ピクシブ百科事典

ヘリコプター揚陸艦

へりこぷたーようりくかん

ヘリコプター揚陸艦とは、揚陸艦の一種。ヘリコプターを用いて揚陸および支援を行う揚陸艦のことを指す。
目次[非表示]

概要

ヘリコプター揚陸艦とは、ヘリコプターを揚陸作戦に用いる揚陸艦。ヘリコプターを用いていれば、STOVL機を搭載する強襲揚陸艦であっても広義のヘリコプター揚陸艦に該当するが、厳密にはヘリコプターのみを搭載し、揚陸能力をそれに依存する揚陸艦のことをいう。なお、アメリカ海軍での艦種記号はLPH(Landing Plattform Helicopter)である。

来歴

第二次大戦後、アメリカ海軍・海兵隊では、揚陸のあり方が検討し直され、ヘリコプターの活用を進めることになった。これを受けて、護衛空母『セティス・ベイ』に改造を施して誕生したのがヘリ空母である。本艦は、揚陸任務を主眼とすることから、事実上のヘリコプター揚陸艦であった。運用の中でヘリコプターの有用性が明らかになると、旧式化したエセックス級の一部艦を改装し、ヘリコプター揚陸艦の整備が始まる。これがヘリコプター揚陸艦の誕生とされる。

しかし、ヘリコプターのみではどうしても重量級の物資が運べず(特に重火器や戦車)、しかも天候に弱いという弱点があった。このため、従来のドック型揚陸艦と、ヘリコプター揚陸艦の能力を併せ持った強襲揚陸艦に発展していった。

ヘリ空母との違い

ヘリ空母と狭義のヘリコプター揚陸艦は、どちらもヘリ専用である。二つを分ける違いは、ヘリを使う目的と言える。ヘリコプター揚陸艦は『揚陸を主目的とし、そのためにヘリコプターを用いる』もので、揚陸に特化した『揚陸艦』である。空母は揚陸を主目的としていないので、それ以外の作戦を主眼においている。

各国のヘリコプター揚陸艦

この艦種に分類される揚陸艦は非常に少なく、アメリカイギリスでのみ運用されている。一部を除き、全てが退役している。

アメリカ


  • セティス・ベイ:ヘリ空母、ヘリコプター揚陸艦の祖。艦番号はCVHA-1/LPH-6。元は護衛空母であった。
  • ブロック・アイランド:護衛空母から艦種変更された。艦番号はLPH-1。
  • ボクサー級:エセックス級を改装したヘリコプター揚陸艦。もともと正規空母だったため、ヘリコプターの運用には優れていたが、揚陸用機材や兵員の収容など、揚陸艦としてはバランスが悪かった。
  • イオー・ジマ級:新造されたLPHで、ボクサー級より小型であるものの、サイズを考えるとより高い能力を持っていた。

イギリス


  • セントー級空母:小型で航空機の運用に難があったため、2~4番艦がこの艦種に変更された。退役済み。
  • オーシャン:新造されたヘリコプター揚陸艦。揚陸能力を維持するために整備された新型艦だが、商船構造が災いしたのか老朽化が早く2018年3月に退役し、改修の上ブラジルでヘリ空母アトランティコとなった。


関連タグ

軍艦 海軍 海兵隊

コメント