ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

演:チャールズ・メシャック

声:池田勝屋良有作版)、田原アルノ玄田哲章版)


映画『コマンドー』の登場人物で、主人公ジョン・メイトリックスの敵であるアリアス一味の一人で、中南米系の黒人男性。

身長だけならメイトリックスを上回る大男である。

サリーとは戦友同士だったらしく、元軍人ということが解る。メイトリックスの監視役を任された事からもアリアス一味の中でも腕は立つ方だったのだろう。


バル・ベルデ共和国大統領の暗殺を強要されたメイトリックスが道中で逃走しないよう、バル・ベルデまでの飛行機での移動に同行する監視役が彼の任務であったが、愛娘のジェニーを人質に取られているというのに、従順になるどころか不敵な態度を取り続けるメイトリックスに苛立つ。さらには搭乗した飛行機のキャビンアテンダントに「手荷物はございますか?」と尋ねられた際に、そこいらの鞄か何かでも指すかのごとく、エンリケスを指差して「いや、これだけだ」と露骨に小馬鹿にするメイトリックスに怒り、「今度余計なことを言うと口を縫い合わすぞ!」と凄んでみせる。


しかし、飛行機が離陸してしまえばもう逃げられまいと油断したのが運の尽き。

席に座って雑誌を読もうとした一瞬の隙を突かれ、メイトリックスの肘打ちを顔面に食らい、続けざまに頚椎をへし折られ、エンリケスは即死してしまう(ちなみに、エンリケスは愚かにもとっさの回避行動がとりづらく、何かあっても周囲に気づかれにくい窓際の席に自分から座る失態をやってしまっており、彼の油断と慢心がうかがえる)。


そののちメイトリックスは死体に帽子と毛布をかぶせて眠っているように見せかけた上で、CAに「連れを起こさないでくれ、死ぬほど疲れてると言い残し、離陸を始めた飛行機の尾輪格納室から飛び降りるという離れ業で機内から脱出、ジェニー奪回のため行動を開始した。


そして離陸から11時間後…バル・ベルデの空港に迎えに来た一味の仲間の男たちが、担架に乗せられて運び出されるエンリケスの死体を発見したときには、メイトリックスはすでに第三次大戦をおっ始めていたのである!



余談

2017年8月に開催された同人誌即売会であるC92にて、なんと彼のコスプレをする猛者が現れた。


関連タグ

コマンドー

ジョン・メイトリックス ベネット

これ こいつ

関連記事

親記事

コマンドー こまんどー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162992

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました