ピクシブ百科事典

シーウルフ級原子力潜水艦

しーうるふくらすにゅーくりあぱわーどさぶまりん

シーウルフ級原子力潜水艦は、アメリカ海軍の原潜の艦級。
目次[非表示]

概要

シーウルフ級原子力潜水艦(Seawolf-class Nuclear-powered Submarine)は、アメリカ海軍の原子力潜水艦の艦級である。分類は攻撃型原潜(SSN)。冷戦期に、非常に高性能な潜水艦として計画、建造された。

来歴

1970年代ごろから、アメリカではソ連海軍の潜水艦戦力の質的・量的拡大が問題視されるようになっていた。これに対抗して、ソ連聖域への攻勢も可能な高性能潜水艦が必要であると考えたアメリカ海軍は、ロサンゼルス級の後継として、本級を計画した。

特徴

簡単に要約すると、『潜る米国面。冷戦時の潤沢な予算を惜しみなく投入し誕生した、あめりかかいぐんのかんがえたさいきょうのせんすいかんである。資料によるが、1隻でアーレイ・バーク級が2隻建造できるお値段を誇る。

船体にはHY-100高張力鋼を採用し、ロサンゼルス級で失われた潜航深度を取り戻した。ソ連の戦略原潜へ対抗するため、北極海での運用能力も付与されている。原子炉にはS6Gを採用したが、出力は52,000shpに達し、速力は35ノット(一説には39ノット)を発揮するといわれる。また、弾薬庫の容量についても、太い船体を採用することで解決しており、50発の容量を持つ。武装面も強化され、トマホーク、ハープーン、魚雷、機雷などを運用でき、対地攻撃能力すらも持っている。推進器にポンプジェットを採用し、吸音タイルを船体に貼ることで、静粛性は非常に高くなっており、20~25ノットでも、停泊中のロス級よりまだ静かであるとさえ言われる。ソナーについては、艦首のものにとどまらず、サイド・アレイも搭載しており、探知能力にも優れている。

このように高性能だが、前述のコストが響き、建造は3隻までにとどまった。冷戦が終わった途端に、過剰性能ということで議会に目をつけられた結果である。

同型艦

艦名に規則性はなく、従って命名規則は存在しなかったと思われる。

SSN-21 シーウルフ
SSN-22 コネティカット
SSN-23 ジミー・カーター

なおSSN-23については準同型艦で、船体を延長して、特殊部隊の搭乗区画や、支援設備を搭載できるよう設計されている。

関連タグ

軍艦 潜水艦 アメリカ海軍 原子力潜水艦

コメント