ピクシブ百科事典

いせ

いせ

ここでは海上自衛隊が運用する護衛艦「いせ」について説明する。
目次[非表示]

護衛艦「いせ」

DDH-182「いせ」はジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で建造され、2009年8月21日に進水、2011年3月16日に就役したひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦の2番艦。
現在は佐世保基地を定係港として、第2護衛隊群第2護衛隊に配属、2護群の旗艦を務める。
竣工当初は呉基地を定係港とし、第4護衛隊群第4護衛隊に配属、4護群旗艦を務めていたが、旧式のヘリ母艦「くらま」代替のため建造された「かが」の配属が4護隊となったため、玉突きで佐世保へ転属、「くらま」を置き換えた。

艦名は旧国名「伊勢」にちなむもので、旧大日本帝国海軍戦艦航空戦艦伊勢」に続き2代目となる。なお、「日向」→「ひゅうが」とは2代続けて姉妹艦となった(姉妹関係は初代と2代目で逆転)。

2013年11月、台風30号による被災地救援を目的とした共同作戦・サンカイ作戦(現地語で「友達」の意。2年前に起きた災厄で展開された作戦名と同じ意味)のためフィリピン・レイテ湾へ派遣された。69年前に先代「伊勢」が戦った因縁の地である。
伊勢2代については、2年半を経た2015年6月3日、国賓として来日中だったフィリピンのベニグノ・アキノ大統領が、参議院での演説において、
「戦艦伊勢は世界史上最大の海戦のためにレイテ沖にやって来たが、2013年の被災地救援でやって来た護衛艦いせは、災害支援・平和の使者・比日連帯の象徴として、レイテに戻ってきた」
と言及している。

艦これつながりで余談

本艦が第4護衛隊配属だった頃の同僚は、むらさめ型(新)5番艦「いなづま」、同6番艦「さみだれ」、たかなみ型4番艦「さざなみ」で、いずれも艦隊これくしょん初期艦でもある五月雨と同じ名前を持つ。当代で「いなづま」が4代目、「さざなみ」が3代目、「さみだれ」は「いせ」と同じく2代目にあたる。
初期艦つながりになるが、呉基地には2000年までみねぐも型護衛艦「むらくも」(末期は練習艦→現在は除籍)、2015年度まであぶくま型護衛艦「せんだい」(現役)が在籍していた。

第2護衛隊では「いなづま」の同型にあたる「はるさめ」、イージス艦「あしがら」が同僚となっている。

関連タグ

伊勢(艦隊これくしょん)
伊勢神宮:艦名板は同神宮大宮司揮毫によるもの。
ひゅうが型護衛艦 むらさめ型護衛艦 たかなみ型護衛艦 あぶくま型護衛艦
日向(艦隊これくしょん)川内(艦隊これくしょん):前述の「せんだい」は現在舞鶴基地に転属しており、こちらには前年度に横須賀基地から転属してきた「ひゅうが」も配備されている。
春雨(艦隊これくしょん)足柄(艦隊これくしょん):現「はるさめ」は4代目、「あしがら」は2代目。

石播東京組:本艦が建造されたJMU磯子工場は、護衛艦さみだれが建造された石川島播磨重工東京工場が2001年度末限りで閉鎖されたのち、同工場の機能を引き継ぐ形で操業を始めた。亡き石播東京ではイージス艦「ちょうかい」や、「さみだれ」の同型艦である「むらさめ」「あけぼの」も手掛けている。

pixivに投稿された作品 pixivで「いせ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71054

コメント