ピクシブ百科事典

IHI

あいえいちあい

日本の老舗重工業メーカー。旧石川島播磨重工業。
目次[非表示]

東京都江東区に本社を置く日本の重工業メーカー。旧称は「石川島播磨重工業」で、この名称はかつて東京都中央区にあった佃工場(旧・東京石川島造船所、現在の大川畑リバーシティ21)並びに兵庫県相生市に現存する相生工場(旧・播磨造船所)に由来している。
事業は航空宇宙産業や産業機械、インフラ設備、エネルギープラント製造など多岐に渡っている。
その中には東京駅丸の内口駅舎の鉄骨構造や初の国産ジェット機橘花に搭載されたジェットエンジン「ネ-20」、国内最大の海水淡水化装置、明石海峡大橋の柱とその基礎など、数多くの業績も存在している。

現在の主な事業

航空宇宙産業
ジェットエンジン生産には「ネ-20」「J3」など草初期から携わっており、現在では国内シェア60%を占めている。
近年では民間部門の売り上げが増加しており、GE・P&W・ロールスロイスのいわゆるビッグスリーとの共同開発に参画している。あまり知られていないがエンジンシャフトの世界シェアは非常に高く、世界中のジェットエンジン用ロングシャフトの70~80%を生産している。ちなみにこのシャフトを製造しているのは呉第二工場であり、大和建造で知られる旧呉海軍工廠である。

宇宙開発事業は子会社のIHIエアロスペースが主に担っているが、これは元々戦前に中島飛行機が行っていたものを日産が継承した事業であり、日産に外国資本(ルノー)が参入するにあたって国策上の観点からIHI傘下に移ったものである。H-IIロケットやH-IIAロケットのエンジン等に携わっている(液体燃料用ターボポンプはIHI本体が担当している)。

なお戦前には子会社の石川島飛行機製作所(のちの立川飛行機、現在の立飛企業)を設立し航空機本体の製造にも携わっていた。特に陸軍機の開発・製造を行う事が多く、九五式中練や一式双発高練といった練習機や万能偵察機九八直協の開発、また中島航空機が設計した「隼」こと一式戦闘機の大規模移管製造で知られる。戦後も新立川航空機として航空機製造に携わっていたが、2011年にMBO(マネジメント・バイアウト)を行った事でIHIとの資本関係が切れ、またメーカーとしての新立川航空機も2013年にその事業を終了している。

産業機械

インフラ設備

エネルギープラント

過去の主な事業

造船
IHIの源流にあたる石川島重工業、播磨造船所、呉造船所は全て造船業に端を発するメーカーである。このうち石川島重工業は1853年に水戸藩の手により設立された石川島造船所を、呉造船所は戦前の呉海軍工廠を、それぞれ源流としている。
そのため、かつては商船や旧帝国陸・海軍海上自衛隊の艦艇なども製造していた。

後に造船事業は分社化され、ユニバーサル造船との合併を経てジャパンマリンユナイテッドに継承されている。

各造船所が手掛けた主な艦艇は以下の通り


  • IHI東京第一工場(2002年閉鎖)
詳細は石播東京組参照のこと。



自動車製造
石川島造船所自動車部門は後に石川島自動車、東京自動車工業、ヂーゼル自動車工業を経て、現在はいすゞ自動車に継承されている。またヂーゼルから分離した日野製造所は日野自動車に繋がり、(つまりいすゞと日野は源流が同じと言うことになる。)また石川島自動車がダット自動車工業(トラック・バス部門)を併合した関係で、同じくダット(小型車部門)の流れを汲む日産とも歴史的な繋がりがある。

関連タグ

メーカー パンツァーファウスト3

関連企業

ジャパンマリンユナイテッド:上述の通り、IHIの造船部門を継承した会社。現在、JFEホールディングスとともに同社株式の45.93%を取得している大株主である。
新潟トランシス:経営破綻した新潟鉄工所の鉄道車両部門などを継承すべく設立された。

関連リンク

関連記事

親記事

メーカー めーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「IHI」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17016

コメント