2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:ヴァーノン・ウェルズ 
声:石田太郎玄田哲章版)、青野武屋良有作版)、若本規夫(完全版)

概要

洋画『コマンドー』に登場する悪役。
元は主人公・ジョン・メイトリックスの部下であったが、「楽しんで人を殺した」ため隊を追い出され、さらに彼らコマンドー部隊の活躍でバル・ベルデ大統領に就任したベラスケス大統領からは国外追放されている。その過去からメイトリックスを非常に恨んでおり、復讐の機会を長年窺っていた。当時の階級は大尉

映画冒頭部分でクックに船もろとも爆破されるが実はトリックで、カービー将軍を動かして、隠棲するメイトリックスの家に案内させるのが目的だった。
メイトリックスの住む山荘を部下と共に襲撃したベネットは、メイトリックスの娘であるジェニーを人質に、ベラスケス大統領を暗殺するようメイトリックスに迫った。ベネットは、黒幕である元バル・ベルデ大統領のアリアスと繋がっていたのである。なお、この仕事の報酬としてベネットは10万ドルPONと貰っている(原語版、及び屋良版では当初は10万ドルで依頼されたが、メイトリックスが絡んでいると聞いた瞬間タダでいいと返答していた。玄田版と完全版は上記の通り)。

中盤以降はアリアスの本拠地であるサンタ・バーバラ沖の孤島でメイトリックスを待ち受けていた。その際にアリアス配下の兵士(アリアス曰く「愛国者」)を「口だけは達者なトーシロただのカカシですな、「俺達なら瞬きする間に皆殺しに出来る」と酷評している。一方で「君こそメイトリックスを恐れているんだ」との問いには「もちろんです。プロですから」と答え、彼我の実力をしっかりと理解していた。


終盤、いざメイトリックスが上陸して派手に暴れ回る中、逃げたジェニーを追いかけボイラー室でメイトリックスと対峙。彼の利き腕を銃撃し負傷させ、更にジェニーを人質に取って圧倒的優位に立つ。

しかしベネットの性格を熟知するメイトリックスは「銃なんか捨ててかかって来い! 楽に殺しちゃつまらんだろう。ナイフを突き立て、俺が苦しみもがいて死んでいく様を見るのが望みだったんだろう?」と挑発。

自分の方が強いんだというプライド、言われた通りナイフを突き立て残忍に殺したいという欲求、しかしメイトリックスの力を知っているが故の恐怖など、様々な感情が彼の中で渦巻く。
そこにメイトリックスが駄目押しとばかりに「怖いのか?」と発言。半ばパニックになったベネットは泣き笑いのような顔になりながら、遂にメイトリックスの挑発に乗ってしまった。


「ガキにはもう用はねぇ! ハジキも必要ねぇや。誰がテメェなんか! テメェなんか怖かねぇ!」と言い放ち、「プロですから」との発言はどこへやら、人質も拳銃も捨て、すさまじい顔芸を披露しつつ「野郎ぶっ殺してやぁぁるぁぁ!」と叫びながらナイフでの一騎打ちに臨む。

こいよベネット


この時の顔芸、もといヴァーノン・ウェルズ氏の名演技が特に有名であり、殺意に満ちた発言とは裏腹に、メイトリックスへの恐れが明確に顔に表れているのが分かる。

鉄パイプなどの攻撃でダメージを与え、感電しても死ぬどころか逆にパワーアップしたり(『コラテラル・ダメージ』の黒幕の片割れや『ゴールドフィンガー』の山高帽の怪力男なんてソレで死んでるのに)と高い戦闘能力を見せ付けるも、「ふざけやがって!!」と逆上したメイトリックスの怒りのラッシュに圧倒される。

形勢不利に陥ったベネットは「ボールを吹っ飛ばしてやる」と先程までのプライドをかなぐり捨ててUZIピストルを使おうとしたが、投げつけられた鉄パイプで胴体を貫かれ、そのまま後方の蒸気を送るパイプにも串刺しにされ、蒸気抜きする形でその生涯を終えた。

吹き替え

巷ではテレビ朝日版がよく知られているが(通称石田版)、テレビ初公開となったTBSでの吹き替え版もある(通称青野版)。
テレビ朝日版に比べて和訳やスラングがややぎこちないものの、メイトリックスの挑発に乗った時のベネットの台詞などは石田版にも引けを取らない出来であり、こちらはこちらで中々いいものである。

「俺が勝つんだ。子供なんているか! ハハハハ、子供なんているかーい! へへへへへ、銃も必要ねぇぜ……。俺が勝つんだ。アハ、アハ、アハ! こんな銃なんかいらねぇやぁ!! 貴様を殺してやらああああああ!!」

ちなみに2015年に発売された完全版では、若本規夫が演じている。
【『コマンドー』製作30周年記念】若本規夫メッセージ


【『コマンドー』製作30周年記念】ベネット役 ヴァーノン・ウェルズ 日本のファンへのメッセージ


余談

「ベネット」だけで検索すると骨粗鬆症の治療薬である「ベネット錠」やアメリカの女優が出てくるのに対し、画像検索するとコマンドーのベネットばかりが引っかかる。(最近は原神にて同名のキャラが登場したためそちらの方が多くなっている。)もちろん、例の顔芸のシーンが多数を占めている。

本作と同じくシュワルツェネッガー主演映画「トータル・リコール」で、裏切り者ベニーの土手っ腹にドリルをブチ込むシーンで、吹き替えが「行くぞベニー!!」になっている版があり、本作の「来いよベネット!」を意識してるのかもしれない。

また、「10万ドルポンとくれたぜ」「ポン」の部分があまりに石田氏の発音が上手すぎたゆえとても人の発音には聞こえず、どう聞いてもコルク栓か何かを抜いた音にしか聞こえない。


また、PONの気持ち良さから案の定さまざまな動画の素材にされ(あまりにさまざまな動画で使用されすぎて、ベネットを知らない人にはフリー素材にしか聞こえないだろう)、ニコニコでは上記のシーンになると「ポン」「ポ☆ン」「PON」「PON☆」「P☆O☆N」などと弾幕が流れるのがお約束になっている。

関連項目

コマンドー ジョン・メイトリックス アリアス大統領 クック ディアス  サリー 
やろう、ぶっころしてやる

関連記事

親記事

コマンドー こまんどー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228582

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました