ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マリンライナー

まりんらいなー

JR西日本とJR四国が岡山駅~高松駅間(瀬戸大橋線)で運行している快速列車の愛称。
目次 [非表示]

概要

JR西日本JR四国岡山駅~高松駅間で運行している快速列車の愛称。

また、1988年から2000年まで同名の快速をJR北海道小樽駅札幌駅(運用上は札幌以東江別・岩見沢方面や千歳線に直通するものも存在)間で運行していたが、現在は「いしかりライナー」や「ニセコライナー」に編入され消滅。詳細はニセコライナーのリンク先を参照。


歴史

山陽新幹線岡山駅開業直前、宇野線内には以下の優等列車が乗り入れていた。


特急「うずしお」:新大阪駅大阪駅~宇野駅

急行「鷲羽」:新大阪駅・大阪駅~宇野駅

急行「しんじ」:宇野駅~小郡駅(現・新山口駅)伯備線山陰本線山口線経由)

急行「砂丘」:宇野駅~上井駅(現・倉吉駅)津山線因美線経由)

急行「瀬戸」:東京駅~宇野駅


新幹線開業に伴い、特急に格上げされた「瀬戸」と夜行「鷲羽」を除き宇野線へ乗り入れる優等列車は消滅。これらの代替として岡山駅~宇野駅間に153系(のち113系)を使用した「宇野快速」と呼ばれた列車が誕生。宇野快速は1980年10月改正で115系化される前までグリーン車も連結していた。

宇野快速は1987年3月改正で使用車輌を211系ベースの213系に変更し「備讃ライナー」という正式な愛称を与えられた。

1988年4月10日瀬戸大橋線の全線開業と同時に愛称を「マリンライナー」に変更し、グリーン車の連結も復活した。


その後しばらく213系による運行が続いていたが、塩害による床下機器の故障が増えたことや、それまでJR四国がJR西日本に支払っていた車両使用料を相殺するため2003年10月以降は現在の223系5000番台(JR西日本)と5000系(JR四国)の併結編成による運行となっている。これにより従来の213系の最高速度110km/h運転から最高速度を引き上げ、130km/h運転を開始した。


臨時列車としては2003年10月には現在の223系5000番台と5000系を併結した京阪神マリンライナーホリデー号が、2008年4月10日には213系(普通車5両+ゆめじに組み込まれていたクロ212-1001の6両編成)を用いた編成で運行された。


運行形態

基本的に一時間あたり上下ともに2本ずつ運行されている。編成は基本は5両編成(岡山方から223系5000番台+5000系)であるが、早朝ラッシュや多客期では7両(岡山方に223系5000番台を二編成併結)のものや、早朝深夜時間帯には223系5000番台のみの2両や5000系のみの3両編成を見ることができる。


主要停車駅は岡山駅、(妹尾駅)、(早島駅)、茶屋町駅児島駅坂出駅高松駅

朝夕のラッシュ時には大元駅備前西市駅本四備讃線内各駅、鴨川駅国分駅端岡駅鬼無駅に停車する便が出される事もある。(事情の次第では香西駅にも臨時に停車する事がある)

妹尾と早島は基本的に選択停車(それぞれ半数ずつ停車)だが、朝と夜は両方停車する便もある。運行開始当初は両駅とも通過する便があった。


使用車両

前述の通り1988年から2003年9月末までは213系が使用されていたが、2003年10月1日以降はJR西日本所属の223系5000番台とJR四国所属の5000系による併結運用となっている。

2007年と2009年には223系が事故に遭った際の代走として一時的に213系によるマリンライナーの運用が復活した。

2008年には瀬戸大橋線開通20周年を記念してクロ212形を連結した「懐かしの213系マリンライナー」が運行された他、2022年と2023年には3両編成を使用したリバイバルの団体臨時列車として運行された。


関連イラスト

  • 運行開始時の姿

マリンライナー(初代)

  • 現在

瀬戸大橋の快速である


もしかして→マリンライナーはまなす

正面画 鹿島臨海鉄道7000系


関連タグ

瀬戸大橋 宇高連絡船 しおかぜ 南風 うずしお マリン


快速みえ:運行形態・走行路線条件で共通・類似点が多い。

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76542

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました