ピクシブ百科事典

阪急神戸線

はんきゅうこうべせん

阪急電鉄の路線、梅田〜神戸三宮間を走る。正式名称は「神戸本線」
目次[非表示]

歴史

既に宝塚線を開業させていた箕面有馬電気軌道が建設し、1920年(大正9年)開業した路線。開業を期に社名を「阪神急行電鉄」に変更している(「阪急」の名称はこの時から)。既に阪神間を走っていた「阪神電気鉄道」とは別モノで(後に経営統合するが、それは後述)、それに加え国鉄が既に開業しており、当初から三つどもえの激しい競争となっていた。開業当初は市内を外れた上筒井(当時は神戸駅を名乗っていた)までの開業で、三宮乗り入れを果たしたのは昭和11年(1936年)であった(同時に上筒井〜西灘(現:王子公園)間は支線となった)。また宝塚線同様、住宅街の少ない地を通し、後に沿線開発をする手法をとったため、それを逆手に「綺麗で早うて、ガラアキ、眺めの素敵によい涼しい電車」というキャッチコピーで集客につとめたほどであった。

当初より比較的大型車両が高規格の路線で運行していたため、車両が変わった以外は際立った変化は見られなかったが、大きく変化したのは1968年(昭和43年)に開業した神戸高速鉄道への乗り入れで、これにより山陽電気鉄道と相互乗り入れを開始、神戸高速以西では同じく乗り入れた長年のライバルである阪神の電車と同じ線路を走行することとなった。

国鉄の民営化以降は、その攻勢に晒される形となるが、大きく転機を迎えたのは1995年(平成7年)1月17日に発生した、「阪神・淡路大震災」で、阪急も神戸線などが各所で寸断されるなど被害を被るが、なんとか復旧する。直後の1998年(平成10年)長年続けてきた山陽との乗り入れを廃止している。現在もJR西日本との乗客獲得競争は依然として続いており、近年では神戸市営地下鉄との乗り入れも検討されるなど(計画は事実上白紙に近いが)さらに変化を見せようとしている。2006年(平成17年)には長年のライバルだった阪神と経営統合をしており、事実上同会社となっている(運行、料金体系は変わらず)。

2010年(平成22年)に阪急の新開地駅西代駅間、山陽神戸高速鉄道線内の第二種鉄道事業を廃止し、同時に運営体制を変更した。さらに、神戸高速鉄道が担ってきた列車運行や駅舎、付随する施設の管理業務を第二種鉄道事業許可の区分に従って阪急・阪神・山陽・神鉄各社に移管することになった。

日中ダイヤは、特急と普通電車のみがそれぞれ毎時6本、運行されている。
何れも梅田駅~神戸三宮駅以西を運行する電車のみで伊丹や今津線に乗り入れる電車は日中には存在しない。

列車種別

特急

停車駅:梅田・十三・西宮北口・夙川・岡本・神戸三宮~新開地間各駅停車
神戸本線の代表的種別で、深夜を除きほぼ終日運転される。早朝に西宮北口駅始発新開地行きがある他は、梅田駅 - 神戸高速線新開地駅(一部は高速神戸駅)間の運転である。平日朝ラッシュ時は10両編成運転もあり、神戸三宮行きも運転される。1930年の運転開始以来、戦時中と阪神・淡路大震災直後を除き、ほぼ一貫して設定されている。停車駅は永らく十三駅と西宮北口駅のみ(1930年の運転開始当初は西宮北口駅のみ、のちに十三駅を追加)であったが、阪神・淡路大震災後の1995年6月12日の改正で岡本駅に、2006年10月28日の改正で夙川駅に、それぞれ新たに停車するようになった。

平日日中と土休日終日は高速神戸駅で阪神本線の普通電車(高速神戸駅折り返し)との接続が考慮されている。また、梅田駅 - 宝塚駅間は宝塚本線の急行に乗車するよりも、実際には特急で西宮北口駅まで行き、今津(北)線に乗り換えたほうが宝塚駅へ先着することも少なくない。ただし同区間を今津(北)線経由で乗車するよう奨励(促進)する案内活動は、実際には行われていない。

通勤特急

停車駅:梅田・十三・塚口・西宮北口・夙川・岡本・神戸三宮~新開地間各駅停車
特急の停車駅に伊丹線との接続駅である塚口駅を加えた種別。1995年6月12日の改正で運転を開始、2006年10月28日の改正で夙川駅に新たに停車するようになった。平日朝ラッシュ時にのみ運転され、高速神戸・新開地・神戸三宮発着。神戸三宮発着列車のうち、平日朝の10両編成については、神戸三宮方の先頭車が女性専用車両となっている。

快速急行

停車駅:梅田・十三・塚口・西宮北口・夙川・岡本・六甲・神戸三宮~新開地間各駅停車
深夜の速達型優等列車としての役割があり、早朝に新開地発梅田行が1本運転されるほかは基本的に22時以降の運転となる。1987年12月改正で運転を開始。平日の夕方ラッシュ時に入る前の時間帯、土曜日の昼間や、春秋の休日に、臨時列車として運転されたこともあった(通称「大運転」)。2006年10月28日ダイヤ改正で、通勤特急の夙川駅停車により通勤特急との停車駅の違いが六甲駅に停車するだけの違いになった。

