ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

安芸

あき

現在の広島県西部の旧国名。国鉄時代には広島ゆかりの急行列車や特急列車の愛称に用いられた。
目次 [非表示]

概要

現在広島県西部の旧国名の他、地名や苗字としても使われる。


地名

  • 安芸国:現在の広島県西部にあった旧国名
  • 安芸市高知県にある市の名前

苗字

実在


架空


列車名

国鉄時代は広島ゆかりの急行や特急に命名された。

  • 初代急行:1950年10月に東京駅広島駅間を呉線経由で結ぶ夜行客車急行として運転開始。1970年10月ダイヤ改正で下関駅まで延長され特急「あさかぜ」に格上げされ廃止。末期は同じ呉線を経由する夜行急行「音戸」と共にC62C59が牽く本州最後の急行としても知られた。運転開始当初は岡山駅から宇野線に直通し、のち「せと(瀬戸)」になる宇野駅発着編成を併結していた。
  • 二代目急行:1970年10月ダイヤ改正で誕生。新大阪駅大阪駅三原駅間を赤穂線経由で結んでいた昼行電車急行「とも」1往復を呉駅まで延長し改称。新幹線岡山開業で岡山駅発着になる。
  • 三代目急行:1972年3月ダイヤ改正で誕生。新幹線岡山開業で廃止された「とも」「吉備」を吸収して岡山駅~呉駅・広島駅を結んだ昼行電車急行。新幹線博多開業で廃止。
  • 寝台特急:1975年3月ダイヤ改正で誕生。先述の急行「音戸」の新大阪駅~下関駅間を呉線経由で結ぶ下り1号(上り2号)を20系ブルートレイン化し特急に格上げして誕生。1976年11月に24系25形化されたが利用率低迷は止まらず1978年10月改正で廃止。

関連記事

親記事

律令国 りつりょうこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54420

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました