ピクシブ百科事典

律令国

りつりょうこく

日本国内を区分していた、古代の行政区画名。
目次[非表示]

概要

 律令国とは、古代に制定された、日本の地域行政区分体系を指す制度である。制度上の呼称は「」。令制国、あるいは旧国名とも呼ぶ。風の通称は「~州」。
 国の中は複数のに分けられ(平安京などの都は郡に含まれない)、その中は古代ではに分かれていたが、中世に郷は次第に分解して、より細かいに再編されていった。

歴史

 7~8世紀(飛鳥時代)に律令制下で成立したとされる。殊に大宝律令によって確固たる区分が成立したと考えられているが、その先駆けは大化の改新頃に見られ、さらに遡ると古墳時代の各地の豪族の勢力圏をある程度元にしていると考えられている。
 平安時代の初期に最終的な枠組みは完成して、以後、明治時代に入り廃藩置県に至るまで長く基本的な地理区分として用いられてきた。江戸時代までの間で多少境界に変更があり、明治初期に北海道にも令制国が設置されたり、陸奥出羽両国の分割が行われた。廃藩置県後にも府県の分割併合が相次いでいたため、明治時代には地理区分として引き続き使われて、郵便の宛先も律令国基準で有効だった。

 現代の日本国が日本列島を47都道府県に分けているように、それ以前は北海道・沖縄を除く日本列島を68ヶ国(「六十余州」「六十六国二島」と通称)に分けて管理していた。

 奈良時代の律令国家制が成立した当初は都から国衙へ国司が派遣され、地元の有力者である在庁官人を従えていたが、平安時代に入ると国司が代官(目代)を代わりに派遣する例も出てきて、後期には知行国として上流~中流の公家に割り振り、知行国主が配下の貴族(上級武士を含む)を国司にするようになった。貴族の荘園が平安時代には増えていくが、荘園でない地域(公領)との割合はだいたい1:1で、荘園も国司からの干渉を完全に拒めるわけではなかった。

 鎌倉時代になると鎌倉幕府が警察権を持つ守護を国(もしくは郡)に設け、鎌倉幕府との関係を持つ御家人(特に御家人になった在庁官人)や、鎌倉幕府が持つ知行国により、国司の権限が次第に浸蝕されていく。特に元寇以後は、御家人でない武士も幕府の指揮権下に入るようになった。
 南北朝時代には、北朝室町幕府が守護の権限を大幅に強化した(守護大名)ため、国司の存在がほぼ有名無実になり、室町時代末、俗に言われる戦国時代には分国法によって完全に有名無実となった。

 行政組織としては廃れる一方で、地域区分としては相変わらず律令国の呼称が用いられていた。大名の領地区分や町・村の所在地を示す呼称は律令国基準であり、幕府や大名が設けた行政組織が地理区分に取って代わることもなかった。
 また、律令国が定められた当時には都(奈良京都)からの距離によって「畿内」「近国」「中国」「遠国」、国力によって「大国」「上国」「中国」「下国」にそれぞれ分けられていた。中国地方は、距離による「中国」からそう呼ばれるようになった。

そして

 現在でも地域区分のひとつとして使われる場合があり、「旧国名」とも呼ばれるが、公的に廃止されたわけではないので、植物・鉱物などの採取地に国名・名を使う習慣は長く残った。現代においても例えばとらのあな本店の所在地について古来の地名を用いて「武蔵国豊島郡神田郷」などと表記するのも、一応は間違いではない。ただし国境(や郡境)は意外とあちこちで変更されているし、東京スカイツリーのように中世と近世で国境・郡境が異なる場所や、東京ビッグサイトのようにそもそも海だった場所では無理が出てくる。

 また、地域の名産品名や設置される施設名、地域そのものの呼称(例:讃岐うどん大和郡山、陸前高砂、信州大学等)にも良く使用されている。

 旧大日本帝国海軍においては正規戦艦(及びそれから改造された空母)の名称に旧国名が採用された(大和長門加賀など)。このため、旧国名タグが付いたイラストの中には各艦を描いたものもある。2013年春以降『艦隊これくしょん』の戦艦娘のイラストに旧国名タグがそのままつけられている事例も増えているため、検索時には注意を要する(なお「艦名(艦隊これくしょん)」タグで一応の区分がされつつある)。

現在の使用例

  • 都道府県と令制国の領域がほぼ一致する場合、その別称として使われる。長野県信州信濃の通称)など。
  • 都道府県が複数の令制国からなる場合の地域名や、旧令制国の地域へ向かう鉄道路線・列車名等として使われる。
  • 同一名称の名を区別するため頭に令制国名が使われる。
  • 市町村名の頭あるいは名そのものに使われる。

など。

外部リンク

Wikipedia「令制国一覧」

関連タグ

日本/日本国
   
国府 国衙
国司 守護 守護大名

地理 行政

五畿七道
 上記の律令国を数国、内包する広域の行政区分。

北海道が置かれてからは五畿八道。
道の呼称については、その道の主要部分を通る著名な街道(江戸時代五街道など)といくつか重複(もしくはニアピン)する。

以下が五畿七道の一覧。

畿内
東海道
東山道
北陸道
山陰道
山陽道
南海道
西海道

戊辰戦争後には、これに北海道が加わった。

国名

以下、弘仁14年(823年)から明治元年(1869年)までにおける区分に基づき、北・東から順に記載する。

東山道

国名州名国名略称国力区分距離区分
陸奥国奥州陸奥大国遠国
出羽国羽州出羽上国遠国
下野国下野州、或いは野州下野上国遠国
上野国上州、或いは上毛上野大国遠国
信濃国信州信濃上国中国
飛騨国飛州飛騨下国中国
美濃国濃州美濃上国近国
近江国江州近江大国近国

※奈良時代の一時期、陸奥国から分離して石背国石城国が設置された。後に陸奥国へ再統合。
戊辰戦争後、陸奥国陸奥国陸中国陸中)、陸前国陸前)、磐城国岩代国に分割される。
※同様に、出羽国羽後国羽後)、羽前国羽前)に分割される。
※奈良時代の一時期、信濃国から分離して諏方国が設置された。後に信濃国へ再統合。

北陸道

国名州名国名略称国力区分距離区分
佐渡国渡州佐渡中国遠国
越後国越州越中越前を併せて呼ぶことも)越後上国遠国
越中国越州越後越前を併せて呼ぶことも)越中上国中国
能登国能州能登中国中国
加賀国加州加賀上国中国
越前国越州越後越中を併せて呼ぶことも)越前大国中国
若狭国若州若狭中国近国

※加賀国は平安時代になって越前国から分割された、戊辰戦争以前では成立が一番遅い国。

東海道

国名州名国名略称国力区分距離区分
常陸国常州常陸大国遠国
下総国総州上総と併せて呼ぶことも)、或いは北総下総大国遠国
上総国総州下総と併せて呼ぶことも)、或いは南総上総大国遠国
安房国房州安房中国遠国
武蔵国武州武蔵大国遠国
相模国相州相模上国遠国
甲斐国甲州甲斐上国中国
駿河国駿州駿河上国中国
伊豆国豆州伊豆下国中国
遠江国遠州遠江上国中国
三河国三州三河上国近国
尾張国尾州尾張上国近国
伊勢国勢州伊勢大国近国
伊賀国伊州伊賀下国近国
志摩国志州志摩下国近国


畿内

国名州名国名略称国力区分距離区分
山城国城州、稀に山州雍州山城上国畿内
大和国和州大和大国畿内
河内国河州河内大国畿内
摂津国摂州摂津上国畿内
和泉国泉州和泉下国畿内

※山城の別名「雍州」は、長安が所属していた州の名称。

山陰道

国名州名国名略称国力区分距離区分
丹波国丹後と併せて、或いは単独で丹州丹波上国近国
丹後国単独、または丹波と併せて丹州。あるいは北丹奥丹丹後中国近国
但馬国但州但馬上国近国
因幡国因州因幡上国近国
伯耆国伯州伯耆上国中国
出雲国雲州出雲上国中国
石見国石州石見中国遠国
隠岐国隠州隠岐下国遠国


山陽道

国名州名国名略称国力区分距離区分
播磨国播州播磨大国近国
美作国備前備中備後美作と併せて備州美作上国近国
備前国備前備中備後美作と併せて備州備前上国近国
備中国備前備中備後美作と併せて備州備中上国中国
備後国備前備中備後美作と併せて備州備後上国中国
安芸国芸州安芸上国遠国
周防国防州または周州周防上国遠国
長門国長州長門中国遠国

※「長州」が長門国のみならず周防国を合わせた領域として用いられる場合もあるが、これはあくまで長門国萩城に藩庁を置いた「長州藩」が周防国も支配していたからであり、律令国そのものとは直接的には無関係である。

南海道

国名州名国名略称国力区分距離区分
紀伊国紀州紀伊上国近国
淡路国淡州淡路下国近国
阿波国阿州阿波上国中国
讃岐国讃州讃岐上国中国
伊予国予州伊予上国遠国
土佐国土州土佐中国遠国


西海道

国名州名国名略称国力区分距離区分
筑前国筑後と併せて、または単独で筑州筑前上国遠国
筑後国筑前と併せて、または単独で筑州筑後上国遠国
豊前国豊後と併せて、或いは単独で豊州。両国を指して二豊豊前上国遠国
豊後国豊前と併せて、或いは単独で豊州。両国を指して二豊豊後上国遠国
日向国日州、或いは向州日向中国遠国
大隅国隅州大隅中国遠国
薩摩国薩州薩摩中国遠国
肥後国備前と併せて、或いは単独で肥州肥後大国遠国
肥前国備後と併せて、或いは単独で肥州肥前上国遠国
壱岐国壱州壱岐下国遠国
対馬国対州対馬下国遠国

※奈良時代に多禰国が設置されたが、平安時代初期に大隅国へ併合。

※戊辰戦争後に成立した北海道には渡島国後志国胆振国日高国日高)、石狩国天塩国北見国十勝国十勝)、釧路国根室国千島国の11国が設置されていた。
※この他、律令制とは別に旧琉球王国のうち奄美群島を除いた地域(現在の沖縄県に相当)を指して琉球国(本来は琉球王国の正式名称)とする事もある。尚、江戸期の琉球は中々に複雑なので薩摩島津家による琉球の役を参考にして頂きたい。

pixivに投稿された作品 pixivで「律令国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1095

コメント