急行

停車駅:梅田・十三・塚口・西宮北口~神戸三宮間各駅停車
伊丹線との接続駅である塚口駅および西宮北口駅 - 神戸三宮駅間の各駅への速達列車として運転される。特急と並び、戦前から存在する種別であり、長年停車駅が変わっていない。運行本数が極端に少なく、平日ダイヤでは深夜に梅田発神戸三宮行きが2本、土休日ダイヤでは朝に神戸三宮発梅田行きが1本、深夜に梅田発神戸三宮行きが2本運転されるのみ。

通勤急行

停車駅:梅田・十三・塚口~神戸三宮間各駅停車
武庫之荘駅での乗降客の増加に起因する梅田駅 - 園田駅間の混雑率を緩和することを目的に設定された列車。1995年6月改正で運転を開始。通過する駅は中津・神崎川・園田の3駅のみ。

準急

停車駅:阪急今津線(今津北線)宝塚~門戸厄神間各駅停車・塚口・十三・梅田
平日朝ラッシュ時に今津線からの直通列車として、8両編成で宝塚発梅田行のみ運転される。1957年10月に運転を開始。西宮北口駅はホームのない連絡線を通るため停車しない。

梅田駅到着後は1本を除き折り返し急行となる。なお、西宮北口駅構内では神戸本線への連絡線を通過するが配線の関係上、運転停車(約1分)するものの旅客扱いは行わない。また、通勤急行が停車する武庫之荘駅には停車しないことから、神戸本線を走行する通勤急行よりも準急の方が実質格上という珍しい停車駅設定となっている(ただし路線図などでは準急が格下として扱われている)。これは、この種別が今津線直通のものしか存在しておらず、あくまで、今津線で競馬終了後に臨時運行される「臨時急行」に対する「準急」であり、神戸本線の「急行」に対する「準急」ではないからであると考えられる。

普通

停車駅:各駅停車
各駅に停車する種別で、終日運転される。運転系統は主に梅田駅 - 神戸三宮駅間、梅田駅 - 西宮北口駅間で、昼間時は梅田駅 - 神戸三宮駅間で運転され、上下列車とも西宮北口駅で必ず特急との待避・接続を行うが、西宮北口駅出発後は梅田駅・神戸三宮駅まで先着するダイヤとなっている。

停車駅一覧

凡例

●:停車,レ:通過,‖:運行せず,↑:上りのみ運行

一覧表

阪急神戸本線(梅田〜神戸三宮)・阪急神戸高速線(神戸三宮〜新開地)

駅番号駅名読み特急通勤特急快速急行急行通勤急行準急普通乗り換え路線備考
HK-01梅田うめだ
  1. 阪急京都本線
  2. 阪急宝塚本線
  3. JR京都線
  4. JR神戸線
  5. JR大阪環状線(以上、JRは大阪駅)
  6. JR東西線(北新地駅)
  7. 阪神本線
  8. 大阪市営地下鉄御堂筋線
  9. 大阪市営地下鉄谷町線(東梅田駅)
  10. 大阪市営地下鉄四つ橋線(西梅田駅)
HK-02中津なかつ阪急宝塚線
HK-03十三じゅうそう
  1. 阪急京都本線
  2. 阪急宝塚本線
HK-04神崎川かんざきがわ
HK-05園田そのだ
HK-06塚口つかぐち阪急伊丹線
HK-07武庫之荘むこのそう
HK-08西宮北口にしのみやきたぐち阪急今津線
HK-09夙川しゅくがわ阪急甲陽線
HK-10芦屋川あしやがわ
HK-11岡本おかもと
HK-12御影みかげ
HK-13六甲ろっこう
HK-14王子公園おうじこうえん
HK-15春日野道かすがのみち
HK-16神戸三宮こうべさんのみや
  1. JR神戸線
  2. 阪神本線
  3. 神戸市営地下鉄西神・山手線
  4. 神戸市営地下鉄海岸線(三宮・花時計駅前)
  5. 神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)
当駅から新開地駅までは阪急神戸高速線
HK-17花隈はなくま
HS 35高速神戸こうそくこうべ
  1. 阪神神戸高速線
  2. JR神戸線(神戸駅)
  3. 神戸市営地下鉄海岸線(ハーバーランド駅)
HS 36新開地しんかいち
  1. 神戸電鉄神戸高速線
  2. 阪神神戸高速線


使用車両

9000系 8000系 8200系 7000系 6000系 5000系 3000系 1000系

関連タグ

阪急京都線 阪急宝塚線 阪急伊丹線 阪急今津線 阪急甲陽線
JR西日本 東海道本線JR神戸線) 梅田駅 神戸三宮駅 西宮北口駅
阪神電気鉄道 山陽電気鉄道 神戸高速鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「阪急神戸線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4014

コメント