ピクシブ百科事典

岸部海松

きしべみる

『響け!ユーフォニアム』の登場人物。
目次[非表示]

CV:???

概要

北宇治高校の2年生で、吹奏楽部に所属。ホルンを担当している。
黒髪のショートヘアと気だるそうなジト目が特徴で、ワインレッドのリボン付きカチューシャをつけている。
吹奏楽部は高校生になってから始めており(『響け!ユーフォニアム』DVD&BD5巻ブックレット、2ページ)、入部当初からのやる気のない雰囲気にすっかり慣れてしまっている。新任顧問の滝昇が本格的に指導を始めるまでは、パート練習の時間でも練習そっちのけで頬杖をついているような状態であり(TVアニメ版1期3話)、そのような素行を初合奏の場で滝に指摘されている。
その後日に行われたパートリーダー会議のシーン(TVアニメ版1期4話)では、難航する会議の状況を受けて「ど~するんですか~、このままじゃ吹部つぶされちゃいますよ」と椅子にもたれかかりながら腕を組んで発言している。また、顧問の滝昇が各パートの巡回指導を行うシーンのなかでは、「頭上に飛ばしたティッシュペーパーに息を吹き込み続け、10分間落とさないようにする」トレーニングをしている様子が登場する。その際の眉間にしわを寄せながらティッシュにひたすら息を吹き込み続ける姿から、「ジト目フーフー子ちゃん」なるあだ名を付けられてもいる。

そのような練習の積み重ねもあり、一週間後の全体合奏では個人としてもパートとしても見違えるような上達を実感し、以降は練習に対するやる気に目覚めるようになる。吹奏楽コンクールに出場するメンバーを決めるオーディション(TVアニメ版1期9話)においても無事にメンバーに選出され、自由曲「三日月の舞」ではホルンパート内の4th(フォース)を担当している。

新山先生とホルン隊



吹奏楽コンクール京都大会(府大会)の会場に移動するバスのなかでは、トランペットパートの吉川優子がサブメンバーの中川夏紀から貰ったお守りを見て、そのあまりの大きさに「何それデカッ!」と突っ込んでいる(TVアニメ版1期番外編)。また、その府大会を終えたのちに部員一同で滝に感謝の言葉を述べた際には、彼からの意外にもあっさりした返答を前にして、パートリーダーの沢田樹里と一緒になって「あっさり!?」「盛り上がらね~」と白けた感想を述べている。(TVアニメ版2期1話)
吹奏楽コンクール関西大会(支部大会)後に行われた京都駅の駅ビルコンサートでは、「宝島」のサビの部分で後輩の瞳ララと一緒にベルアップをするシーンが登場している。(TVアニメ版2期7話)

コンクールシーズンを終えて3年生が引退し、部が吉川・中川の新体制を迎えるようになると、ホルンパート内の唯一の2年生という立場からパートリーダーを担当することになる。その翌年に迎えた卒業式後のワンシーン(TVアニメ版2期13話)では、1年生の後輩である瞳ララと森本美千代とともに、卒業を迎えたパートの先輩ふたりを「先輩お元気で!」と挙手の敬礼で見送っている。
3年生に進級して新年度を迎えると、新たにホルンパートに加わった4名の1年生たちを率いつつ、「やるときはやる! 遊ぶときは全力で遊ぶ!」をパートのモットーに掲げて日々の活動に取り組んでいる。なお、ホルンの演奏技術等をはじめとする各種の指導については、パート内でもっとも楽器演奏歴の長い2年生の美千代のサポートを受ける形で行っている。(『新北宇治高校吹部紹介プロフィールカード(岸部海松、森本美千代)』掲載の紹介文)

余談

同じパートの1年生である瞳ララが入手した情報によると、妹の名前は「むる」、母親の名前は「真珠(しんじゅ)」、父親の名前は「帆立(ほたて)」であるという。
(ドラマCD『響け!ユーフォニアム』 #2「ララ、聞いちゃいました!その1」より)

関連イラスト

冬制服

今日の色紙#126「岸辺海松」
ホルン、カッコいいんですよ♪



夏制服

海松と書いて みる



ジャージ

モブちゃん5



北宇治Tシャツ(駅ビルコンサート)

みるたそ



関連タグ

響け!ユーフォニアム
ホルン
沢田樹里 - 所属するパートのリーダー。3年生。
加橋比呂 - 所属するパートのひとつ上の先輩。3年生。
瞳ララ - 所属するパートのひとつ下の後輩。1年生。
中川夏紀 - 当初はやる気がなかったが、滝の指導によってやる気を身につけた点で共通している。2年生。

ジト目 カチューシャ

pixivに投稿された作品 pixivで「岸部海松」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12443

コメント