ピクシブ百科事典

ヘリ空母

へりこぷたーきゃりあー

ヘリ空母とは、空母の種類の一つ。ヘリコプターの運用を主目的とする空母のことを指す。
目次[非表示]

※画像は海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦であるが、ヘリ空母に性格が近いため選んだもの。

概要

ヘリ空母(ヘリコプター空母の略)は、空母の一種。ヘリコプターの運用を主目的とするものを指す。

来歴

第二次大戦後、アメリカ海軍および海兵隊では、核戦争下でも迅速な揚陸ができる方法を模索していた。その方法として、従来の揚陸舟艇に変わり、ヘリコプターを用いることが考えられた。そのためのプラットホームとして、護衛空母セティス・ベイを大改装し、強襲ヘリコプター空母(Carrier Vessel,Helicopter,Assault)として運用したのが、ヘリ空母の始まりであるとされる。

この運用方法はヘリコプター揚陸艦のそれとほとんど変わらないため、最初期は区別が無かったのだと思われる。実際、艦種としてのヘリコプター揚陸艦が生まれると、セティス・ベイはLPH(Landing Plattform Helicopter)に艦種変更されることになる。この経緯もあって、ヘリコプター揚陸艦とヘリ空母は区別がしづらいのかもしれない。

特徴

従来の固定翼機を搭載する空母と異なり、垂直離着陸が可能なヘリコプターを搭載するため、以下のような特徴を持つ。

  • 広い飛行甲板を持ち、ヘリコプターを整備し、発着させることが可能な設備を持つ。
  • CTOL機やSTOVL機を運用しない。(運用すれば軽空母正規空母などに分類される)
  • 複数のヘリを長期運用可能。

これに該当する艦種にはヘリコプター揚陸艦も含まれてしまう。なぜなら、(狭義の)ヘリコプター揚陸艦は、揚陸能力をヘリコプターに依存しており、ヘリの運用が主となってしまうからである。しかし、ヘリコプター揚陸艦は、あくまで揚陸のためにヘリコプターを用いるものであるから、ヘリ空母からは除外される。つまり、ヘリコプターを用いて何をやるかによって区別されているのが現状であるといえる。この点で、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦は、ヘリコプターを対潜任務などに充て、揚陸を主任務としていないため、ヘリ空母に近い存在である。

関連タグ

空母 海軍 軍艦 ヘリコプター揚陸艦

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘリ空母」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2147

コメント