ピクシブ百科事典

木管楽器

もっかんがっき

各種リードの振動と演奏者の息の流れによって音を生み出す、木製の管体をルーツに持つ管楽器の総称。
目次[非表示]

概要

木管楽器(もっかんがっき)とは、楽器自体に音を出す仕組み(主にリードと呼ばれる弁など)を内蔵している管楽器の総称である。
この楽器群は主に木により作られていたということと、金管楽器との対照によりこの名称で呼ばれているものであり、「材木で出来ているからといってその楽器がすべて木管楽器である、金属で作られているから木管楽器ではない」という訳ではないことに注意が必要である。

詳細

この楽器をわかりやすく言えば「」である。
木管楽器というカテゴリの中でも複数の種類に分かれており、空気の流れにより音の振動を作り出すもの、一枚リードのもの、二枚リードのもの、リードが枠の中で振動するもの等があり、さらに管の形が円筒形か円錐形かによっても種類が分かれる。
楽器が木製のものが多いため「木管」とあるが、サックスフルートのように金属製のものもあるため、注意が必要である。

また、この楽器は基本的に共鳴させるための管の長さで出る音が決まり、その管の音あるいは倍音しか出ないるため、通常管に穴を開け、などで押さえることにより音階を出す。

種類

リードの無いもの

リードの無い種類のこの種の楽器はつくりが単純であるため早くから作られた楽器であるとされる。

円筒形

バグパイプも同様の形式であるが、木管楽器としては扱われない)

円錐形


一枚のリードを持つもの

葦笛から発達した楽器とされる。

円筒形

円錐形


二枚のリードを持つもの

このタイプの楽器は円錐形に該当するものしか現在では存在しないとされる。


自由リードを持つもの

これらの楽器はほとんどが木管楽器として扱われないものである。


関連イラスト

poco a poco 2015/2 芝生
#20160830 Aqours


甘い夜



関連動画

クープランの墓(Le Tombeau de Couperin)モーリス・ラヴェル 編曲:メイソン・ジョーンズ


「茶摘み」によるディヴェルティメント(Divertimento based on Chatsumi for Woodwind Quintet)/高昌帥


ゆきのはなびら(Yuki-no-hanabira)/福田洋介


メセナの丘で(Hill of Mésénat for Woodwind Quintet)/荒川洋


関連タグ

楽器 管楽器
クラシック音楽 オーケストラ 吹奏楽
ホルン - 金管楽器ではあるが、多くの木管五重奏曲で編成に組み込まれている。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「木管楽器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99860

コメント