ピクシブ百科事典

いずも型護衛艦

いずもがたごえいかん

海上自衛隊が取得を進めている空母…ではなく揚陸艦…でもなく、ヘリコプター搭載護衛艦。見出しイラストは1番艦「いずも」 。
目次[非表示]

概要

先行して建造・配備されたひゅうが型護衛艦をもとに大型化し、航空運用機能や多用途性を強化したものとなっている。1番艦「いずも」が平成22年度(2010年度)予算で、2番艦「かが」が平成24年度(2012年度)予算で建造された護衛艦であるため、ヘリコプター護衛艦を意味する記号の「DDH」を付けて、それぞれ22DDH、24DDHと呼ばれている。

船体は前型ひゅうが型を全長にして51メートル、全幅5メートル、基準排水量は5,500トン上回り、海上自衛隊の護衛艦中最大規模を誇る上、あのましゅう型補給艦をも上回り、自衛艦としても最大規模。旧日本海軍の艦船と比較しても全長だけなら2番艦の先代にあたる空母「加賀」とほぼ同じ。排水量も空母「飛龍」「蒼龍」を完全に超えており、とにかくデカい。現代において同規模の艦にはイタリア海軍の軽空母「カヴール」、スペイン海軍の強襲揚陸艦兼軽空母「フアン・カルロス1世」、準同型艦であるオーストラリア海軍の強襲揚陸艦「キャンベラ級」がある。ジェーン海軍年鑑など日本国外のメディアにおいては「ヘリ空母」に分類されている。
前型のひゅうが型護衛艦と比較して航空運用能力に重点を置いた設計となっている。その大きさから艦隊の中枢として機能させることを想定しているので、指揮通信機能は前級に比べて強化されている。だがその反面、攻撃兵装を限りなく削減しており、ひゅうが型に装備されていたVLS魚雷発射管も搭載せず、固定兵装は自衛用の20mmCIWS2基とSeaRAM近SAM2基のみである。またレーダーやソナーも削減・能力低下がなされている。
非常に高い造水機能や内部に高度な医療設備を有し陸上部隊の収納、輸送も可能であり災害時の救援で度々活躍している。
2018年の豪雨被害に於いては道路の損壊により孤立した地区への救援として水や風呂などを提供したのが有名。

防御機能

多機能レーダーは、ひゅうが型で採用された国産のFCS-3から、ミサイル装備の省略に合わせてミサイル射撃指揮機能を省略して対空捜索と航空管制に用途特化したOPS-50を装備する。これはFCS-3の持つXバンドの追尾用アンテナ(ICWI)を省略しており、Cバンドの捜索用アンテナのみ四方に向けて4セットを搭載する。このアンテナはアクティブ・フェイズドアレイ(AESA)方式の固定式で、装備要領はひゅうが型と同様、アイランド前部に0度と270度を向いたもの、後部に90度と180度を向いたものを設置している。また、潜望鏡探知等のために回転式のOPS-28対水上捜索レーダー1基も並載される。

武装としては、ひゅうが型搭載のESSM個艦防空ミサイル(最大射程30~50km)に比べるとはるかに簡素なSeaRAM(最大射程9.6km)とファランクスCIWSを搭載する。

SeaRAMはアメリカ海軍のインディペンデンス級沿海域戦闘艦に搭載されたものと同型で、ファランクスCIWS(高性能20mm機関砲)のM61 バルカンの替わりにRIM-116 RAMの11連装発射機を組み込んだ近接防空ミサイル・システムである。これにより、対艦ミサイルへの近接防御という点に限ればひゅうが型よりも優れたものとなっている。ファランクスCIWSは除籍艦から流用されたブロック1Aを搭載している。

いずも型空母化計画

2018年12月18日に新たな防衛大綱を閣議決定。ヘリ搭載の「いずも」型護衛艦に、戦闘機「F-35B」を搭載できるようにして軽空母としての機能を付与する。
そのためには、内部の整備区画の整理や甲板で人員を保護するジェット・ブラスト・ディフレクターの設置、着陸に伴うジェット噴射や衝撃に耐える為の改修など多岐に渡る改修が必要。
尚、f-35cやfa-18ef等の正規艦載機の運用にはとても船体規模が足りずその規模になれば上陸支援機能を排するしか無いためコンセプトが根本から異なる兵器となるため実質空母なる表現は誤りである。

因みにオスプレイは2016年7月に「いずも」に発着艦させる共同訓練を実施している。

同型艦

1番艦・いずも
2番艦・かが

関連タグ

強襲揚陸艦 空母 海上自衛隊 護衛艦

はるな型 しらね型 ひゅうが型 いずも型

関連記事

親記事

護衛艦 ごえいかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「いずも型護衛艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340314

コメント