ピクシブ百科事典

トワイライトエクスプレス瑞風

とわいらいとえくすぷれすみずかぜ

JR西日本が2017年6月17日に運行を開始したクルーズトレイン。「瑞風ホテル」という愛称で呼ばれている。
目次[非表示]

概要

クルーズトレインの一種。2015年度で廃止となる「トワイライトエクスプレス」の名称を引き継ぐ形で2017年6月17日に運行を始める。ファンの間では前者を「初代」とし、本項を『2代目』と通称される。

1両あたり1室のみの最上級個室や、オープンデッキの展望スペース、食堂車、ラウンジカーなどを設ける豪華寝台列車で、京阪神と山陰・山陽エリアを走行する。
「トワイライトエクスプレス」の後に、「瑞風」という文字があるが、JR西日本によれば、「みずみずしい風のことであり、また、吉兆をあらわすめでたい風であること。かつて日本は、稲穂が豊かに実る国ということから瑞穂の国と呼ばれ、新しいトワイライトエクスプレスという風が幸せを運んでくるイメージを込めてた」ということである。

動力方式はななつ星in九州では機関車+客車、トランスイート四季島では※EDC方式を採用したが、このトワイライトエクスプレス瑞風ではディーゼルと電気モーターを活用したシリーズハイブリッド方式を採用している。

(※ディーゼル発電機とパンタグラフを装備して、電化区間ではパンタグラフ集電で、非電化区間ではエンジンとモーターによるハイブリッド動力で電化区間、非電化区間どちらでも効率の高い運転ができるようになっている。)

87系気動車

先頭車(キイテ87形、1・10号車)
編成の両端には前面開放デッキと側面展望スペースを備えた車両となり、初期イメージと比べてライトの位置と形状、側面の窓配置、スカート周辺、2階の運転台周辺のデザインが修正された。
また公式の車内見取り図によれば運転台設備は2階部分となって後部側は多目的室があり、1号車と10号車で一部の座席配置が異なっている。
因みに走行中、前面開放デッキは安全の面から編成の最後尾のみ開放される。

寝台車(キサイネ86形、2・3・4・7・8・9号車)
寝台車には一両一室(7号車)のスイート車と一両三室のシングル・ツイン車があり、
この内4号車はシングル車となっていて内の一室は車椅子対応となっている。
またスイート車は通路配置の関係でダブルデッカー仕様(他の車両はハイデッカー仕様)となっている。
ちなみに気動車としては初の寝台車となった。

食堂車(キシ86形、6号車)
食堂車は車両の役半分がオープンキッチンスペースとなっていて残りの部分に、1+1と1+2の食事スペースが20人分ある。

ラウンジカー(キラ86形、5号車)
食堂車の隣にはラウンジカーがあり、この車両ではバーカウンターや立礼の茶の卓、ブティックスペースが設けられている。なお用途記号「」はこの87系で初めて採用されたもの。

テーマ曲『瑞風 ~MIZUKAZE~』

世界的に有名なバイオリン奏者の葉加瀬太郎氏がこの列車のためにテーマ曲を作曲した。曲名は『瑞風~MIZUKAZE~』である。

CDでは2017年にアレンジバージョンがリリースされ、原曲バージョンは2018年の『ALL TIME BEST』に収録された。

以下、PVとともにお楽しみいただきたい。


余談

字面がこの子に似ているので初お披露目時にはそちら方面でちょっとした話題になった。

いい寝台列車ですね~、かっこいいですぅ!【日刊桐沢】



運行開始の出発式にはJR西日本の社長は出席しなかった。その理由は、JR福知山線脱線事故の最高裁判決が6月13日だった為とされている。実際、本列車に対し、「(観光列車を一切運行しない)JR東海を見習い、観光列車の運行費用を安全対策に回せ」という批判も根強い。

公式サイト(外部)

http://twilightexpress-mizukaze.jp/

関連タグ

寝台列車寝台特急 JR西日本 トワイライトエクスプレス 87系 気動車
クルーズトレイン ななつ星in九州 トランスイート四季島

関連記事

親記事

トワイライトエクスプレス とわいらいとえくすぷれす

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トワイライトエクスプレス瑞風」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49792

コメント