2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. アクション映画『コマンドー』の登場人物。
  2. コスタリカの第43代・48代大統領。

ここでは両者を説明する。

1.のアリアス大統領


演:ダン・ヘダヤ
声:小林勝彦(テレビ朝日版) / 千葉耕市(TBS版) / 大塚芳忠(完全版)

かつて南米バル・ベルデ共和国で独裁政治の下、多くの罪なき人々を拷問で死に追いやった、ジョン・メイトリックス曰く「ゲス野郎」の元大統領。メイトリックスらコマンドー部隊の手助けによるクーデターで失脚、国外逃亡したものの復権の機会を窺っていた。
それなりに支持者はいるらしく、アジトの島には相当数の武装兵士が控えている。アリアスは「彼らは皆、愛国者だ」と誇ってはいるが、百戦錬磨のベネットに言わせればカカシ同然の素人の寄せ集め」らしい。

メイトリックスがベラスケス現大統領に信頼されていることを利用し、娘のジェニーを拉致して人質に取り、ベラスケスの暗殺を迫る。作戦の成功は疑っていなかったようで、かかってきた電話に「はい…アリアス大統領だ」と、既に復位したかのように答えた。

ところが電話の内容は、バル・ベルデに到着した飛行機にメイトリックスが乗っておらず、彼の見張り担当だったエンリケスが飛行機内で首の骨をへし折られた死体となって発見されたという報告だった。
そして程なく、アリアスの耳には爆発や銃撃の音が聞こえてきた。メイトリックスは離陸直前に隙を突いてエンリケスを倒した上で、旅客機から飛び降りて脱出しており、幹部級手下のサリークックらを次々と始末しながら、アリアスのアジトのある島を突き止めて襲撃してきたのである。

「愛国者」の部下達はメイトリックス一人の前にあっという間に壊滅。慌てふためいたアリアスは、ステアーAUGを片手に物陰に隠れながら戦ったが、メイトリックスの相手になるはずがなく、ショットガンの銃撃に倒れ、その野望は呆気なく潰えた。

アリアス大統領語録(テレビ朝日版)

  • 私を覚えているかね、大佐
  • もし裏切っておかしな真似をすれば、娘のバラバラ死体が届くぞ
  • ベネット君、私の兵士は皆、愛国者だ
  • ベネット、君は私を…脅しているのか?
  • 怖がっているのは…私ではなく君じゃないのか、ベネット?君こそメイトリックスを恐れているんだ
  • はい…アリアス大統領だ
  • 飛行機には乗っていなかった…娘を殺れ

2.のアリアス大統領

1940年生まれ。フルネームはオスカル・アリアス・サンチェス
ラテンアメリカの国家元首として初めてノーベル賞を受賞し、アルベルト・シュバイツァー人道賞の受賞者である。
これまでに2度大統領に就任しており(第1期1986~1990年、第2期2006~2010年)、2期目在任中に新型インフルエンザに感染している。

関連タグ

コマンドー バル・ベルデ

関連記事

親記事

コマンドー こまんどー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アリアス大統領」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2090

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました