ピクシブ百科事典

ディーゼルエンジン

でぃーぜるえんじん

圧縮着火エンジンの一種。扱いやすさと燃費効率の良さから、船舶・自動車から据置の産業用まで広く用いられる。
目次[非表示]

概要

ドイツの機械技術者『ルドルフ・クリスチアン・カール・ディーゼル』(ドイツ語: Rudolf Christian Karl Diesel、1858-1913)によって熱効率の高い合理的熱機関を研究、独自の独自設計の圧縮着火式内燃機関を開発した。当初は「オイル・エンジン」と呼ばれていたが、後に彼に因んでディーゼルエンジンと呼ばれるようになった。

ディーゼル機関の大きな区分

ディーゼル機関には、大型舶や内燃力発電所用の巨大な物と、鉄道車両や小型船舶、自動車に積まれている比較的小さいものとでは理論サイクルが異なり、定格時の機関回転数も異なるため、低速ディーゼル機関と高速ディーゼル機関とに分けられている。大まかな違いは下表のとおり。

項目\機関低速ディーゼル機関高速ディーゼル機関
理論サイクルディーゼルサイクルサバテサイクル
定格回転数数百r/min数千r/min
よく使われる燃料重油軽油
熱効率50%以上30%前後

ちなみに、身近に見かけるディーゼル機関は、その用途から大抵のものは高速ディーゼル機関となる。

ディーゼル機関と過給機

ディーゼル機関はその構造上高い圧縮比で動作するため、熱効率がよい。また、点火するまで燃料を噴射しないので過給機で過給しても圧縮中に点火してしまうこともない。よって過給により更に圧縮比を上げられそれに伴い熱効率も上げられる。そのため、現代のディーゼルエンジンは高速・低速の別を問わず大抵ターボチャージャー付きである。

大型の低速ディーゼル機関では、ターボチャージャーに加えエンジンの排気を動力に利用するターボコンパウンドも採用しさらに効率を上げている。

乗用車用ディーゼルエンジン

車両用ディーゼルは高速道路の定速走行など負荷が一定の状態ならガソリンより3割ほど効率が良い。しかし常用回転域が狭いことから市街地走行のような負荷変動と加減速を含む走行パターンでは一気にガソリンとの差がなくなる。このため、配送用の小型トラックではディーゼルハイブリッド車が設定されている。

なおディーゼルエンジンは乗用車に限定して話すのであれば、回転数が低いため最大馬力で劣る反面、低速トルクが尋常でなく太い。クリーンディーゼル車の場合、マツダ以外の日本車では主にSUVミニバンに採用されることが多いことからもその特性が伺える。

ex.アクセラの場合
SPORT 20S(2.0ガソリン) 155ps/6000rpm 20.0kgm/4000rpm 17.8km/L
SPORT XD(2.2ディーゼル) 175ps/4500rpm 42.8kgm/2000rpm 21.4km/L

・・・ターボが付いてるとは言え、たった200ccでこの実力差は何なんだと。
参考までにこのトルクの数値、ランエボ並みである。

(参考)エボX GSR標準車 300ps/6500rpm 43.0kgm/3500rpm 10.4km/L

それでこの燃費なのだから末恐ろしい限りである。
※データは2015年6月26日、各社公式サイトより。全車MT車、燃費はJC08モード。

pixivに投稿された作品 pixivで「ディーゼルエンジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3477

コメント