ピクシブ百科事典

立華高校マーチングバンドへようこそ

りっかこうこうまーちんぐばんどへようこそ

武田綾乃による吹奏楽部小説シリーズの名称。同氏の小説『響け!ユーフォニアム』のスピンオフ作品にあたる。
目次[非表示]

概要

響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ(Welcome to The Marching Band! - Sound! Euphonium)とは、武田綾乃による吹奏楽部小説シリーズの名称である。2013年12月より刊行されている『響け!ユーフォニアム』シリーズのスピンオフ作品(外伝)にあたる。
『響け!ユーフォニアム』シリーズの主人公・黄前久美子の中学時代の同級生である佐々木梓と、彼女の進学先である立華高校吹奏楽部を舞台として、強豪校ならではの新たな青春ストーリーが描かれる。
「前編」は2016年8月4日に第1刷が宝島社より発行。「後編」は同年9月6日に発行された。

作品情報

題名響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ
作者武田綾乃
イラストアサダニッキ
媒体小説
ジャンル音楽 部活 青春
出版社宝島社
レーベル宝島社文庫
巻数2巻
発売日2016年8月4日~


ストーリー

マーチングバンドの演奏を見て以来憧れだった立華高校吹奏楽部に入部した佐々木梓は、さっそく強豪校ならではの洗礼を受ける。
厳しい練習に、先輩たちからの叱責。努力家で完璧主義の梓は、早く先輩たちに追いつけるよう練習に打ち込むが、楽器を演奏しながら動くことの難しさを痛感する。
そんななか、コンクールに向けてオーディションが行われることになり……。

マーチングバンド全国大会常連の強豪「立華高校」を舞台に、新たな青春の幕が上がる!

(※宝島社特設サイトのあらすじ紹介より一部抜粋)

登場人物

立華高校吹奏楽部(トロンボーンパート)

佐々木梓(ささきあずさ)
トロンボーン担当。しっかり者で世話焼きな性格の1年生。
小学校4年生の頃から金管バンドでトロンボーンを始め、中学時代にマーチングの大会で立華高校の演奏を観て入学を夢見るようになる。立華高校へは吹奏楽部推薦で進学。
上昇志向が強く、頑張ることを苦としないタイプ。やれと言われた事は完璧にやりたい完璧主義者。

名瀬あみか(なせあみか)
トロンボーン担当。純粋無垢で無邪気な性格の1年生。
胸元まで伸びるふわふわの長い髪と、左頬のほくろが特徴。東京都出身。
経験者の集まる立華高校の吹奏楽部では珍しい楽器未経験者で、同じパートの同級生である梓のことを慕っている。
菓子パンをはじめとする甘い物が大好きで、趣味はミサンガ等の小物作り。

戸川志保(とがわしほ)
トロンボーン担当。生真面目で几帳面な性格の1年生。
ノンフレームの眼鏡と、ふたつに分けた肩まで伸びる黒髪が特徴。
中学時代から吹奏楽部に所属しており、パートリーダーも担当していた経験者だが、立華に来て徐々に自分の能力にコンプレックスを感じ始める。
同パートの的場太一とは同じ中学の出身で、互いに顔見知りの間柄。

的場太一(まとばたいち)
トロンボーン担当。立華高校では珍しい男子部員の1年生。
要領はいいが若干不真面目な性格をしている。小柄で華奢な体つきを恥ずかしく思っており、また普段の練習では卒業生の兄のものである赤いジャージを着用している。
同パートの戸川志保とは中学時代からの顔見知りの間柄。

瀬崎未来(せざきみらい)
トロンボーン担当。総勢13名のトロンボーンパートを率いるパートリーダーの3年生。
緩く伸ばした短い黒髪やシャープな印象の目など、凛々しくてカッコいい中性的な顔立ちが特徴。
立華のトロンボーンパートの絶対的エースで、彼女がトップのポジションにいることに対して誰を異を唱えないほどの圧倒的実力者。

高木栞(たかぎしおり)
トロンボーン担当。同パートの副パートリーダーを務める3年生。
額の上で髪を留めているポンパドールの前髪と、柔和そうな印象を与える親しみやすい性格をしている。
部内では「マーチング構成」を担当しており、アリーナ等におけるフォーメーションや演出の立案を行っている。
兵庫県にある吹奏楽の名門中学の出身で、高校生になった現在でも実家から通っている。

丹波恵(たんばめぐみ)
トロンボーン担当。3年生。
吹奏楽コンクールの出場メンバーを決めるオーディションに合格し、パート内の2nd(セカンド)を担当する。

尾上凛音(おのうえりんね)
バストロンボーン担当。3年生。
吹奏楽コンクールの出場メンバーを決めるオーディションに合格し、パート内の3rd(サード)を担当する。

橋本杏奈(はしもとあんな)
バストロンボーン担当。下級生の指導係を務める2年生。
横一線に切り揃えられたぱっつんの黒髪をしている。また、精巧に作られた食品サンプルのアクセサリーをつけるのがマイブーム。
梓と同じく北中学校の出身。彼女とは中学時代から同じパートで練習を行っていた。

