ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バレーボール

ばれーぼーる

バレーボールとは、18世紀末にウィリアム・G・モーガンによって考案された、集団球技の一種。または、その競技に使われるボールもそう呼ばれる。世界的に最も競技人口の多いスポーツである。
目次 [非表示]

🏐概要編集

世界で最も競技人口の多い球技であり(5億人、男女計、派生のビーチバレーを含む)、サッカーバスケットボールを上回っている。


中央にネットを張ったコートの中で二つのチームがボールを打ち合うスポーツ。18世紀末、アメリカのウィリアム・G・モーガンが、本来は「テニスを元とした婦女子のためのレクレーション」として考案した。

コート内に入る人数としては6人(他に6人以内の交換人員がある)「6人制」が一般的である(ちなみにママさんバレーの場合、9人がコート内に入り3人以内の交換人員の「9人制」、ちなみにこのルールはほぼ日本国内でのみ運用されている)。


バレーボール人気の国は日本のほか、ブラジルイタリア、そしてポーランドが挙げられる。特にポーランドのバレー人気は凄まじく、低迷期に国内リーグを立ち上げ底上げを図った結果、昨今では実力でも男子バレー世界ランキング1位に君臨している。ブラジルはハイキュー!!にも登場したように国技レベルでビーチバレーが盛んで、そこからの転向組も多く、1980年代ぐらいから強豪となった。イタリアもフットボールに次ぐ人気を誇り、セリエAは世界最高峰のバレーボールリーグとされる。ほかに女子バレーの強豪国であるトルコや、タイロシア、その他東欧諸国で盛ん。発祥のアメリカは人気こそ低迷しているものの、世界ランクは非常に高い。


日本では特に、1964年開催の東京オリンピック金メダルを獲得した「東洋の魔女」の活躍以降、オリンピックでのメダル獲得が最も期待される集団球技として、特に女子バレーは高い人気を保ち続けている。男子バレーは1980年代後半から2000年代まで成績の低迷が続いていたが、2019年ごろから新戦力の台頭もあり、FIVB世界ランキングでも10位以内を安定してキープするなど戦力の底上げが見られ、2023年のネーションズリーグでは強豪のブラジル、イタリアを破って銅メダル、現状では男女ともに国際大会ではメダル候補に上がる強豪国の位置付けにある。


2010年代ごろまでは、国際大会の多くが日本で開催され、オリンピック以外の殆どの試合がホーム開催という状況になっていた。


このように日本国内で安定して人気があることから、体育の授業や部活動においても取り入れられていることが多い。

なお、このスポーツよりビーチバレーソフトバレーボールシッティングバレーボールなどの派生スポーツが生まれた。


これより下は6人制について説明する。

コート編集

長辺18メートル、短辺9メートルの長方形。長辺の線をサイドライン、短辺の線をエンドラインと言い、サイドラインを両サイドに二分する中心の線をセンターラインと言う。また、センターラインから両側にエンドライン方向に3メートル位置の線をアタックラインと言う。

コートから外側に3メートル以上のフリースペースが必要。また室内の場合、天井の高さは7メートル以上必要になる。


長辺の真ん中に縦1メートル、横10メートルのネットが張られており、センターラインとサイドラインの交差上のネット二箇所にアンテナを立てる。ネットの高さは年齢によって変化する。



小学生中学生高校生大学/一般
男子2.00メートル2.30メートル2.40メートル2.43メートル
女子2.00メートル2.15メートル2.20メートル2.24メートル


ボール編集

いずれも人工皮革製である。

周囲重さ
小学生62cm200g~220g
中学生62cm~64cm240g~260g
高校生以上65cm~67cm260g~280g

ルール編集

まずはコイントス等でサーブ権を決める。

サーブ権を持ったチーム代表プレーヤー1人は8秒以内(FIVB規程上)にエンドライン外側かつサイドライン内側からサーブを行い、コートに入れる。この際、テニスや卓球とは異なりサーブのボールがネットに触れて(ネットインして)軌道が変わっても通常のサーブと同じ扱いとなる。


サーブを受けた対戦相手プレーヤーは、ボールを落とさず拾い上げる(レシーブ)。これを含め3回以内に反対チーム側コートにボールをいれる。一般的にレシーブの後、ボールを指先で浮かす(トス)をして、そのボールを反対チームコートに強く打ち返す(アタック)が適用される。


アタックされたチームは、そのボールを相手コートに押し戻そうとジャンプする場合も多い(ブロック)。


この行為を繰り返す。得点(ポイント)獲得の条件は、

  • ボールが対戦相手側コートライン以内の地面についた。=イン判定
  • 対戦相手プレーヤーがサーブ打てない、もしくは打ったサーブがネット上かつアンテナ内側を通して味方側コートライン以内に入らない。=サーブミス判定
  • 対戦相手プレーヤーが最後に触れたボールが【①味方側プレーヤー ②味方側コートライン以内の床 ③アンテナ内側のネット】の①②③以外※に触れた。=アウト判定
  • プレー中のボールが対戦相手側のブロックに最後に当たり、そのままアウト判定になった。=ブロックタッチ判定
  • 対戦相手が反則(後述)をした。=各種反則判定

主にこの5つである。


※主な例として、アンテナ、プレーヤー以外の人、天井、観客席、ネットの支柱など。


サーブ権の交代は、サーブ権を持ってないチームが得点したときに行う。その際時計回りにポジションを1つ移らなければいけない(ローテーション)。


第1~第4ゲームは25ポイント、第5ゲームは15ポイントで1ゲーム獲得。ただし2点以上差が必要な為、24対24の場合、デュースになり2連続でポイントを取らなければならない。


主な反則


  • 選手がアンテナかアンテナ以内のネットに触れる。=タッチネット
  • 3回以内に対戦相手側コート内にネット上かつアンテナの内側を通してボールを打ち返せなかった。=オーバータイムズ(フォアヒット)
  • プレーヤーの足がアンテナ内側のセンターラインを踏み越える。=センターラインフォールト(パッシング)
  • ボールを持つ。=ホールディング(キャッチ)
  • 同じプレーヤーが他のプレーヤーを介さず2回以上ボールに触れる。=ダブルコンタクト(ドリブル)
  • 味方プレーヤーが対戦相手コート側へボールを返すプレー以外のタイミングで味方コート側にあるボールに対戦相手プレーヤーが触れる。=オーバーネット
  • 後衛プレーヤーがアタックラインを踏むもしくはセンターライン側へ踏み越えてジャンプし、対戦相手側コートへボールを返す。=アタックラインフォールト(バックプレイ)
  • サーバーが規定時間(8秒)以内にサーブを打たない、またはサーブを打つ際にエンドラインを踏むもしくは踏み越える、またはサイドラインの外側で打つ。=サーブフォールト
  • サーブが打たれる瞬間にそのポイント時点での正しいローテーションにプレーヤーが位置していない。=ポジショナルフォールト(アウトオブポジション)

最終的に3ゲームセット(3セット制の場合は2ゲームセット)を取ったチームが勝利となる。


関連タグ編集

バレーボール に関係するタグがありましたら、紹介してください。

バレー 排球(表記ゆれ)

セッター レフト ライト センター リベロ

女子バレー 男子バレー Vリーグ

東洋の魔女 ブルマ ビーチバレー ビーチボールバレー


バレーボールに関連した作品・キャラクター編集

五十音順に記載。

作品編集


キャラクター編集

関連記事

親記事

球技 きゅうぎ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41937168

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました