ピクシブ百科事典

ひゅうが

ひゅうが

海上自衛隊初の全通甲板式ヘリコプター護衛艦。
目次[非表示]

JR九州が運行する特急は「ひゅうが(列車)」を参照されたし。

概要

DDH-181「ひゅうが」はジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で建造され、2009年3月18日に就役した、海上自衛隊に属するヘリコプター搭載護衛艦(DDH)の一隻。
名称は宮崎県の旧国名である日向国に由来しており、旧日本海軍伊勢型戦艦(のちに航空戦艦)「日向」に続き本艦が2代目。姉妹艦に「いせ」がある。
艦体の後ろ半分を飛行甲板に充てていた「はるな」型や「しらね」型とは異なり、飛行甲板が艦首から艦尾まで続いている、いわゆる空母型をしていることが特徴。諸外国におけるヘリコプター空母ヘリ空母)に相当する。建造前に公開された計画案には特定諸外国に対する配慮(欺瞞)の為か飛行甲板を遮るように巨大な艦上建造物が配置されていた。
就役当時は第1護衛隊群第1護衛隊に所属し、横須賀基地を定係港としていたが、「いずも」の就役とそれにともなう「しらね」の退役が決まり、2015年3月中旬に第3護衛隊群第3護衛隊に転属、定係港も舞鶴基地に変わった。現在、第3護衛隊群の旗艦を務める。


起こりえた?空母「ひゅうが」

WLの一つとして静岡模型業界の狂犬こと青島文化教材社から発売されたキットには何故か公式から搭載予定が無いと言われているはずのF-35が付属している。
エースコンバット アサルト・ホライゾンでは、近未来の自衛隊が開発した支援戦闘機の発着艦研究・練習艦用途として改修された「ひゅうが改型DDV(航空機搭載型護衛艦。現実にもシーレーン構想で「DDV計画」として検討されていた)」として登場している。
「ひゅうが」と名乗ってはいるものの耐熱処理や延長された航空甲板、後部エレベータを舷側に変更するなど、次級・いずも型護衛艦に近い印象を持つ。
マスターファイルASF-XではF-3Bとして完成したASF-Xを搭載して親善艦隊の一部としてアフリカへと派遣、西アフリカにて法人救助のために日英多国籍軍に参加して英海軍と協同している。

自衛艦これ日向

第3護衛隊群抜錨せよ


航空戦艦に改装されてからの彼女のセリフには、本艦にかかわるものが目立つ。
艦これの生みの親である田中謙介プロデューサーは、護衛艦ひゅうがを見学した際に見た2代目ひゅうがと初代日向の絵を見て目頭が熱くなったと語る。
また氏の原作漫画である「いつか静かな海で」でも記念すべき第1話の主役を日向とひゅうがが務めているなど、艦これにおいてゲームと現実の橋渡し役ともなっている。

関連タグ

日向(艦隊これくしょん) 伊勢(艦隊これくしょん)

海上自衛隊
自衛艦 護衛艦 ひゅうが型護衛艦 ヘリ空母 軽空母 航空母艦 駆逐艦 F-35
いせ:同型2番艦でこちらは呉基地を定係港にしている。
あたご:本艦と同じく第3護衛隊所属で舞鶴基地を定係港に持つ、あたご型護衛艦(イージス艦)のネームシップ。前述の「あしがら」は唯一の同型艦。
みょうこう:同じく第3護衛隊所属で舞鶴基地を定係港に持つ、こんごう型護衛艦(イージス艦)の3番艦。なお前述の「ちょうかい」は同型4番艦。
せんだい:同じく舞鶴基地を定係港とするあぶくま型護衛艦の4番艦。所属は第14護衛隊。
ゆうだち:第7護衛隊所属でむらさめ型護衛艦(新)の3番艦。こちらの定係港は大湊基地。

日本海軍
戦艦日向 戦艦伊勢

その他
青島文化教材社

pixivに投稿された作品 pixivで「ひゅうが」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284903

コメント