透(たきとおる)
滝昇の父親。63歳。
十数年前の北宇治高校吹奏楽部の顧問で、当時の部を吹奏楽コンクール全国大会まで導いている。
定年退職後の現在は町内の登山会に入っている。

滝千尋(たきちひろ)
滝昇の妻。滝昇とは音大時代の同級生であり、彼の父親である滝透の指導のもとで育った北宇治高校吹奏楽部の卒業生でもある。物語の5年前に亡くなっている。
その容姿については、彼女の写真を見た黄前久美子によると、小柄で少し中世古香織に似た雰囲気の女性であるという。
また、音大時代の後輩に当たる新山聡美からは熱烈に慕われており、特に音大生時代、千尋への思慕のあまりに新山は彼女の交際相手であった滝に対して嫉妬を感じるほどであった。

進藤正和(しんどうまさかず)
世界的に有名な、日本を代表するプロのユーフォニアム奏者。

「北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」追加登場人物

久石奏(ひさいしかなで)
ユーフォニアム担当。久美子たちのひとつ下の代にあたる新1年生。
さらさらした黒髪ショートボブと、赤いリボン型のヘアクリップが特徴。
折り目正しい振舞いと丁寧な言葉遣いを兼ね備えた「理想の後輩」であるが、同時にそれを巧みに利用する切れ者然とした狡猾さも匂わせている。

鈴木美玲(すずきみれい)
チューバ担当。すらりと伸びた痩身と大人びたショートヘアの新1年生。
優子や希美らと同じ南中学校の出身で、入部時点で既に2年生の先輩である葉月を凌駕しうるほどの実力を有している。
同級生や先輩からの馴れ合いには白けきった態度を示し、練習も定時で終えて足早に下校するなど、他者との関わりを拒む一面を持っている。

鈴木さつき(すずきさつき)
チューバ担当。葉月と同じ出身中学の新1年生。
毛先の丸まったツインテールと幼さの残る顔立ちが特徴で、無邪気でノリのいい性格をしている。愛称は「さっちゃん」。
かつて美玲と同じ小学校に通っており、当時の周囲からは「Wスズキ」のコンビ名で呼ばれていた。

月永求(つきながもとむ)
コントラバス担当。私立の男子校・龍聖学園から進学した新1年生。
男子生徒らしからぬ色白の肌に長い睫毛、襟足からのぞく華奢な首筋など、一見して美少女と見まごうほどの中性的な出で立ちをしている。
無気力でやる気のない受け答えが目立ち、先輩を前にしても変化を見せないほどのマイペースぶりの持ち主。

小日向夢(こひなたゆめ)
トランペット担当。ハーフリムの眼鏡をかけた、大人しそうな印象の新1年生。
久美子や麗奈と同じ北中学校の出身で、彼女らとは中学時代の吹奏楽部の後輩にあたる。
トランペットの腕前は麗奈も一目置くほどに達者であるが、吹奏楽部に関しては周りに流されて続けてきたような感覚を抱いている。

剣崎梨々花(けんざきりりか)
CV:杉浦しおり
オーボエ担当。みぞれの直属の後輩となった新1年生。
胸元まで伸びる緩やな螺旋を描く髪に、無造作に後ろでまとめた前髪が特徴。愛称は「リリリン」。
誰とでも仲良くなれる明るい性格の持ち主で、素っ気ない対応をとるパートリーダーのみぞれと仲良くなろうと頑張っている。

葉加瀬みちる(はかせみちる)
トロンボーン担当。同じパートの2年生の先輩である秀一に憧れの気持ちを抱いている新1年生。
その様子を見た周りの部員たちから、あらぬ噂を広められることとなる。

氏名不詳の登場人物

梨香子(りかこ)
滝昇が赴任してくる前の北宇治高校吹奏楽部の顧問。産休中。名字は不詳。
その指導方針は、吹奏楽コンクールにおける上位成績の獲得よりも仲良く楽しく演奏する方に重点を置いていたために副顧問の松本美知恵とは折り合いが悪く、また物語の1年前に起こった当時の1年生の大量退部の一因にもなっている。

藤城(ふじしろ)
大吉山北中学校吹奏楽部の顧問。
黄前久美子が高校進学後も吹奏楽を続けていることに喜んでいる。

空想上の登場人物

川島紅玉(かわしまるびー)
加藤葉月の空想上の人物。チューバの経験者その1で聖女中等学園の出身(という設定)。川島緑輝と酷似していて赤髪。
現時点では中学3年生(という設定)。

