ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

おっぱいバレー

おっぱいばれー

水野宗徳の小説。および、それを原作とした映画。だがpixivではほとんど別の意味で使われる。
目次 [非表示]

pixivでのおっぱいバレー

作品とはまったく関係ない絵がほとんどで、女子バレーおっぱいや、バレーボール状のすばらしいおっぱいや、おっぱいを使って行われるバレー競技(?)にこのタグがつけられている。


もしかして→DOAXDOAXVV


ちっぱいバレー

センシティブな作品センシティブな作品

大半がR-18で、ピクシブ百科事典では表示されないので各自確認されたし。



小説・映画『おっぱいバレー』

あらすじ

新任教師の寺嶋美香子は成り行き上、男子バレー部の顧問になったのだが、部自体がやる気がなく、エロい妄想しかできない状態で「バカ部」と陰口をたたかれていた。

そんな部員たちを奮起させようと、美香子は「あなたたちが頑張ってくれるなら先生なんでもする」と宣言。

すると部員達は「試合に勝ったら先生のおっぱいを見せてください」と言い出す。

最初は断る美香子だったが、強引に約束させられてしまう。しかも、それが学校全体にバレてしまう。果たして美香子のおっぱいは約束通り部員にさらされるのだろうか……?


概要

水野宗徳がラジオ構成作家をしていた時期に、男子バレー部の顧問をしている女教師から「優勝したらおっぱいを見せる」という話を聞いた。そこから構想を膨らませて創作した物語になる。


2009年に映画化。主演は綾瀬はるか

監督は羽住英一郎。ワーナーブラザーズ東映の共同配給。

前評判はよかったのだが、「券売で"おっぱい"と言うのが恥ずかしい」という、しょうもない理由で興行は振るわなかった。


綾瀬はるか


作品の舞台は静岡県三ケ日町(現・静岡県浜松市北区)であるが、映画版の舞台は福岡県北九州市となっている。時代考証上必要であった西鉄北九州線が全廃したため、筑豊電気鉄道を利用した撮影が多くなった。


関連タグ

小説 映画 邦画

バレーボール バレー部 男子バレー

おっぱい 女教師

静岡県 筑豊電気鉄道

関連記事

親記事

おっぱい おっぱい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2045740

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました