ピクシブ百科事典

京とれいん

きょうとれいん

阪急電鉄が保有・運用しているジョイフルトレイン。
目次[非表示]

概要

観光客向けの列車への充当を目的として阪急電鉄6300系6354編成6両に京風のリニューアル工事が施行された。2011年3月19日運行開始。この列車は、乗車された瞬間から京都への旅の期待が高まるような演出を施すため、内装を京都の「」と「モダン」をコンセプトに、中間の2両(3号車・4号車)は京町家をイメージし座席が畳にクッションが貼られており半個室となっているなど他の車両とは大きく異なっている。前後の4両はシートが赤または緑(阪急標準のものとは異なる)に張り替えられ、壁紙も変えられているなど他の阪急車とは異なる雰囲気にされている。日よけの鎧戸は残された。

社章は1992年9月制定以来のステッカー式から、旧社章が取り付けられていた跡である車両番号表記の上部に移動してステンレス切抜き式に変更された。車体には、利用者を旅に誘う京扇をデザインしたラッピングが施されている。運行開始当初はヘッドマークは無かったが半年後に扇型のヘッドマークが付けられた。

2018年5月には第2編成の導入も決まった。この時点では6300系は嵐山線運用分しか車両が在籍していないため、余剰車両である7000系を改造して導入するとしている。
なお、十三駅に阪急では初となるホームドア設置の計画が発表されており、扉の数や位置が他とは違う(6300系は他より車端側に扉が設置されている)ことから、設置されるホームドアによっては、これに対応出来ない6300系京とれいんの去就が注目されており、一部では6300系編成を置き換えて廃車ではないか、もしくは京とれいん「十三駅通過」扱いへ変更かとも言われているが、阪急からの公式発表はまだ行われていない。
ホームドア運用開始は「2019年春までに」と発表されているので、仮に6300系が置き換えられるとすれば、遅くともその前の設置する段階の直前となる見込みである。

運用

このように特別仕様に変化したわけだが、特別料金は不要で、運賃のみで乗車できる。通常ダイヤでは土・休日の快速特急での運用で、基本的に特急の後に続行運転の形で運行する。また、臨時で快速急行快速列車として阪急嵐山線嵐山駅へも乗り入れる。平日は貸切列車として運行できるよう席番号が付けられている。

快速特急停車駅

駅名Station駅番号よみがな
梅田umedaHK-01うめだ
十三JusoHK-03じゅうそう
淡路AwajiHK-63あわじ
KatsuraHK-81かつら
烏丸KarasumaHK-85からすま
河原町KawaramachiHK-86かわらまち


※臨時運用の快速急行・快速の停車駅については阪急京都線の記事へ。なお、嵐山線内は各駅に停車する。

関連イラスト

阪急6300系    京とれいん
京とれいん



関連タグ

阪急電鉄 阪急京都線 阪急嵐山線 快速特急
京都 嵐山 四条
6300系 7000系(阪急7000系)

pixivに投稿された作品 pixivで「京とれいん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4622

コメント