ピクシブ百科事典

ウォーターラインシリーズ

うぉーたーらいんしりーず

ウォーターラインとは喫水線の事である。艦船を水に浮かべたとき水中と水上の境目になる線のことをこう呼ぶ。

概要

上記の水上の部分のみをメーカーの枠を超え企画、1/700でキット化したものが「ウォーターラインシリーズ」であり、長い歴史のあるシリーズ(1971年発足)である。
当初は旧日本海軍の艦艇を統一スケールで揃える事を目的としており、一社での達成が困難な為に静岡模型教材協同組合の参加メーカーの共同企画としてスタートしたが、後には海外の軍用艦や海上自衛隊の所属艦も同じシリーズ内で商品化している。
統一スケールでこのシリーズほど多数の製品を発売した企画は他になく、1/700という縮尺比は現在では艦船モデルの一つの標準スケールとして世界的な地位を確立している。

現在の参加模型メーカーはタミヤハセガワアオシマ
企画立ち上げ当初はフジミも参加していたが、1992年に同社が静岡模型教材協同組合から脱退したのを契機に担当分のキットもシリーズから引き揚げた為、残る3社により充填がされる(現在、フジミは艦船模型を「シーウェイモデルシリーズ」として1/700スケールで展開中)。

なお、1985年頃から1/700スケールで艦船モデルに参入したピットロードのシリーズは「スカイウェーブシリーズ」と呼ばれ厳密に言えば違うシリーズということになる。

ちなみに水中までモデル化したものは「フルハルモデル」などと呼ばれ、専用の飾り台に飾るようになっている。

ただ、長寿シリーズ・複数メーカーでの展開による弊害として、製品の質が統一されているとは言い難く、素組みで並べた際に出来の良し悪しの差が出てしまってもいるが艦船模型の屋台骨をささえ貢献度が大きなシリーズであることは事実である。

近年は艦隊これくしょん戦艦少女等の擬人化作品の登場もあって、良くも悪くも注目されていると言ってもいいだろう。

そう言った流れもあり、ガシャポンサイズや食玩での展開もされている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォーターラインシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87939

コメント