ピクシブ百科事典

洛楽

らくらく

京阪電気鉄道が運行している快速特急列車の列車愛称。
目次[非表示]

概要

2011年10月より行楽シーズンの土・休日ダイヤに京阪間ノンストップ特急の復活を機に、ABC朝日放送ラジオの番組『ドッキリ・ハッキリ・三代澤康司です!』(平日午前放送)で列車愛称の公募が行われた。翌年3月に結果が発表され、『洛楽』という愛称に決定した。

行楽シーズンの土・休日ダイヤの上り列車に2本設定されていたが、2014年正月ダイヤより下りの列車も設定され、2014年の秋の特別ダイヤより上下ともに5本に増発された。
2016年3月19日のダイヤ改正より土・休日ダイヤで定期運行を開始。2017年2月25日のダイヤ改正からは平日ダイヤにも上下2本追加設定され、快速特急「洛楽」は毎日運転されるようになった。

運用

2011年の京阪間ノンストップ特急復活より2017年2月25日のダイヤ改正までは8000系に固定され、2017年2月25日~2018年9月14日までは定期運用は3000系に固定されていた。「洛楽」運用が3000系に固定されたことから、京阪では2017年9月をめどに液晶画面による先頭部・最後尾の電飾を開始した。
2018年9月15日()のダイヤ改正で土・休日ダイヤの快速特急『洛楽』プレミアムカーを連結した8000系車両で運用され、定期ダイヤでの8000系による洛楽運用が復活した。そのため、平日ダイヤは3000系土・休日ダイヤは8000系とそれぞれ固定されている。

往年の所要時間を再現

出町柳~淀屋橋の所要時間は50分で、1990年代までの京阪間ノンストップ特急の最速48分と比べても遜色ない。(2分遅いのは10分間隔パターン維持の都合上、深草の手前で信号待ちが発生している為)
出町柳駅淀屋橋駅の発車時刻は特急の10分間隔パターンに組み込まれているが、当該時間帯の途中駅の利便性を極力損なわないようにする為、快速特急の前後に急行もしくは快速急行を設定している。快速特急の6分前に発車する急行・快速急行は枚方市駅で快速特急の通過待ちを行う。
余談だが、出町柳駅の線路容量(1面2線)の都合上、洛楽の発着時刻の前後を走る準急・各駅停車の一部は折返し時間が0分となっている。

関連項目

京阪電気鉄道 京阪電車 京阪特急 快速特急 列車愛称
京阪8000系 プレミアムカー 京阪3000系 京阪3000系(2代)
京とれいん:淀川の対岸を走る土休日ダイヤ限定の観光列車

もしかして→らくラクはりま(姫路方面の特急)

外部リンク

京橋−七条間ノンストップ快速特急「洛楽」

関連記事

親記事

京阪特急 けいはんとっきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「洛楽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1097

コメント