ピクシブ百科事典

弾道ミサイル

だんどうみさいる

弾道(放物線)で飛翔するミサイルのこと
目次[非表示]

概要

その名の通り弾道、放物線で飛ぶミサイルを指す。英名はBallistic missile。

航空機や対空兵器では対応不可能な高度、速度を達成するために誕生した兵器。ロケット燃料で思いっきり高く、高速で打ち上げ、弾体を標的に到達させる。

射程によってほとんど別物のように扱われているので一概には言えないが、弾頭に対してミサイル全体のサイズが巨大というのは共通するデメリット。弾体を打ち上げるにはかなりの燃料が必要で、その燃料を上昇させるためにまた燃料が必要になり、膨らんだ空気抵抗に対応してまた燃料が……という具合にミサイルが膨れ上がってしまう。
そのため他の手段と比べると重量効率はいまいちで、単純な戦果と費用で比べた場合のコスパもよろしくない。迎撃されにくいことは大きなメリットであるが、事情が許すなら他の手段を使った方がいい。

分類と特徴

戦術弾道ミサイル

Tactical ballistic missile
射程300km以下。弾道ミサイルとしては一番射程が短いグループで、「戦術」の名の通り前線指揮官の一存で、砲爆撃支援感覚で使うことができる。
しかしながら、このクラスで既に一発1t以上と重量級。

短距離弾道ミサイル SRBM

Short-Range Ballistic Missile
射程500km~1000km程度。国家間攻撃が視野に入り、戦略兵器として認識される射程。
有名なスカッドはこのクラス。
ここまでは空力的な終誘導が可能なので精度を高めやすく、お値段もお手頃。

準中距離弾道ミサイル MRBM

Medium-Range Ballistic Missile
射程1000km~3,500km。
マッハ二桁が見えてくる。このぐらいになると突入段階の誘導は難しく、費用対効果的にも核の使用が前提になってくる。打ち上げ過程や弾体形状にも段違いの精度が求められるのでお値段もけた違い。

中距離弾道ミサイル IRBM

Intermediate-Range Ballistic Missile
射程3,000~5,500km
アメリカソ連が直接投げ合うには少し足りないが、ヨーロッパ同士で投げ合って第三次世界大戦をする分には事足りる程度の射程を持つミサイル。

大陸間弾道ミサイル ICBM

射程5,500km以上。
米ソが直接殺し合って世界を終わらせるためのミサイル。個別記事参照。

潜水艦発射弾道ミサイル SLBM

Submarine-Launched Ballistic Missile
射程はせいぜいSRBM、MRBMクラスにとどまるが、その隠密性から敵国沿岸にひょっこり現れてミサイルを発射できるので短射程は問題にならない。
仮にICBMの第一波で本国が壊滅しても、潜水艦が生きていれば報復ができる。死なばもろともを全力で目指す狂気の産物であり、この兵器の誕生によって相互確証破壊は完成した。

pixivに投稿された作品 pixivで「弾道ミサイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12752

コメント