ピクシブ百科事典

ドレッドノート

どれっどのーと

イギリス海軍の伝統ある艦名の一つ。多くの派生を持つ。
目次[非表示]

ドレッドノートdreadnought)とは、「恐れ知らず」を意味する英単語。

概要

イギリス海軍では伝統ある艦名の一つ。特に「ド級戦艦」・「超弩級」と言った言葉のもととなった戦艦ドレッドノートが有名。また、イギリス初の原子力潜水艦にもこの名前が与えられている。

ドレッドノートを冠したもろもろのもの



戦艦ドレッドノート

1906年竣工。
当時のイギリス第一海軍卿ジョン・アーバスノット・フィッシャー提督が、軍艦設計委員会を指導して建造させた超兵器の一つ。

この艦の最大の特色は、主砲による打撃力を徹底的に強化したことにある。従来の戦艦に搭載されていた中間砲を全廃して5基の30.5cm連装砲塔を配置し(前級ロード・ネルソン級は2基)、両舷に振り向けられるよう艦の中心線へ配置する主砲塔を増やし、艦橋から統一して照準することで命中率を飛躍的に向上させた。
速力も前級のレシプロ蒸気機関による18ノットに対し、小型軽量大出力な蒸気タービン採用により21ノットと優速である。
これらにより「相手の射程外から攻撃出来る長射程攻撃力と相手の射程外に逃げ切る速力」を持つ事になり、従来の基準の戦艦相手なら「常に相手の射程外から一方的に攻撃する位置に付く事が可能」な能力を持つ戦艦となった。
戦艦を「ドレッドノート以前」とドレッドノート以後に分けてしまった画期的存在であった。

従来、斬新な新技術の導入は輸出艦で実験を行い、成功を見た後それを踏襲するのがイギリス海軍のやり方であったが、このドレッドノートに関してはドイツ海軍を突き放すため、自国艦を優先したのである。

イギリス海軍の凄いところは、これをわずか1年の超特急で完成してしまったことにある。ドレッドノート級につながる概念はすでに提示されていたので、たとえイギリス海軍がやらなくともド級時代が来るのは時間の問題であったろう。現にアメリカ合衆国ではサウスカロライナ級の建造が同時並行で進んでいた。こちらは1910年竣工と完成が遅れたが、口径を統一した主砲を背負い式(2つの砲塔を前後に高さを変えて配置する、いわゆる「ミシガン式配置」)で艦首と艦尾に配置するという点でドレッドノートに勝っており、ドレッドノート以降の各国の戦艦建造ではこちらが採用された。

ドレッドノートの建造に伴い世界的な建艦競争はさらに激化し、ドレッドノートを上回る超弩級戦艦の出現で戦艦・巡洋戦艦の建造及び運用コストも増大して各国の国家財政を圧迫する深刻な軍拡競争の発端となった(後のワシントン海軍軍縮条約締結に至る)。

ドレッドノートは長距離砲戦に特化した設計であるため前弩級戦艦についていた体当たり用の衝角は設計から外されたが、ドイツ潜水艦にぶつかって撃沈した(戦艦が潜水艦を沈没させた空前絶後の例)というお茶目なエピソードを持つ。一番最初のド級戦艦だけあって陳腐化も早く、建造後10年も経たない第一次世界大戦でもう旧式扱いされ、ユトランド沖海戦にも参加せず、終戦1年後の1919年に退役した。戦果は上記のUボート一隻撃沈のみという寂しい結果に終わった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドレッドノート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 436392

コメント