川島白金金剛石(かわしまぷらちなだいやもんど)
加藤葉月の空想上の人物。チューバの経験者その2で聖女中等学園の出身(という設定)。川島緑輝と酷似していて銀髪。
現時点では中学2年生(という設定)。

主題歌

オープニングテーマ

DREAM SOLISTER」(第1期)
歌・作詞 - TRUE(唐沢美帆) / 作曲・編曲 - 加藤裕介

サウンドスケープ」(第2期)
歌・作詞 - TRUE(唐沢美帆) / 作曲 - 渡辺拓也 / 編曲 - EFFY

エンディングテーマ

トゥッティ!」(第1期)
作詞・作曲 - ZAQ / 編曲 - 高田暁 / 歌 - 北宇治カルテット(黒沢ともよ朝井彩加豊田萌絵安済知佳

愛を見つけた場所」(TVアニメ版1期8話)
作曲 - 奥華子 / 編曲 - 松田彬人

DREAM SOLISTER(Wind Orchestra Ver.)」(TVアニメ版1期13話)
作曲 - 加藤裕介 / 編曲 - 松田彬人

ヴィヴァーチェ!」(第2期)
作詞・作曲 - ZAQ / 編曲 - 高田暁 / 歌 - 北宇治カルテット(黒沢ともよ朝井彩加豊田萌絵安済知佳

響け!ユーフォニアム(Last Ver.)」(TVアニメ版2期13話)
作曲・編曲 - 進藤正和(松田彬人)

プロモーションビデオ

Starting the project」(第1期)
作曲 - 松田彬人 / (吹奏楽版)編曲 - 津崎知之

用語解説

あがた祭り(あがたまつり)
毎年6月5日に京都・宇治で行われる縣(あがた)神社のお祭り。通称「暗闇の奇祭」「くらやみ祭り」。
北宇治高校の生徒は祭りが近づくと誰と一緒に行こうかとソワソワし始める。
県祭り - Wikipedia

イタリアンホワイト(いたりあんほわいと)
ひまわりの品種のひとつで、小ぶりで少し黄色を帯びた白色の花びらが特徴。
花言葉は「あなたを想い続けます」。
顧問の滝昇の妻が生前好きだった花で、滝は妻へのプロポーズの際にこの花を贈っており、彼にとっても想い入れが強い。また妻の死後、滝は彼女の命日に必ずこの花を買っている。
そして黄前久美子も、ひょんな経緯から幼馴染の塚本秀一からイタリアンホワイトの髪飾りを贈られている。

宇治川花火大会(うじがわはなびたいかい)
宇治橋周辺で毎年8月に開催されていた花火大会で、宇治の夏の風物詩として知られている。
大会当日には屋台も立ち並び、会場を訪れる人の数は相当なものとなる。(2013年を最後に休止となり、2017年に正式に開催中止となった)
久美子の住んでいるマンションからも花火は見られるのだが、毎年お祭りのような雰囲気を味わいたいがために昔からよく会場まで足を運んでいる。
宇治川花火大会 - Wikipedia

卯田百合子(うだゆりこ)
原作小説の第二楽章(久美子2年生編)に登場する吹奏楽曲「リズと青い鳥」の作曲者。
吹奏楽の世界では馴染みの深い作曲家であり、彼女は同名の童話から得た印象をもとに当該曲の作曲にあたっている。

北宇治高等学校(きたうじこうとうがっこう)
京都府宇治市にある府立の高等学校。
同校の吹奏楽部は、十数年ほど前までは吹奏楽コンクール関西大会(支部大会)の常連校レベルの高い実力を有していたが、その後顧問の交代により低迷期に入る。
現在の吹奏楽部は60名を超える部員を擁しており(原作小説では81名、TVアニメ版では64名)、新任顧問の滝昇の指導のもとに着実に実力を身に付け、彼の顧問就任からわずか半年で吹奏楽コンクール全国大会への出場も果たした。
その華々しい実績により、翌年度からは吹奏楽部に入るためにこの高校を選んだ強豪校出身の生徒らが続々と進学するようになる。

男子の制服は黒い詰襟で原作小説とTVアニメ版で変化は見られないが、女子の制服は原作小説では紺色のセーラー服に白いスカーフ、TVアニメ版では冬服が茶色のセーラー服でスカーフの色は学年ごとに赤(1年)、青(2年)、緑(3年)と色分けがなされている。
また、TVアニメ版での女子生徒の夏服はパステルカラーを基調とした淡いカラーリングになっている。

三強(さんきょう)
吹奏楽コンクール全国大会の常連校であり、全国大会に出場できる関西大会(支部大会)の3校の枠を彼らだけで押さえてしまうほどの実力を持つ3つの強豪校。
大阪府にある明静(みょうじょう)工科高校、大阪東照高校、秀塔大学附属高校の3校を指してそう呼ばれている。

サンフェス(さんふぇす)
「サンライズフェスティバル」の略称。
毎年5月の初めに太陽公園で開催されるイベントで、府内各校の吹奏楽部がパレード演奏を披露する。

聖女中等学園(せいじょちゅうとうがくえん)
川島緑輝が通っていた、名門のお嬢様中学校。吹奏楽コンクール全国大会の常勝校として知られている。

清良女子高等学校(せいらじょしこうとうがっこう)
福岡県にある私立高校で、吹奏楽コンクール全国大会の常連・常勝を誇る超強豪校。
演奏したCDを販売した際には売上ランキングの上位に入り、定期演奏会のチケットは即日完売するなど、プロの団体と比べても遜色ない知名度と人気を持つ。
また、物語の数年前には全国大会のステージで「宇宙の音楽」を披露し、そのプロ顔負けの超絶的な演奏が話題となった。

大吉山(だいきちやま)
宇治市にある標高約131mの山。正式には仏徳山という名前があるが、地元では大吉山と呼ばれている。一帯が大吉山風致公園として遊歩道が整備されており、山頂近くの展望台には約15分から20分程度でたどり着くことができる。
あがた祭りの日の夜、高坂麗奈黄前久美子を誘って大吉山に登り、展望台で久美子に本音を打ち明けて互いに親友関係となった。TVアニメ版ではその後、2人でそれぞれの楽器を演奏している。
また、全国大会が近づいた秋の日の夜、麗奈は再び久美子を大吉山に誘い、滝昇の過去について久美子が黙っていた事を責めるとともに改めて気づいた自身の弱さについて打ち明けている。

大吉山北中学校(だいきちやまきたちゅうがっこう)
黄前久美子高坂麗奈塚本秀一佐々木梓らが通っていた中学校。
彼女たちが3年生の時に挑戦した吹奏楽コンクール京都大会では、より上の関西大会(支部大会)に出場できない金賞、通称「ダメ金」を獲得している。

チューバくん(ちゅーばくん)
久美子のスクールバッグにぶら下がっているチューバのゆるキャラ。「楽器くんシリーズ」のうちのひとつ。

チームもなか(ちーむもなか)
吹奏楽コンクールの出場メンバーに選ばれなかった部員たちが結成したサポートチーム。
3人の2年生(森田しのぶ、中川夏紀加部友恵)の頭文字をとって命名されており、吹奏楽コンクールに出場するメンバーに向けてのお守りの作成や楽器運搬等の支援活動をこなしている。

24パーティー(つーふぉーぱーてぃー)
久美子たちが下校途中によく立ち寄っているコンビニエンスストア。「楽器くんシリーズ」のガシャポンが置いてある。

堀川奈美恵(ほりかわなみえ)
京都府生まれの今をときめく若き女性作曲家で、劇中曲「三日月の舞」の作曲者。
京都府立芸術大学の作曲科に入学し、同大学院を卒業。以降はオーケストラ作品や管弦楽吹奏楽と幅広いジャンルで活躍している。
副部長の田中あすかいわく、彼女の作品の魅力は繊細なメロディーとダイナミックな構成にあるという。

南宇治高等学校(みなみうじこうとうがっこう)
京都府宇治市にある府立の高等学校。
学校としての学力レベルは黄前久美子らが通う北宇治高等学校とほとんど変らず、そのため、恐らく地理的な理由から久美子の母校である大吉山北中学校の生徒は同校に進学する傾向がある。
したがって大吉山北中学校吹奏楽部の久美子の同級生もその多くが同校に進学しているが、新しい高校生活のスタートを望んだ久美子は同校ではなく、同級生のほとんどいない北宇治高等学校を進学先に選んだ。
なお、吹奏楽部の実力は不明。

南中学校(みなみちゅうがっこう)
傘木希美中川夏紀吉川優子鎧塚みぞれらが通っていた市立の中学校。
京都府内ではそれなりに名の知られた吹奏楽の強豪校で、久美子らが通っていた大吉山北中学校とは吹奏楽コンクール関西大会への出場枠を巡り、しばしばライバル関係に立っている。
ただし、希美たちが3年生の時の吹奏楽コンクール京都大会ではまさかの銀賞を獲得し、彼女たちの大きなトラウマとなった。

洛秋高等学校(らくしゅうこうとうがっこう)
ここ10年の間で吹奏楽コンクール関西大会の常連校となっている強豪校。
サンライズフェスティバルでは白のブレザーと赤いスラックスのマーチング衣装を披露している。

リズと青い鳥(りずとあおいとり)
原作小説の第二楽章(久美子2年生編)に登場する架空の童話で、ひとりぼっちの少女リズと青い鳥の少女による、触れ合いと別れの物語が綴られている。
あらすじの詳細は、原作小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』、および映画『リズと青い鳥』の個別記事を参照。

立華高等学校(りっかこうとうがっこう)
吹奏楽コンクールやマーチングの大会で華々しい成績を残す強豪校で、殊にマーチングに関してはその衣装と一糸乱れぬパフォーマンスから『水色の悪魔』の異名で呼ばれている。
久美子の中学時代の同級生、佐々木梓が進学している。
また、2016年8月4日には同校を舞台としたスピンオフ作品『立華高校マーチングバンドへようこそ』が発行されている。

龍聖学園(りゅうせいがくえん)
エスカレーター式の私立校で、ラグビーを始めとする数多くの運動部が実績を残している男子校。
同校の吹奏楽部はこれまで上位大会に絡むほどの実力は有していなかったものの、「文科系の部活を伸ばす」という学園の方針によって強化が図られることとなる。
特に高等部の吹奏楽部は、増強された教師陣や特別顧問の「源ちゃん先生」らの指導のもとに大きくそのサウンドを変え、いまや新たなダークホースとして注目を集めるまでになっている。

作中に登場する楽曲

吹奏楽部をテーマにした作品であるため、吹奏楽オリジナル作品や吹奏楽ポップス曲など、実在する楽曲が数多く登場している。
詳細は、個別記事「響け!ユーフォニアムの楽曲一覧」を参照。

余談

楽器メーカーのYAMAHA(楽器関連協力)がアニメ放映開始に合わせてコラボを行っているが、対象商品が数万円~場合によっては百万円を超える楽器本体のため、コラボのためだけに楽器を購入するのは考え物である。軽い気持ちで買うと後悔するかもしれないぞ!
あくまで楽器の新規購入や買い替えがメインの視聴者向けと考えた方がいいかも知れない。

TVアニメ版について

元々の原作小説の舞台が京都府宇治市である上に、制作した京都アニメーションの本社所在地も宇治市であることから、様々な背景が非常に忠実に再現されており、宇治市周辺がいわゆる聖地となっている。
舞台となった北宇治高校そのものは架空の高校であるが、校舎等のモデルには宇治市内にある京都府立莵道高校が選ばれている。制作スタッフにとっても本社からの徒歩圏内に舞台となった地点があることから、ロケハンが容易に出来たという話が伝わっている。
また、TVアニメ版の第1期から京阪電気鉄道が取材協力しており、様々なコラボ企画を行っている。

関連イラスト

【宣伝】響け!ユーフォニアム
北宇治高校吹奏楽部へようこそ


息を合わせて
Sound!Euphonium



関連動画

第1期プロモーションビデオ 第1弾(2015年1月)


第1期プロモーションビデオ 第2弾(2015年3月)


『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』予告映像(2015年12月)


第2期プロモーションビデオ 第1弾(2016年8月)


第2期プロモーションビデオ 第2弾(2016年9月)


『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』予告映像(2017年9月)


関連タグ

総合(原作小説)小説 漫画 宝島社 立華高校マーチングバンドへようこそ
総合(アニメ版)アニメ 2015年春アニメ 2016年秋アニメ 京都アニメーション リズと青い鳥
ジャンル吹奏楽 吹奏楽部 マーチング 音楽 部活 青春 楽器
評価タグ響け!ユーフォニアム100users入り 響け!ユーフォニアム500users入り
カップリングタグ『響け!ユーフォニアム』のカップリングタグ
登場楽曲響け!ユーフォニアムの楽曲一覧
名言集名言(響け!ユーフォニアム)


ていおん! - 『けいおん!』との版権クロスオーバータグ。
届けたいメロディ - 『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』の独立タグ。

外部リンク

公式サイト


まとめサイト・pixivision

pixivに投稿された作品 pixivで「響け!ユーフォニアム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25448342

コメント