立華高校吹奏楽部(その他パート)

西条花音(さいじょうかのん)
フルート担当。双子の姉の方である元気な性格の1年生。
黒髪のショートボブにお揃いのカーディガンと靴下を着用している。
埼玉県にある吹奏楽強豪校の出身で、姉妹そろって木管楽器の1年生の中では群を抜く実力を持っている。

西条美音(さいじょうみおん)
オーボエ担当。双子の妹の方である冷静な性格の1年生。
その存在のインパクトと確かな実力から、立華高校吹奏楽部の新たな名物として注目を集めている。
またマーチングでは姉妹そろってカラーガードを担当しており、「中国雑技団」と揶揄されるほどの体の柔らかさを誇る。

森岡翔子(もりおかしょうこ)
ホルン担当。立華高校吹奏楽部の第36代部長を務める3年生。
長い黒髪をお団子にしてまとめており、さっぱりとした性格ながら他者への配慮もできる人物。
吹奏楽コンクール全国大会の常連・常勝校として名高い聖女中等学園の出身で、立華高校へは吹奏楽部推薦で進学している。

小山桃花(こやまももか)
ファゴット担当。吹奏楽部の副部長を務める3年生。
ボリュームのある髪を高い位置で二つ括りにした、華やかな容姿をしている。
勝気な性格で、その言動はかなり過激。また、マーチングではガードチーフ(カラーガード隊の隊長)を務めている。

神田南(かんだみなみ)
パーカッション打楽器)担当。ドラムメジャーを担当する3年生。
長い黒髪、切れ長の瞳、涼やかな目元、冷淡な声音などに代表される、ただならぬ雰囲気の持ち主。
「鬼のドラムメジャー」の二つ名を持つ立華の要で、部長の翔子とは対照的にあまり笑顔を見せない。
なお、部長の森岡翔子、副部長の小山桃花、ドラムメジャーの神田南の3名は「幹部」と呼ばれ、立華高校吹奏楽部の意思決定権を有している。

熊田祥江(くまださちえ)
立華高校吹奏楽部の顧問。女性。52歳。
ふっくらした体格の持ち主で、栗まんじゅうが大好物。吹奏楽コンクールのA編成をはじめとするメインの指導を行うおしゃべりな名物顧問。
大型免許を取得しており、経費節約のために楽器運搬用のトラックを自ら運転している。

城谷慶介(しろたにけいすけ)
立華高校吹奏楽部の副顧問。主に吹奏楽コンクールのB編成の指導を行う。

山田奈菜(やまだなな)
立華高校吹奏楽部の副顧問。普段は数学を教えている新任教師。
事務等の面で吹奏楽部の活動を補佐している。

その他の登場人物

三川啓二(みかわけいじ)
マーチングの外部指導者。ぴっちりと分けられたロマンスグレーの髪に細い黒フレームの眼鏡をかけた、紳士然とした出で立ちをしている。
立華高校吹奏楽部のマーチング構成係が起案したフォーメーションの監修を行うほか、マーチングコンテストに向けたアリーナ練習の監督・指導を行っている。

黄前久美子(おうまえくみこ)
京都府宇治市にある北宇治高校に進学した、梓の中学時代の同級生。ユーフォニアムを担当している。
5月のサンライズフェスティバルの際に偶然再会し、その後もしばしば梓の回想の中に登場する。

高坂麗奈(こうさかれいな)
久美子と同じく北宇治高校に進学した、梓の中学時代の同級生。トランペットを担当している。
中学時代の梓とは特別仲が良かったわけではなかったが、その学生らしからぬ実力は当時の梓に大きな衝撃を与えている。

柊木芹菜(ひいらぎせりな)
北宇治高校に進学した、梓の中学時代のクラスメイト。帰宅部。
中学時代は他人と群れたり馴れ合う事を良しとしない性分だったが、梓との交わりによって次第に心を開くようになる。
中学当時の梓に大きな衝撃を与える言葉を発しており、高校生になった現在では「冷戦中」の関係になっている。

用語解説

We love music! We are Rikka!(うぃーらぶみゅーじっく!うぃーあーりっか!)
全日本マーチングコンテストにおける、立華高校吹奏楽部のマーチング演技。
サックスの五重奏から始まるゆったりとした曲調の「夜明け」、陽気なアップテンポのマーチ「だって好きだから」、トロンボーンのソロをフィーチャーしたジャズナンバー「インサイドブルー」、そして「スウィング・スウィング・スウィング」と「シング・シング・シング」の2曲の組み合わせという計5曲で構成され、マーチングコンテストの6分以内という時間規定に合わせて各曲から抜粋・編曲されている。

ゴメハ(ごめは)
「5メートル8歩」の略称であるマーチング用語。
アリーナをはじめとするマーチングの発表の場では、等間隔に敷かれたマス目の位置に則ってフォーメーション等を形成する。
そのマス目からマス目への移動をより美しく見せるために、「1歩あたり62,5cm」(8歩でちょうど5m)という厳格な規定のもとに練習を行っている。

ハピコン(はぴこん)
立華高校吹奏楽部が定期的に開催しているイベント「ハッピーコンサート」の略称。
立華高校の体育館を借り切って行う演奏会で、地元の中学校の吹奏楽部を招待して一緒に合同演奏を行ったり、自分たちのパフォーマンスを披露したりする。

マーコン(まーこん)
「全日本マーチングコンテスト」の略称。
立華高校吹奏楽部が吹奏楽コンクール以上に力を入れる本命の大会で、吹奏楽コンクールと同様に地区大会、都道府県大会、支部大会を勝ち抜くことによって全国大会に出場することが出来る。
吹奏楽コンクール全国大会の常連校として名高い大阪府の大阪東照高校と明静工科高校も強豪校として名を馳せており、特に明静工科高校は「ラスボス」と揶揄されるほどの実力を誇る。
また、兵庫県にある滝上第三高校も決して無視できない高い実力を有しており、関西の支部大会は厳しい勢力図のもとにある。

立華高等学校(りっかこうとうがっこう)
京都府京都市にある私立の高等学校で、サッカーバレーボールの強豪校としても知られている。
同校の吹奏楽部は物語の時点で103名の部員を擁し、うち33名は佐々木梓ら1年生である。
座奏はもちろんのこと、殊にマーチングの演技に力を入れている学校で、楽器を演奏しながら飛び跳ねる一糸乱れぬパフォーマンスから『水色の悪魔』の異名で呼ばれている。
なお、モデルとなった高校が存在し、こちらは『オレンジの悪魔』と呼ばれている。

作中に登場する楽曲

立華高校マーチングバンドへようこそ(前編)

シング・シング・シング(Sing Sing Sing)/ルイ・プリマ 編曲:岩井直溥
(「立華高校吹奏楽部の十八番」のパフォーマンス曲として登場。
佐々木梓が立華高校への入学を夢見たきっかけになったほか、ハッピーコンサートにおける1年生のパフォーマンスとしても披露される)

宝島(TAKARAJIMA)/和泉宏隆 編曲:真島俊夫
(ハッピーコンサートにおける立華高校吹奏楽部の最初の演奏曲として登場)

序曲「バラの謝肉祭」(Carnival of Roses Overture)/ジョセフ・オリヴァドーティ
(ハッピーコンサートにおける演奏曲のひとつとして、および立華高校吹奏楽部のB編成のコンクール自由曲として登場)

吹奏楽のためのマーチ/宇郷晴義
(立華高校吹奏楽部のA編成のコンクール課題曲(課題曲Ⅲ)として登場。曲と作曲者は架空のものである)

宇宙の音楽(Music of the Spheres)/フィリップ・スパーク
(立華高校吹奏楽部のA編成のコンクール自由曲として登場)

インサイドブルー(Inside Blue)/作曲者不詳
(立華高校吹奏楽部のマーチング演技『We love music! We are Rikka!』の3曲目として登場。曲は架空のものである)

立華高校マーチングバンドへようこそ(後編)

「ミス・マリーゴールドメドレー」より 「夜明け」「だって好きだから」/作曲者不詳
(立華高校吹奏楽部のマーチング演技『We love music! We are Rikka!』の1曲目と2曲目として登場。曲は架空のものである)

スウィング・スウィング・スウィング(Swing,Swing,Swing!)/ジョン・ウィリアムズ
(立華高校吹奏楽部のマーチング演技『We love music! We are Rikka!』の後半部分で、「シング・シング・シング」と組み合わせて用いられている)

中国の不思議な役人(The Miraculous Mandarin)/バルトーク・ベーラ
(吹奏楽コンクール関西大会における立華高校のひとつ前の団体、奈良県代表・泉堺高校吹奏楽部のコンクール自由曲として登場)

デリー地方のアイルランド民謡(Irish Tune from County Derry)/パーシー・オルドリッジ・グレインジャー
(梓の中学時代の基礎練習用の楽曲のひとつとして登場。「ロンドンデリーの歌」「ダニー・ボーイ」のタイトルでも知られている)

関連タグ

小説 宝島社 響け!ユーフォニアム
マーチング 吹奏楽 吹奏楽部 音楽 部活 青春
トロンボーン

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「立華高校マーチングバンドへようこそ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46158

コメント