ピクシブ百科事典

8000系

はっせんけい

鉄道車両の系列の一つ。複数会社に存在する。
目次[非表示]

JR四国 8000系

特急『しおかぜ』・『いしづち』


振り子構造を有する直流特急形電車。2014年8600系が登場するまではJR四国が保有する唯一の特急形電車であった。1992年に試作車がデビュー。翌1993年から量産車が投入され、現在予讃線系統の特急列車「しおかぜ」・「いしづち」に運用されている。

東武鉄道 8000系

1963年の新製開始以来1983年まで約20年もの間量産された東武鉄道の通勤形電車。

総両数712両は国鉄JRを除く日本国内の私鉄各社で最多記録となっている。ついたあだ名が「私鉄の103系」。両数が多過ぎて後半の車両は番号がインフレを起こし5桁になったものもある。

前面含め大幅な更新を受けた車両もあり、現在もなお東武鉄道の主力車両として活躍中である。
東武8000系

東京急行電鉄 8000系

正面画 東急8000系


1969年より新製された東京急行電鉄東急)の通勤形電車。モデルチェンジ車として8500系8090系がある。同社初の20m4扉車でオールステンレス車体。狭義の8000系は2008年に東急線上からは退役したが、国内外に譲渡された車両がいまだ現役で運行中である。
ちなみに世界初の界磁チョッパ制御車である。
東急8000系

京王電鉄 8000系

京王線


1992年より新製された京王電鉄の通勤形電車。京王線の特急・準特急運用を中心として幅広く運用される主力車両である。
8両、6両、4両固定編成の3種類があったが、リニューアル工事により6+4の編成は10両固定編成化が進む。運転台部分を撤去し、シルバーメタリックに塗装された普通鋼製の切妻の構体を取り付ける改造になっている。

相模鉄道 8000系

相鉄8000系新塗装


1990年より新製・営業運転開始した相模鉄道の通勤形電車。前面デザインや表示類などを従来車から大幅に見直した。20m4扉車だが、一部車両はセミクロスシートとなっている。
10両編成13本が製造されたが、第7編成が事故廃車となり、現在は120両が在籍。

帝都高速度交通営団→東京メトロ 8000系

半蔵門開業おめ!&8000系運用30周年おめ!


1980年に登場、1981年より営業運転に投入された帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄)半蔵門線用の通勤形電車。乗客用扉は開閉時の音の大きさから「爆弾ドア」の異名を奉られている(さすがに近年は改良が進んでいる)。

一時期、東西線で使用されたことがあった。これは、半蔵門線の建設経緯と状況の変化による。
東京メトロ8000系

京阪電気鉄道 8000系(0番台)

さよならテレビカー


1989年より新製・投入された京阪電気鉄道京阪)の特急形電車。同社京阪本線の特急電車を主体に運用されている。先代の3000系から引き続き車内にテレビ(アナログ)を設置した。リニューアル工事により、テレビはこの際に撤去されることになった。2017年にはさらに8両編成中の1両を大改装し、京阪で初めて座席指定車「プレミアムカー」を設定する予定。

1編成残っていた先代の3000系(京阪3000系の記事を参照)は、新たに3000系(2代目)が登場したことから8000系の30番台に編入され、2013年まで活躍。
京阪特急

阪急電鉄 8000系

阪急8000系


1988年に登場した阪急電鉄の通勤形電車。営業運転初列車は1989年1月1日宝塚線初詣臨時特急であり、昭和64年」に営業運転を開始した国内唯一の車両、かつ昭和時代最後に営業運転を開始した車両でもある。
(ただし、「昭和64年に製造された車両」には小田急電鉄1000形の一部、東京急行電鉄1000系の一部がある)
阪急8000系

阪神電気鉄道 8000系

8000系13次車新塗装案


1984年に登場した阪神電鉄の優等列車(赤胴車)用の通勤形電車。
阪神8000系

近畿日本鉄道 8000系

1964年に登場した近鉄奈良線用の車両。架線電圧1500V昇圧に際し900系を編入する予定があったため、末尾21から番号が始まっている。1980年までに計208両が製造された。現在はシリーズ21の大量増備により廃車が進んでいる。

正面画 近鉄8000系のようなもの

きんてつ


左が一般的な8000系、右がアルミ試作車の8069編成。

南海電気鉄道 8000系(初代)

6200系をベースに1編成のみ製作された電機子チョッパ制御の試作車である。しかし従来車との併結ができず運用しづらいという理由で6200系に編入改造され、形式消滅した。(編入時、7100系1次車の廃車発生品を流用して、抵抗制御に逆更新して編入した。)現在は6200系の6521編成。

南海電気鉄道 8000系(2代)

南海8000系


老朽化が進んでいる南海本線用の塩害魔王を討伐…もとい、7000系を置き換える目的で導入された。車体構造はJR東日本のE231系をベースにしており、一部の者からは「西の走ルンです」と言われた。4両編成13本が在籍。
南海8000系

伊豆急行 8000系

正面画 伊豆急行8000系 クハ8000形


2004年から導入した近郊形電車。車両は親会社である東急の8000系及び8500系電車の改造車。
伊豆急行200系(JR東日本から譲渡された国鉄113系115系の改造車)及び2100系(R-1及びR-2編成の2編成のみ)置き換えのために導入。種車は都内を走行する通勤形電車だったため、伊豆急行線で運用するべく海側の座席はクロスシート(車端部を除く)に置き換え、そしてトイレが設置された。トイレの向かい側は車椅子スペースとして確保してある。また、中間電動車の先頭車化やパンタグラフの増設、起動加速度と最高速度の変更といった改造が施されている。

名古屋鉄道 キハ8000系

1965年に登場した気動車。国鉄高山本線乗り入れ専用の優等車両で、準急たかやま号を皮切りに急行たかやま号→急行・特急北アルプス号と出世した稀有な車両である。
キハ8000系

関連タグ

8000形 鉄道車両の形式の一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「8000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135297

コメント