ピクシブ百科事典

乳袋

ちちぶくろ

服を着ているのに、おっぱいのラインがくっきり出ているさまを表現した言葉
目次[非表示]
  1. ちぶくろ:乳房のこと。ミルクタンク
  2. ちぶくろ:三味線の膨らんだ部位。
  3. ちちぶくろ布地乳房に貼り付いているような描き方のこと。

本項では 3. について記述する。

解説

乳袋とは、普通の材質のを着ているはずなのにボディスーツのように布地がおっぱいに貼り着いて谷間下乳、乳房全体の形が露わになっている様。転じて「まるで服におっぱいの形をしたがついているようだ」という意味で作られた言葉である。

おっぱいアーマー」もボディラインが出ているという点では同じだが、の形に合わせて作られているので似て非なるものである。

どうしてこうなった!?

心理学精神分析学において対象の悪い部分を無視する、全てを肯定的に認知することを理想化という。乳袋は、いわば人体描写の理想化(デフォルメ)である。
現実の衣類は乳房に限らず、漫画的な描写に反し、肌に密着せず、たわみ、膨らんでいる。特に乳房の下に布は張り付かないため、乳頭部分から真下に布地が下がり、胴回りが膨らんで胴体が太いように錯覚させる
実際、胸の大きい人は、大き過ぎるが故に着られる服が少ないことが悩みとなっている。
特にワンピースを着ると、この現象は非常に顕著で対策のために胸の下で服を絞るための紐が入った構造になっている物も多い。
これが乳紐である。

絵画は、目が三次元で捉えている情報を二次元に落とし込む技術であり、精緻な描写を重ねても違和感は必ず起きる。従って絵の技術の進歩は、理想化と共にあったと言っても良い。
つまり現実と違う書き方をしなければ、違和感を無くすことが出来ないという課題である。
また画法とは、美しい絵を描く技術である。そこを突き詰めていくと現実と異なる描写であれ、美しく見えることの方が重視されると考えられて来た。
このために実際より大きく描く、角度を着ける、暗くする、取り去る(描かない)などの手法が取り入れられて来た。

そのような画法の理想化(=現実の不快な部分を取り去る)が辿り着いたのが、古代エジプトの壁画、日本の浮世絵、カートゥーン調、漫画絵(アニメ絵)である。これらはいずれも現実から大きくかけ離れた描写をしているが、美しく、より違和感なく認知されるように発展した技術である。
乳袋は、確かに不自然であるが、失敗や間違いではなく、より不都合なく絵を見せるための技術の一つなのである。

結末

…と、思っていたら『実際に作れる「乳袋」の仕組み』というイラストが「ついっぷる」に投稿された。
↓下の漫画のような状況で発見された技なのかもしれない。

ニセメロンコリニスタ



3F巨乳服売り場


本当にそんな形の服になっている、というネタ

関連イラスト

完熟灯里
子種作りしましょ
セキレイこぶし系
サークルスペースに
あかふくさん
ミーア
愛宕ちゃん
「乳袋? こ、これでいいですか?」



関連タグ

巨乳 爆乳 着エロ ぴっちりスーツ

あまり関連のないタグ

玉袋 胃袋 池袋 知恵袋 子袋
肉袋の匪賊

外部リンク(参考)

同人用語の基礎知識
ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「乳袋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14544704

コメント