ピクシブ百科事典

ファゴット

ふぁごっと

ダブルリードを用いる低音の木管楽器。英語名は「バスーン」。
目次[非表示]

概要

ファゴット(Fagotto)とは、オーボエやコールアングレ等と同様にダブルリードを使用する、木管楽器の一種。
低音を受け持つ大型の楽器であるが、その音域は幅広く、ひょうきんで鼻の詰まったような音色が特徴。
一般的なファゴットよりも更に大きくて音の低い「コントラファゴット」なる楽器も存在する。

直管バロックコントラファゴット比較
だぶるばすーん



吹奏楽コンクール(特に課題曲)等ではオーボエとともにOptionに甘んじるが、オーケストラ(管弦楽)や木管五重奏等ではこれでもかと言わんばかりに活躍する。
また、テレビ番組のBGMにもよく起用されている。

余談

  • MiG-15NATOコードネームである。
  • ファゴットという名前はドイツ語のFagottまたはイタリア語のFagottoから来ている。元々は古いフランス語が語源で、元の意味は(薪などの)「束」である。楽器の構造を見れば何となく想像できそうではあるが。
  • しかし、英語圏では何故かゲイを罵るための罵倒語として用いられるため、代わりにバスーン(Bassoon)の呼称が用いられている(余談だが、フロントミッションの初代作にもファゴットというヴァンツァーが登場するが、言葉狩りを危惧したかして、後継作ではドイツ製という設定にも関わらず名称が変更されている)。
  • また、フランス語のバソン(Basson)という語も用いられることがあるが、もっぱら日本で主流のドイツ式に対し構造の単純なフランス式のものを特に区別する時にそう呼ぶことが多い。
  • 木管楽器の中では最も親指を多用する楽器のひとつである。キー配置の関係上10本の指をフルに使用する必要がある他、左手の親指ひとつで9~10個のキーを操作しなければならない(特に最も音の低い半オクターブの運指の違いは左手の親指で押すキーの組み合わせだけである)。


関連イラスト

オリジナル

ファゴット少女
ファゴット


ファゴットむすめ
ファゴトッポ



版権

IA-bassoon
バスーン



関連動画

ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191(186e)ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
第1楽章「アレグロ」(Allegro)
第2楽章「アンダンテ・マ・アダージョ」(Andante ma adagio)
第3楽章「ロンド テンポ・ディ・メヌエット」(Rondo Tempo di Menuetto)
(Bassoon Solo : Aligi Voltan)


ファゴット協奏曲 ヘ長調 Op.75 J.127/カール・マリア・フォン・ウェーバー
(Bassoon Solo : Valentino Zucchiatti)


ファゴット小協奏曲(Concertino for Bassoon and Orchestra op.12.)/フェルディナンド・ダヴィッド
(Bassoon Solo : Robert Rønnes)


ちなみに、音域の広さを無駄遣いするとこんな事もできるそうである。


ファゴット奏者

国内

  • 石川晃
  • 岡崎耕治
  • 笹崎雅通
  • 鹿野智子


海外

  • ヴァレンティーノ・ズッキアッティ(Valentino Zucchiatti) - イタリア
  • マーティン・クークスマン(Martin Kuuskmann) - エストニア
  • ロベルト・レンネス(Robert Rønnes) - ノルウェー


架空のファゴット奏者


関連タグ

楽器 管楽器 木管楽器
音楽 クラシック音楽 演奏 オーケストラ 吹奏楽
クラリネット バスクラリネット リコーダー オーボエ フルート サックス リコーダー 

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ファゴット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55411

コメント