ピクシブ百科事典

はるな型護衛艦

はるながたごえいかん

海上自衛隊が運用していた護衛艦である。見出しイラストは1番艦「はるな」
目次[非表示]

概要

1967年~1971年までの軍備計画である「第3次防衛力整備計画」にて計画された旧来型護衛艦(対潜水艦掃討に重点を置いた護衛艦)であり、日本初となる「ヘリコプター搭載護衛艦」である。

最大の特徴は船体後部を全て航空甲板とすることで3機の哨戒ヘリコプターを搭載、甲板前部に1機を駐機させつつ、後部発着スポットでもう1機を発着艦させることができる。
駆逐艦で大型の哨戒ヘリを運用する」という発想は既にカナダ海軍で実績はあったが、駆逐艦サイズでの搭載数は2機が限度であり、3機以上の搭載は最低でも巡洋艦クラスのサイズが必要であったことから、「基準排水量4700トン(旧日本海軍における軽巡洋艦相当、それでも現在の海上自衛隊が保有するこんごう型護衛艦の半分以下)で3機の運用」というのは世界的に見ても非常にユニークであった。

上記の通り哨戒ヘリコプター3機を運用できるという側面から、海上自衛隊の「新八八艦隊」の各護衛艦隊旗艦として活躍し、ベアトラップについても改良を行いながら本型以降のヘリコプター搭載能力を持つ護衛艦の殆どに搭載されるなど、技術面でも発展に寄与している。
同型艦はネームシップの「はるな」と二番艦の「ひえい」で、共に太平洋戦争で名を馳せた金剛型戦艦榛名比叡の名を引き継いだ。

余談

退役した後のはるなは、2010年に広島県江田島市の解体工場にて海上解体されたのだが、江田島は前代である「榛名」が戦没した地でもある。

関連タグ

ひゅうが型護衛艦ひゅうがいせ:はるな型・しらね型の実質的な後継型であり、海上自衛隊初の「全通甲板」を備えた護衛艦である。


利根型重巡洋艦:大戦間期に建造された航空巡洋艦。艦後部を飛行甲板にするなど、はるな型・しらね型にも通ずる運用思想を持つ。


海上自衛隊 護衛艦 金剛型戦艦 こんごう型護衛艦
はるな型 しらね型 ひゅうが型 いずも型
はるな(ヘリコプター搭載護衛艦) ひえい(ヘリコプター搭載護衛艦)

pixivに投稿された作品 pixivで「はるな型護衛艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7200

コメント