ピクシブ百科事典

エルトゥールル号遭難事件

えるとぅーるるごうそうなんじけん

明治時代に、トルコ軍艦エルトゥールル号が遭難した事件である。
目次[非表示]

事故概要

1889年7月14日、当時のオスマン帝国海軍の軍艦エルトゥールル号は、明治天皇に謁見するため、提督以下650人の使節団を乗せイスタンブールを発ち、翌年6月横浜港に到着。天皇へ親書を渡し終えた後9月15日に横浜港を出港し、帰国の途へ向かっていた。ところが、翌16日夜和歌山県串本沖を航行中、台風に遭い座礁。650人の内提督を含む587人が死亡するという大惨事になった。

嵐の中の救出劇

事故後、生存者が崖をよじ登って近くの樫野崎灯台に駆け込み灯台守に助けを求めたが互いの言葉がわからない為、国際信号旗を介して灯台守は生存者がエルトゥールル号の乗員である事、そして艦に起きた事態を把握した。灯台守の知らせを受けた近くの大島村の住民たちは、暴風雨の中総出で救助活動と介抱を行い、村の学校や寺に運び乗組員達に着物を着せたり、残り僅かだった自分達の食料を与えるなど献身的に看病し、結果69人が生還した。翌朝、事故の知らせを聞いた大島村の村長は神戸の外国公館に乗組員を神戸の病院に搬送する手配を要請。合わせて、和歌山県を通じて日本政府に連絡。これを聞いた明治天皇は心を痛め、政府として可能な限りの援助を行うよう指示した。また、新聞各紙が大々的に報じ、全国から弔慰金や義捐金が送られた。

帰還・その後

助かった69人は一旦東京へ向かい、事故から20日後の10月5日にコルベット艦「比叡」と「金剛」(艦これのモデルになった「戦艦」の先代)に乗り帰国。翌年1月2日イスタンブールに到着した。事故はオスマン帝国本国でも大きく取り上げられ、救助に全力を尽くした大島村民と日本政府に対して、オスマン国民は感謝と共に遠い日本に対し好印象を抱くようになり、これがトルコ親日国となったきっかけといわれ、後にトルコ国民の間で語り継がれるようになった。しかし、日本人で事故のことを知る者は地元の串本町民以外殆どおらず、長らく公に出ることは少なかった。しかし、21世紀に入って事故の話が後述の逸話とともにインターネット上で紹介されるようになり、特に2002年の日韓FIFAワールドカップでのトルコ代表の活躍と共に世間に知られるようになった。

95年越しの恩返し

事故から95年後の1985年、イラン・イラク戦争が勃発。この時、当時のサダム・フセインイラク大統領は「48時間後にイラン領空にいる外国機を無差別攻撃する」と宣言。各国政府はイランにいる自国民救出のため飛行機を首都テヘランに派遣させた。しかし、日本政府は自衛隊機を派遣出来なかった(当時自衛隊機の海外派遣は原則出来なかった)うえ、日本航空も安全が担保出来ないとして、臨時便を出さず、テヘランにいた日本人215人が孤立する事態になった。これに対し、在イランの日本大使はトルコ大使に窮状を訴えたところ、「私たちはエルトゥールル号の時の恩を知っています。今こそ恩返しさせていただきます」と言ってこれを快諾。トルコ政府の要請を受けたトルコ航空機によって215人全員が無事脱出し、トルコ経由で日本に帰国した。この時、飛行機がイラン領空を脱出したのは攻撃数時間前という間一髪のところだった。

余談

  • 事故後、串本町には犠牲者を悼む慰霊碑が建てられ、5年に一度町と在日トルコ大使館合同の慰霊祭が行われ、2008年には初めて大統領が参加した。
  • 現在は法改正により、外国で有事が発生し在留邦人を国外脱出する場合が発生した場合は、在外公館から相手国の許可を取った上で政府専用機や護衛艦を派遣することが出来る。


映画『海難1890』

この事件を題材にした日本トルコの友好125周年記念して制作された合作映画であり、2015年12月5日に公開されている。

予告編


関連タグ

日本 トルコ 海軍
大日本帝国海軍/日本海軍
金剛 比叡

pixivに投稿された作品 pixivで「エルトゥールル号遭難事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23800

コメント