ピクシブ百科事典

プレミアムカー

ぷれみあむかー

2017年より営業を開始した京阪電気鉄道の座席指定車両。
目次[非表示]

概要

2015年9月に京阪電鉄(現:京阪ホールディングス)が座席指定車両の導入を報道発表した。導入の経緯は、近年、お客さまから「有料でも京阪特急に確実に座りたい」、「京都~大阪間の移動をもっとゆったりと楽しみたい」とのご意見が多く寄せられるようになったことに加え、京阪沿線を訪れる訪日外国人観光客のお客さまが増加するなど、京阪特急を取り巻く環境が変化したからである。

そこで、特急用で活躍する8000系車両の一部車両を改造して快適性をさらに高めた上、通勤利用のお客様にも、観光利用のお客様にも、「確実に座れる」、「上質な移動空間」を実現する新サービスを提供することとなった。

2016年9月1日にはデザインが決定し、名称は「プレミアムカー」となった。8000系車両の6号車、T8550形を改造。この車両だけ扉を出町柳寄りの1ヶ所とし、プライベート感溢れる落ち着いた車内空間へと誘う。外観は京阪特急のカラーである赤を基調に、扉をアクセントカラーとして金色が配色される。内装は漆黒色とやわらかな生成り色を基調とした落ち着きのある空間に、金色をアクセントカラーとして配する。座席は2+1列配置で、快適性とパーソナル空間の演出にこだわって、オリジナルのリクライニング式プレミアムシートを新たに導入。エンブレムは京阪特急のシンボルである鳩マークに、特別車両のグレード間を表す「三つ星」と組み合わせている。このエンブレムは外観や内装にあしらい、「プレミアム」な空間や旅客サービスを表現。

2016年10月16日に開催されたファミリーレールフェア2016では、プレミアムカーの試作モデルが展示された。おけいはんのトークショーで試作モデルのエントランスでおけいはんがアピールした。2017年3月30日にはプレミアムカーの詳細が報道発表された。料金は400~500円、専属のアテンダントANAビジネスソリューション株式会社の委託となった。また、プレミアムカークラブよりインターネットでの予約が可能である。

2017年5月には8005編成でプレミアムカーを連結した試運転が行われ、そのほか、中之島駅および寝屋川車庫にて報道関係者向けに先行で公開された。2017年8月20日のダイヤ改正に合わせて営業運転開始。8000系車両が担当する運用全て(ライナー、特急、急行)でプレミアムカーの営業が行われる。

関連イラスト

プレミアムカー



関連タグ

京阪電気鉄道 京阪特急 京阪8000系

pixivに投稿された作品 pixivで「プレミアムカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3338

コメント