ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

名前黄前麻美子
誕生日1月25日
身長165cm
星座水瓶座
血液型O型
好きな色エメラルドグリーン
趣味買い物
特技整理整頓
好きなもの卵料理
嫌いなもの
CV沼倉愛美

概要

黄前久美子の5歳年上の姉で、東京の大学に通いながらひとり暮らしを送っている大学3年生。

かつてトロンボーンを演奏していた経験があり、久美子がユーフォニアムを始めるきっかけになった存在でもある。

進学のために楽器を手放してからは久美子に対して冷たく当たるようになり、現在ではかつての親密な関係とはほど遠い素っ気ない距離感のもとに過ごしている。大学で学ぶかたわら、たびたび実家にも顔を見せる麻美子は、就職活動という人生の転換期を控えた大学3年生という立場と、本気で吹奏楽コンクールの全国大会を目指すようになった妹の久美子の姿に触発されたことにより、次第に自身が送る人生の価値を自問するようになる。


人物

黄前麻美子生誕祭2020

容姿

緩やかにウェーブした長い茶髪やマスカラでコーティングされた睫毛(まつげ)、華美な色合いのマニキュアなどで全身を飾り立てた、華やかな風貌の女子大生(原作2巻、129~130ページ、原作3巻、46ページ)。かつては美しい黒髪の持ち主であったものの、今現在の彼女の傷み切った毛先には、そのころの名残を見いだすことはできなくなっている。(原作2巻、130~131ページ、原作3巻、144ページ、252ページ)

老いも苦労も知らない瑞々しい手先や、引き締まったくびれといった華やかなパーツを大胆にさらす今の彼女の身なりは、母親の黄前明子や妹の久美子たちから「ずいぶんと垢抜けた」「結構派手な感じ」というような驚きを寄せられるものとなっている。(原作2巻、130ページ、原作3巻、277ページ、最終楽章後編、61ページ)


性格

普段は親の言うことを頑なに守るような優等生然とした真面目さを見せているものの、自身よりも格下の相手に対しては正論や嫌味を冷ややかにぶつけるような横柄(おうへい)な態度や、気だるげな素っ気なさをあらわにしている。(原作2巻、130ページ、原作3巻、140ページ、142ページ、205ページ)

しかしながら、彼女はもともと思いやりや面倒見のよさといった優しさをその身に秘めており、受験勉強に打ち込むようになる前にはたびたび妹の久美子と仲睦(むつ)まじく接していた。(原作3巻、89ページ、TVアニメ版1期1話、1期6話、2期10話)


その他

  • 手料理の腕前は壊滅的であり、喧嘩した両親と和解するために味噌汁を作ろうとした際には具材を鍋ごと焦がしたり、鍋底についた焦げつきをテフロン加工ごと落とすような強さでこすっている。また、そのような彼女の料理音痴ぶりに際した久美子からは「どうやって自炊していたんだろう」というような呆れを寄越されている。(原作3巻、248〜250ページ、最終楽章後編、187〜188ページ、190ページ)
  • 趣味は買い物。とりわけ化粧品の収集に熱心で、さまざまな種類のブラシや口紅アイシャドウなどを巨大なメイクポーチに収めている。(最終楽章後編、73〜74ページ)
  • 帰省のたびに用いている彼女のキャリーケースには、長年使い込んでいるため表面にいくつもの擦り傷ができており、それらの傷を奇抜なイラストや文字列などのステッカーを貼りつけることで覆い隠している。(第二楽章後編、142〜143ページ、最終楽章後編、54ページ)

経歴

小学生時代〜高校生時代

黄前姉妹


小学生のときに金管バンドに入ってトロンボーンを始めた麻美子は、運動会や発表会などにおいてその腕前を披露し、母親の明子や妹の久美子たちを喜ばせている(原作1巻、204ページ、原作3巻、36〜38ページ、90ページ、TVアニメ版2期8話)。また、TVシリーズでは中学校に進学後も引き続き吹奏楽部に入部しており、中学3年生のころには金管バンドに入りたての久美子に対してマウスピースの鳴らし方といった初歩的な技術を教えている。(TVアニメ版1期1話、1期6話、2期8話)

しかしながら、中学受験(TVシリーズでは高校受験)を控えるようになると、麻美子は親の意向に従う形で勉強に専念し、トロンボーンをはじめとする自身のやりたいことを不本意ながら我慢して諦めることになる。それ以来、家と学校と予備校とをぐるぐると行き来するだけの生活を送ることになった彼女は、家族と一緒に食事をとる機会もほとんどなく、ただ志望校に受かるためだけの勉強漬けの日々を重ねている(原作1巻、204〜205ページ、原作3巻、46〜47ページ、140〜141ページ)。なお、この当時の彼女が通っていた高校は現在の久美子の通っている北宇治高校よりもずっと高い偏差値を誇っており、のちに高校2年生になった久美子の宿題を手伝った際には「このレベルだったら余裕に決まってんでしょ」と不敵に鼻を鳴らしている。(第二楽章後編、148ページ)


大学3年生時

くみまみ


大学受験の際に志望校に落ちた麻美子は、滑り止めとして受けた東京の大学に進学することになり、親からの仕送りを受けながらひとり暮らしを始めている(原作3巻、47ページ、73ページ)。京都の実家には夏休みなどの大きな休みのたびに帰省しているほか(原作2巻、129〜131ページ)、TVシリーズではそれ以外にもこまめに戻ってきている様子が登場している。

これまで親に勧められるまま「いい会社」に就職するために勉強を重ねてきた大学3年生の麻美子は、就職活動を控えたあるとき、現在の自分自身には勉強以外に何も取り柄がないことに気がつく。そこで彼女は、自分で責任を負うことを恐れるあまり親の言いなりになっていたこれまでの自身の生き方を悔いるとともに、「ここが最後の分かれ道なの」と大学を中退する形で美容師の専門学校へ入学することを決心している。(原作3巻、136〜142ページ、250〜251ページ)


そうして9月のある日に実家に戻ってきた麻美子は、両親を相手取って自身の将来への意志を訴えるとともに、これまで親の言いなりになるだけだった自身の過去を強く否定している。しかしながら、麻美子に対して高い学費と生活費を支払ってきた彼女の両親にとって、麻美子の訴えは単なる保身のためのわがままに過ぎないものであり、父親の黄前健太郎は麻美子に対して「最終的に親の言うことに従うことを選んだのはほかでもない自分自身」であることを鋭く指摘するとともに、本当に専門学校に入学する気なら学費も生活費もすべて自分で賄(まかな)うという厳しい条件とそれに対する覚悟を突きつけている。(原作3巻、142〜144ページ)


両親と揉めてから数日後、自身の将来への覚悟を決めた麻美子は、両親と和解するために自作の夕食をこしらえている。彼女はその準備を妹の久美子に手伝ってもらうなかで、久美子に対して「後悔しないように生きるべきだった」という自身の過去の否定や、そのような過去の失敗を踏まえた上での独り立ちの決心を口にしている。そして、ひとしきりの話を終えた麻美子は、その結びとして「アンタも、後悔のないようにしなさいよ」という自身の道を定めた者としての励ましを久美子に向けて贈っている。(原作3巻、248〜256ページ)


専門学校入学以降

独り立ちする覚悟のもとに両親と対話した麻美子は、大学を中退して美容師の専門学校に入学することを許され、翌年度から大阪にある同校で学ぶことになる(原作3巻、139ページ、276〜277ページ)。彼女はかねてからの約束どおり、学費も生活費もすべて自分でやりくりする自立した生活を始めており、これまで親からの仕送り金を引き出していた口座は解約し、生活費を稼ぐために塾講師や遊園地の受付といった短期バイトをかけ持ちするようになっている(最終楽章後編、74ページ、188ページ、TVアニメ版2期11話)。なお、稼いだバイト代については趣味と実用を兼ね備えたメイク道具などに費やされているため、貯金はいっぽうに貯まっていない。(最終楽章後編、73〜74ページ)


専門学校では、自身よりずっと若い高校生ぐらいの年頃の生徒に囲まれながら勉強しているものの、「自分で選んだことだし、あと、単純に自分の好きなことだから、いまのほうが受け入れられる」として、多忙な日々の生活のなかに充実した想いを実感している(第二楽章後編、145ページ、148ページ)。また、麻美子はなかば両親の反対を押し切るような形で自身の進路を決めてしまったことから、独り立ちをした当初は両親とはしばらく顔を合わせることはなかった。しかしながら、彼女と両親はそれぞれ少しずつ互いに歩み寄ろうとする姿勢を見せており、彼女が専門学校に入学して2年が経つころには、お土産をプレゼントしたり両親だけの時間を過ごすことを勧めるといった関わりを持つまでになっている。(最終楽章前編、315〜316ページ、最終楽章後編、55〜56ページ、187ページ、TVアニメ版3期7話)


主要キャラクターとの関係

黄前久美子

黄前姉妹


麻美子の5つ下の妹。現在は高校1年生。

麻美子は久美子のことを「アンタ」と呼んでおり、対する久美子は「お姉ちゃん」と呼んでいる。

麻美子が受験勉強に打ち込むようになる前までは、久美子のことを「かわいい妹」と見ており、とりわけTVシリーズでは中学3年生の麻美子が金管バンドに入りたての小学4年生の久美子の面倒を見る一幕が何度か登場している。しかしながら、麻美子が受験勉強を機にトロンボーンを辞めるようになると、彼女は親の期待に応えなければいけないというプレッシャーや、久美子ばかり好きなことやっていてズルいというような妬(ねた)みから、次第に「次に変なこと言ったら、アンタの口縫うからね」や「部活じゃ大学には行けないよ」などといった冷ややかな言葉をぶつけるようになる。(原作2巻、130ページ、原作3巻、47〜48ページ、91ページ、252ページ、TVアニメ版2期8話)


そのようなあからさまに久美子を下に見た言動や、勉強だけに専念するような生活を積み重ねた結果として、現在の久美子との関わりは過去のそれと比べるとひどく素っ気ないものになっており、互いに面と向かって話すことさえも躊躇(ためら)うようなぎこちない距離感のもとに過ごしている(第二楽章後編、146ページ)。麻美子が自身の将来を決めるために両親と対立するようになった当初についても、彼女はあれこれと厳しく詰問(きつもん)してくる久美子に対して「アンタには関係ない」「アンタに、私の気持ちなんてわかるわけない」というような拒絶を示すのみであった。(原作3巻、47〜48ページ、TVアニメ版2期7話、2期8話)

しかしながら、麻美子が自身の人生における選択の甘さに気がつき、自由を得るために責任を負う覚悟を決めるようになると、彼女は久美子の前でこれまでの自身の生き方からくる後悔や、それを乗り越えて新たな一歩を踏み出そうとする決意を面と向かって打ち明け、姉としての自負心の一端を垣間見せている。(原作3巻、250〜256ページ)


以降の麻美子は、久美子に対して本心を明かしたこともあって、再会のたびに昔のような遠慮のないやり取りを見せるようになっている。独り立ちをした翌年の夏に帰省した折には生意気な口をきく久美子に対してデコピンを見舞ったほか(第二楽章後編、143ページ、147〜148ページ)、そのさらに翌年には暇つぶしと美容師としての腕試しを兼ねて久美子の髪をアレンジしたり、将来の進路に悩む久美子のために彼女に合った学部をアドバイスしたりしている。(最終楽章後編、73〜75ページ、189〜190ページ)


あわせて、TVシリーズでは独り立ちを決めた直後の麻美子と久美子とのオリジナルシーンが追加されており、吹奏楽コンクール全国大会の本番当日には演奏を聴きにきた麻美子と彼女の姿を見つけた久美子がそれぞれ本心を伝え合ったほか、その後の初冬のある日には、麻美子は久美子宛てに直筆の手紙をしたためている。(TVアニメ版2期12話、2期13話)


塚本秀一

麻美子と昔から親しい間柄にある5つ下の男子高校生。

麻美子は秀一のことを「秀一」と呼んでおり、対する秀一は「麻美子さん」と呼んでいる。

麻美子が中学2年生のころに京都府に引っ越して以降、同じマンションに住んでいるよしみで家族ぐるみの付き合いがあり、彼とは互いに顔馴染みの間柄になっている(第二楽章後編、143ページ)。麻美子が大学に進学してからは顔を合わせる機会も減っており、久しぶりに顔を合わせた際には「背伸びたね。カッコイイよ。モテるでしょ?」といった他愛もない話を交えている。また、麻美子はその折に秀一から北宇治高校吹奏楽部の演奏を聴いてほしいと誘いを受けたり、かつての久美子が麻美子を目標に練習に打ち込んでいたことなどを語られており、そこから久美子に対して本心を明かそうとするきっかけを得ている。(TVアニメ版2期8話)


関連イラスト

私服姿

黄前麻美子(つぶやき)黄前麻美子

黄前麻美子その後の二人


中学生時代

黄前麻美子Hibike! Log

プリキュアポーズしてご満悦なロリ前さんセンシティブな作品


関連タグ

響け!ユーフォニアム

トロンボーン 女子大生

黄前久美子 - 5歳年下の妹。現在は素っ気ない間柄。

塚本秀一 - 久美子の幼馴染。麻美子とは昔から面識がある。

黄前明子 - 麻美子と久美子の母親。

黄前健太郎 - 麻美子と久美子の父親。


斎藤葵 - 久美子と昔からの顔馴染みである女子生徒。『響け!ユーフォニアム2』BD&DVD第5巻所収の特典イラストにおいて中学生時代の麻美子の演奏を聴いている。


外部リンク

関連記事

親記事

響け!ユーフォニアム ひびけゆーふぉにあむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 452339

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました