ピクシブ百科事典

概要

国鉄JR1956年から2005年まで東京駅下関駅博多駅間に運行した寝台特急の愛称。
に吹くを意味する朝風が由来。

初めて東京九州夜行で直結(それまでは大阪駅に早朝到着し、九州へは当日の夜に着いていたが、「あさかぜ」以降は深夜に通過するダイヤグラムに変更された)する列車であり、1958年に「ブルートレイン」の初代車両である20系客車が最初に投入された列車でもある。
元々は出張ビジネスマン夕方に出発し、翌日の午前中に現地到着)が主たる客層の列車であった。

最盛期には3往復が運行されていたが、1975年山陽新幹線博多延伸後も24系25形の2往復が残り、1987年の国鉄分割民営化も迎えた。
1994年に「博多あさかぜ」1・4号が廃止。残る東京駅~下関駅間の1往復も2005年2月28日限りで運行を終了した。

関連タグ

さくら はやぶさ みずほ 富士 瀬戸 出雲
さらば、九州ブルトレ
サンライズ出雲/サンライズ瀬戸:使用車両の285系の方向幕の一つに「あさかぜ」が存在する(2020年現在運転実績なし)。

はかた号:東京(バスタ新宿)~福岡天神BT)間を運行する高速バス

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「あさかぜ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22430

コメント