ピクシブ百科事典

原子力潜水艦

げんしりょくせんすいかん

原子力潜水艦とは、名前の通り原子炉を動力源とする潜水艦のことである。原潜と略称される。
目次[非表示]

概要

原子力潜水艦は潜水艦の動力源に原子炉を用いた物を指す。
対となるのがディーゼル機関による通常動力潜水艦であり、両者とも外見的には同様だが、中身が大きく異なっている。
当然、原子力を扱う故に原子力技術を持つ国のみしか保有しておらず2013年現在、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、インドの6ヶ国のみが保有している。
また、インド以外の5カ国は戦略ミサイル原子力潜水艦も保有している。
その動力源が原子炉である為、酸素を使わずに莫大なエネルギーを長期に渡って得ることが可能であり、その分通常動力型よりも速いスピードを出すことが可能になっている。燃料補給は数年~数十年に一度で済む上、点検も通常動力型より少なく済む。また、酸素を海水の電気分解から得ることが可能であり、通常動力潜水艦では成し得ない長期間の連続潜水が可能になっている。(しかし、中の人間、食料などはそうはいかないので最長でも約2ヶ月が目安になっているという)
大きく分けて

  • 水蒸気により蒸気タービンを作動させ、それによりスクリューを回転させるタイプ
  • 水蒸気により駆動したタービンで発電し、その電力を電動機に供給してスクリューを回転させるタイプ
と2タイプ存在するが、後者のタイプは今はあまり多くみられないタイプになっている。

主な弱点としては騒音が通常動力潜水艦よりも大きく、潜水艦の命ともいえる隠密性が大きく削がれてしまうこと、メルトダウンや放射能漏れの危険が存在する事などが挙げられる。

歴史

1940年代にはすでにナチス・ドイツや大日本帝国海軍などでも次世代エネルギーとして原子力が注目され、それを搭載した潜水艦についての構想が考えられていたという。
その後、アメリカ海軍内で研究が推し進められ、1954年に世界初の原子力潜水艦「ノーチラス」が完成した。このノーチラス号は世界で初めて北極の下を潜航して横断したことで有名である。
その後、戦略ミサイル原潜も開発され、冷戦時代から現代に至るまで世界中の各海域に潜航し報復用ミサイルが世界中、どこへでも発射出来る体制になっているという。

有名な原潜

アメリカ

攻撃型原子力潜水艦。原子力潜水艦の中で運用・配備数・建造機関が最多・最長。 改同型艦を含めると62隻である。現在では順次退役しているものの後継のバージニア級原子力潜水艦の配備が進む2015年までは主力艦として保持される予定。

  • オハイオ級原子力潜水艦
戦略ミサイル原潜。その巨体は現在存在する潜水艦の中で最大クラスであり、搭載可能ミサイル数も世界最多。

  • シーウルフ級原子力潜水艦
世界最強の原潜を目指して開発された攻撃型原潜。実際、世界最強クラスのスペックを得たがアメリカ海軍が泣きつくほどのコストと冷戦の終結によって活躍が薄れてしまったため、最初の1隻とつなぎの2隻、計3隻のみ建造、運用された。

ロシア(ソ連)

  • タイフーン級原子力潜水艦 ソ連の戦略ミサイル原潜で世界最大の原潜。ミサイル発射管を20門も備えるなど、桁外れの潜水艦だったが、維持費の方も桁違いでロシア海軍も頭を痛めたという。


  • アルファ級原子力潜水艦
ソ連の攻撃型原潜。当時あった水中高速迎撃艦構想を具現化した潜水艦で他の追随を許さないほどの高速を誇り、世界最速の攻撃型原潜として名を轟かせていた。(水中速度40nt/h(時速74.08km/h)以上を記録している)

イギリス

  • チャーチル級原子力潜水艦コンカラー フォークランド紛争において戦闘艦と交戦して魚雷で撃沈するという戦果を上げた。


日本の原潜保有

現在、日本は原子力潜水艦を保有しておらず、また保有する計画もない。

維持コストがかかりすぎることも一因であるが、原子力潜水艦が海上自衛隊のドクトリンに適合しない(要は現在の日本では原潜の使い道が無い)からである。本来、原潜が得意とするのは(長大な航続距離と深々度潜航、潜航時間を活かした)敵艦攻撃や巡航ミサイル発射といった、外洋における攻撃的な任務であり、沿岸哨戒には通常動力型の方が向いている。

関連タグ

潜水艦 海軍 沈黙の艦隊 冷戦
MUTO…映画『GODZILLA-ゴジラ-』に登場した怪獣。劇中ロシアのアクラ級原子力潜水艦を襲撃し、放射性物質を捕食していた。

pixivに投稿された作品 pixivで「原子力潜水艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33429

コメント