ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

しおかぜ

しおかぜ

国鉄及びJR四国の特急列車。本項では初代の姉妹列車「しおじ」についても扱う。2代目の姉妹列車の「いしづち」については当該項目も参照。
目次 [非表示]
  1. 初代:1965年~1968年に新大阪駅広島駅間で運行されていた旧国鉄の特急。姉妹列車でのちに統合相手となった「しおじ」についても述べる。
  2. 2代目:1972年に高松駅宇和島駅間で運行開始された特急。瀬戸大橋線開業後は岡山駅発着となる。姉妹列車で高松駅発着の「いしづち」については当該項目も参照。

初代「しおかぜ」と「しおじ」の概要

1965年10月改正で誕生し新大阪駅~広島駅間を東海道本線山陽本線経由で運行。関門トンネルを越えて九州へ乗り入れる「つばめ」と「はと」が北陸本線系統の「雷鳥」や「しらさぎ」同様、481系化されて捻出された181系を使用。1968年10月改正で後述の「しおじ」に吸収された。

「しおじ」は東海道新幹線が開業した1964年10月改正で誕生。新大阪駅~下関駅間を東海道・山陽本線経由で運行。新幹線開業前に「こだま」や「富士」などで使用されていた151系電車を使用。

「しおかぜ」と「しおじ」は宇野駅発着の「うずしお」「ゆうなぎ」と共にクロ181(旧クロ151)パーラーカーが連結されていた。なお、山陽特急では「しおじ」のみ1973年5月まで181系が使用され最後までパーラーカー崩れのクロハ181が使用された。山陽新幹線が全線開業した1975年3月改正で廃止。

使用車両は151系・181系・481系・485系581系583系さらに14系座席車とバラエティに富んだ。


2代目「しおかぜ」の概要


運行区間岡山駅松山駅
運行路線瀬戸大橋線予讃線
車両8000系/8600系(松山運転所所属)

沿革

昭和40年代の予讃本線では「いよ」「うわじま」「せと」などの気動車準急や急行が活躍していたが、特急は設定されていなかった。

山陽新幹線が岡山駅まで開業した1972年10月改正でキハ181系気動車を使用し予讃線初の特急として高松駅~宇和島駅間で運行開始、しおかぜの愛称が4年ぶりに復活した。一部は宇野線快速宇高連絡船を介して新幹線や寝台特急「瀬戸」と接続。土讃線経由の「南風」とともに四国初の特急列車である。


当時は運行本数は少なかったが、キハ185系が大量投入された1986年11月改正では同区間で並行する急行「いよ」「うわじま」を集約させる形で大きく増発されL特急となった(2011年まで)。

JR発足後の1988年瀬戸大橋が開通すると「しおかぜ」は瀬戸大橋線岡山駅発着に振り替えられ、従来の高松駅発着便は「いしづち」となった。

1993年には予讃線の高松駅~松山駅間がすべて直流電化されたのに伴い宇和島駅発着の「しおかぜ」「いしづち」は一部を除き松山駅発着に短縮し、松山駅以西を「宇和海」として系統分離するとともに8000系電車を投入(宇和島駅直通は引き続き気動車を使用)。「しおかぜ」「いしづち」の併結運転が本格的にスタート。2016年に8600系の投入により、しおかぜ/いしづち全列車が松山駅発着の電車となった。


運行形態

「しおかぜ」と「いしづち」は大半の列車が宇多津駅/多度津駅~松山駅間で併結されて運行されており、8000系の場合1~5号車がしおかぜ、6~8号車がいしづちとなっている。基本的には両者併結列車は1時間に1本設定されており、それ以外の時間帯で単独の列車がある。なお、併結する列車では号数がしおかぜ基準で揃えられ、単独のいしづちは100番台の号数となっている。

なお、多客期は7両すべてをしおかぜとして、いしづちを高松~宇多津/多度津の区間列車とする場合があり、この場合は気動車も充当される。


停車駅

岡山駅 - 児島駅 - 宇多津駅 - 丸亀駅 - 多度津駅 - (詫間駅) - (高瀬駅) - 観音寺駅 - 川之江駅 - 伊予三島駅 - 新居浜駅 - 伊予西条駅 - 壬生川駅 - 今治駅 - (伊予北条駅) - 松山駅


()内の駅は一部の列車が停車


列車名の由来

しおかぜ瀬戸内海の潮風
しおじ「潮」の「路」

関連

キハ181系 キハ185系 JR四国2000系 8000系 8600系

南風/しまんと/あしずり

うずしお…山陽特急時代の同僚でもある


151系 181系

関連記事

親記事

JR四国 じぇいあーるしこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11662

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました