2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

オスマン帝国

おすまんていこく

1299年から1922年まで存在したトルコ系民族のイスラム教帝国。15世紀中頃に東ローマ帝国を滅亡させ、16世紀にその繁栄の最盛期を迎えた。
目次[非表示]

概要

小アジア(アナトリア)に起こったトルコ系民族のイスラム教に基づく国家勢力。オスマン朝ともいう。

【成立から絶頂期】

 1299年にオスマン・ベイ(オスマン・ガーズィー)によって建てられた。当初はオスマン率いられた小グループのイスラム戦士(ガーズィー)団に過ぎなかったが、1326年にブルサを首都とし、さらに14世紀後半にイルハン朝が滅亡すると君侯たちが群雄割拠状態のアナトリア西北部で徐々に勢力を拡大した。

 やがて、ニカエア、ニコメディアなどのビザンツ帝国の要塞都市を陥落、第2代オルハンは1354年バルカン半島に進出。1361年にはエディルネ(アドリアノープル)を攻略して首都とした。バルカン半島での戦争で領土を広げ、その余勢を駆ってアナトリア側にも進出を強めてビザンツ帝国を包囲する状況となった。

 1402年に中央アジアティムールに敗れて滅亡しかけたが、辛くも存続し勢力を盛り返した。1453年に第7代メフメト2世によってビザンツ帝国を滅亡させ、古代以来のローマ帝国に引導を渡した。

 陥落後、オスマンのスルタン(君主)、メフメト2世は首都を旧ビザンツ帝国の首都コンスタンチノープル(イスタンブール)へ遷し、ルーム・カイサル=ローマカエサル(=ローマ皇帝)を名乗りヨーロッパへの侵略を始める。

 オスマン帝国はイスラム教世界史上向かうところ敵なしの独裁国家であり、最盛期にはオーストリア中央アジアアフリカ、東欧ヨーロッパロシア地方の白人の多くが奴隷にされた。とはいえ、征服民に対する支配はいわゆる「柔らかな専制」、すなわちイスラーム教優位は前提としても比較的緩やかだったことで知られている。

 第9代セリム1世がマムルーク朝を滅ぼしてシリアエジプトを獲得し、その子第10代スレイマン1世の時代にはアルジェリアまでの地中海南岸、ヨーロッパではハンガリー王国を打ち破って第1次ウィーン包囲を行い、ハンガリー以南の東ヨーロッパは完全にオスマン帝国の領土となった。スレイマン2世の目標として語られるのは『青い林檎の国(イタリアのこと)まで取れ』。という有名な言葉を残した。

 最盛期は東ヨーロッパの南部、北アフリカの地中海沿岸地域、アラビア半島を版図に収める、かつてのローマ帝国に匹敵しする領土をおさめ隆盛を極めた。地中海はオスマン帝国の管理下に収まった。ヨーロッパの人々からすると、オスマン帝国は自らの文明の母体と自認する「キリスト教徒」のローマ帝国を滅ぼしたうえに、よりにもよって神聖ローマ帝国にほど近い中欧のキリスト教諸国と、イタリアまで一衣帯水たるギリシャの地の大半を制圧したことは大きな脅威、と認識された。なお、18世紀以降ギリシャ文明が「われわれの文明の原点」とみなされるに従いこちらの意味でも、オスマン帝国は「問題」とヨーロッパ諸国に認識されるようになっていく。

【衰退へ】

スレイマン1世以降、宮廷の内紛が絶えず徐々に国力は停滞して行ったが、クリム・ハン国など南ロシア方面のジョチ・ウルスの余裔勢力などへも影響力を残し、18世紀を通じてなおも西ユーラシアの大国として君臨し続けた。18世紀後半から19世紀にかけてロシア帝国黒海進出やナポレオン戦争によってエジプトが占領されるなど、ヨーロッパ諸国からの攻勢に耐え切れず衰退の色が濃くなって行った。19世紀半ばにはヨーロッパの諸制度をもとにした軍事技術の近代化をはかるが、領内各地の民族運動の多発に対処し切れず、ヨーロッパの支援を受けたギリシアなどに独立されてしまう。

自治権をあたえたエジプトは19世紀末には逆にイギリスの植民地状態となり、クリミアなどの黒海北辺もロシアとのクリミア/露土戦争で喪失してしまう。
20世紀に入り第一次世界大戦で敗北、パレスチナなどの領土を喪失した上に莫大な賠償金請求で国家は疲弊。ビザンツ帝国の滅亡以来失われた領土を取り返すべくギリシャ軍がイズミルに侵入し、首都イスタンブールも連合国に占領される等滅亡の危機に至った。

ここにムスタファ・ケマル(アタチュルク)が国民会議派の軍率いてアナトリア中央部のアンカラ(現首都)で蜂起、ギリシアやフランスなどのアナトリア内外に進駐していた連合軍を撃退し現在の国境線を確保。そしてスルタンを退位させてトルコ共和国を成立。ここに600年余り続いたオスマン帝国は滅亡し、現在のトルコとなった。

君主の称号

異教徒への掠奪や遠征を行うことを、アラビア語ではガズワ(ghazwa)とかガズウ(ghazw)と称し、これらのイスラム教的な対外遠征に従事する戦士達をガーズィー(ghāzī)と呼んだ。オスマン君侯国は13世紀末に誕生したビザンツ帝国の領域に最も近い君侯国のひとつで、これらビザンツ帝国とイスラム勢力の境界地域に集まったトルコマン系のガーズィー戦士集団を母体としたものだったと考えられている。オスマン帝国の君主は初代のオスマン・ベイがオスマン・ガーズィーと呼んで以来「X(名前)・ガーズィー」という称号も帯びた。

14世紀前半にルーム・セルジューク朝やイルハン朝が滅亡すると、オスマン家の君主は第3代君主ムラト1世の頃から徐々に「ガーズィー」以外に「ハン」や「スルタン」といった、「ベイ」を凌ぐ地位のテュルク・モンゴル系やイスラム的な君主の称号を用いるようになった。さらには「パーディシャー」といったイラン(ペルシア)的な君主の称号も用いるようになる。

その他

イスラム教に改宗させたキリスト教徒を中心に編成された親衛団(イェニチェリ)で有名。

実は日本の戦艦である金剛型のベースは、オスマン帝国がイギリスに発注していた「レシャド5世」(のちイギリスに接収され「エリン」)がベースであった。また、「金剛」という艦名からしてみれば、先代のコルベット艦がエルトゥールル号遭難事件の生存者を送り届けた、という奇妙な縁があったりする。そのとき、金剛に同行した同型艦は「比叡」であった。

この、エルトゥールル号遭難事件は、イラン・イラク戦争時にイランに取り残された日本人をトルコが救った際に「エルトゥールル号の恩を返させていただきます」といわれたほどに日本とトルコの友好の証として今でも語り継がれている。

オスマン帝国国歌

  • Ottoman Empire Anthem (1876)(1299-1922) オスマン帝国(1876)(1299-1922)
イェ二チェリ軍団の音楽

関連タグ

トルコ ギリシャ ブルガリア アルバニア マケドニア セルビア モンテネグロ クロアチア スロベニア ボスニア=ヘルツェゴビナ ルーマニア モルドバ アゼルバイジャン グルジア アルメニア
サウジアラビア レバノン パレスチナイスラエルヨルダン イラク クウェート シリア イエメン バーレーン カタール エジプト リビア チュニジア アルジェリア

関連記事

親記事

トルコ とるこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オスマン帝国」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「オスマン帝国」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193503

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました