2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スヌーピーとは、世界一有名なビーグルである。

スヌーピー



概要

チャールズ・シュルツ作の漫画・ピーナッツに登場するキャラクター。
白い毛並みに黒耳(背中にも黒い斑がある)、赤い首輪が特徴。
犬でありながらタイプライターで小説を書いたり(ただし応募・売り込みしても採用された事は無く、その都度出版社から不採用の返事が届いている)犬小屋を飛行機にしてパイロットになったり車の運転から楽器の演奏にいたるまでなんでもこなしてしまう超スーパードッグ。
ライナスの毛布を加えて引っ張り回したり、背後に忍び寄って吠えて脅かすなど悪戯も大好きで、たびたび飼い主のチャーリー・ブラウンを困らせている。
趣味は寝る事と食べる事で、専用の赤いご飯皿を持って催促に行く。たまに夜中に急に食べたいものがあったときは、家のドアを蹴って合図をする。なお、チャーリー・ブラウンはその蹴り方で何が食べたいのか理解できるらしい。
チャーリー・ブラウンの事はスヌーピーにとって「自分にご飯をくれる丸顔の子」というレベルの認知しかないが、一緒のベッドで寝ている描写もあるため、何やかんやで信頼関係は良好と言える。

出身地

デイジーヒル子犬園という施設で血を分けた兄弟達と一緒に生まれ育つ。
成長した兄弟と懐かしの故郷に帰ってくるも、土地が駐車場に建て変わっていたというほろ苦い経験をしている。

実は最初からチャーリー・ブラウンに飼われていた訳ではなく、仔犬の頃はライラという女の子と一緒に暮らしていた。ところが住んでいた高層マンションの条約改正により犬の飼育が禁止になったため (コミックでは引っ越し先がペット禁止だった) 泣く泣く仔犬園に戻される事になってしまった。
スヌーピーはライラの事も飼い主として大事に思っており、彼女が入院したと聞いた際は真っ先にお見舞いに向かっている。

数多の役職

フライング・エース(第一次大戦の撃墜王。犬小屋を愛機ソッピーズ・キャメルに見立てている)
世界的に有名な小説家(『暗い嵐の夜だった…』のフレーズから始まる)

余談

彼くらい賢い犬キャラにめいけんチーズが挙げられる。
両犬ともスポーツ万能、人間ともコミュニケーションがとれる。
ただ、スヌーピーがタイプライターで文字が打てるのに対してチーズは車の修理ができる(人間でも車の修理ができないのも大半いるのは勿論)。
理系と文系に甲乙がつけられないので、彼らはいいライバルになれそう!?

関連タグ

ピーナッツ チャーリー・ブラウン でつ

関連記事

親記事

ピーナッツ ぴーなっつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スヌーピー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スヌーピー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2348750

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました