ピクシブ百科事典

コロンビア級原子力潜水艦

ころんびあくらすにゅーくりあぱわーどさぶまりん

コロンビア級原子力潜水艦とは、アメリカ海軍で配備予定の戦略原潜(Boomer)の艦級。
目次[非表示]

概要

コロンビア級原子力潜水艦(Columbia-class Nuclear-powered Submarine)アメリカ海軍の戦略原潜の艦級。オハイオ級原子力潜水艦の後継にあたる。艦種は原子力弾道ミサイル潜水艦。艦名はコロンビア特別区(ワシントンD.C.)に因んだもの。コロンビアという名はコロンブスを由来とするが、アメリカ合衆国擬人化した女性の名でもあり、戦略核抑止を担う本級の重要性を示している。

特徴

オハイオ級と寸法はあまり変わらないが、水中排水量は20,000t級に増大している。一方でコスト削減のためか、弾道ミサイル発射管は16本に減少するとの見方が強い。バージニア級のソナー技術や吸音タイルを応用するほか、X舵を取り入れており、さらにポンプジェットも装備している。動力源としては新型のS1B加圧水型原子炉を搭載するものの、従来の蒸気タービン式から電気推進へと舵を切った。主機関や推進器の進化によって、運動性や静粛性を高め、かつオーバーホールの回数を減らすことで、戦力の長期的空白を避けるとともに、コストの削減も図っている。建造数は未定だが、米海軍は最低でも12隻が必要だと主張している。

関連タグ

潜水艦 海軍 原子力潜水艦 アメリカ海軍

外部リンク

コロンビア級原子力潜水艦 - Wikipedia

コメント