ピクシブ百科事典

OsakaMetro

おおさかめとろ

大阪市およびその周辺地域で地下鉄・AGT路線計9路線を営業している鉄道会社。正式名称は「大阪市高速電気軌道」。
目次[非表示]

概要

2018年4月1日の大阪市営地下鉄の民営化に伴い、大阪市が全額出資する「大阪市高速電気軌道株式会社」を2017年6月1日付で設立した。ただしマークや愛称など、利用者の皆様にわかりやすいように別途愛称を設定する必要性があったため、ラテンアルファベット表記の「Osaka Metro」(読み:オオサカ メトロ)を愛称とすることを2018年1月25日に決定した。大阪市は「大阪高速電気軌道」以外にも「大阪メトロ」「大阪地下鉄」の商標を2017年に出願している。

正式な会社名は「大阪市高速電気軌道株式会社」のまま、大阪市交通局が運営していた地下鉄路線8路線、およびAGT路線のニュートラム(南港ポートタウン線)の合計9路線の運営を2018年4月1日に引き継いだ。

鉄道事業法ではなく軌道法が適用されているため、路面電車と同じように道路に沿って建設されている。東西南北がわかりやすく碁盤の目のように路線が縦横に伸びているのはこれが大きな理由。ただし、南港ポートタウン線の一部区間とかつて第三セクター大阪港トランスポートシステム」の路線だった区間に関しては例外と言える。
民営化後の「大阪市高速電気軌道株式会社」の名称にこうした実情が反映されていると言える。

初乗り運賃が割高と言われることが多く、短距離区間の乗車を妨げる要因ともなっていることとして、初乗り運賃が2014年の消費税引き上げと同時に200円から180円に値下げされた。当初御堂筋線以外すべての路線が赤字であったが、谷町線の黒字転換を皮切りに黒字転換する路線が増え、現在の赤字路線は赤字額が多い順から今里筋線長堀鶴見緑地線千日前線のみとなっている。

大手私鉄に匹敵する事業規模を持つものの、日本民営鉄道協会に加盟していないため中小私鉄に分類されている(大手私鉄・準大手私鉄への分類は日本民営鉄道協会への加盟が絶対条件となっている)。

営業路線

アルファベットは頭文字より。ただし堺筋線は千日前線と被るため二文字目のKを、南港ポートタウン線は長堀鶴見緑地線と被るため「ポートタウン」のPを使用。
全線とも路線免許上は「軌道線」。ただし南港ポートタウン線の一部区間と第三セクター大阪港トランスポートシステム」の路線だった区間については「鉄道線」扱いとなっている。

地下鉄路線

長堀鶴見緑地線と今里筋線は小型のリニアモーター駆動電車で運行するリニア地下鉄である。堺筋線とミニ地下鉄2路線は架線による集電(直流1500V)で、それ以外は第3軌条集電方式(直流750V)。
御堂筋線は北大阪急行電鉄南北線と、堺筋線は阪急京都線千里線と、中央線は近鉄けいはんな線と相互直通運転を行っている。

AGT(新交通システム)路線


BRT社会実験

2018年4月、大阪市都市交通局とOsaka Metroが共同で行う、今里筋線の延伸部分である今里-湯里六丁目間を中心にしたBRT(bus rapid transit)社会実験の運行計画を発表した。ルートは地下鉄今里-杭全-湯里六丁目-地下鉄長居間と、地下鉄今里-杭全-あべの橋間の2つ。中間停留所は地下鉄今里-杭全-湯里六丁目間に地下鉄並みの1km間隔で配置。地下鉄今里側では神路公園で折り返し、地下鉄長居側では長居西二丁目(JR長居駅)で折り返す。
その後バス車体デザインと名称がそれぞれ4案用意され、バス車体は濃いオレンジ色ベースに矢印(今里筋線のオレンジ色に対し、さらに前進する形で濃いオレンジ色)を側面に描くデザインとなり、名称が「いまざとライナー」となった。バス車内は14台それぞれ異なるテーマ性を持つデザインとなる。
2019年4月1日に社会実験開始。実験期間は5年間で、まず毎年度の利用状況を確認し需要の定着等を考慮、3年ほど後に効果検証を行い必要な需要の喚起・創出策を講じ、実験開始から5年ほど後に今後大阪市としての対応を決定する。

駅ナンバリング

東京で駅ナンバリングが広まったことを受けて、2004年から駅ナンバリングが開始されたが、Osaka Metroの前身、大阪市営地下鉄では将来の延伸を見据えて、1から始めるのではなく11から開始している。実際、御堂筋線では、乗り入れ先にも駅ナンバリングがされているため、11より小さい数字が使われている。
なお、中央線と南港ポートタウン線は11より小さい数字で始まっているが、これは元々第三セクターの別会社の路線が含まれていたことに起因する。また、中央線に乗り入れるけいはんな線は境界駅の長田駅から連続した数字となっており、アルファベットも「C」のまま、他の近鉄の路線と重複が起きないよう配慮された。
ちなみに、堺筋線と直通する阪急千里線には、K10以前の数字が割り振られず、阪急の駅ナンバリングが導入された。

ブランドコンセプト

走り続ける、変わり続ける。
大阪市高速電気軌道株式会社(以下:Osaka Metro)の活動の原点とし、「走り続けるために、変わり続ける (Change to Run)」「走り続けながら変わり続ける (Run and Change)」の意味を持たせ、Osaka Metroの目指す方向性を示す。

愛称

Osaka Metro
「Metro」の語源は「首都の」「大都市の」を意味する「metropolitan(メトロポリタン)」。「Metro」は地下鉄を意味する言葉として世界的に認知されており、大阪のさらなる国際化を見据え、グローバルスタンダードである「Metro」を愛称に取り入れることで、「名だたる世界の大都市の『Metro』と肩を並べ、大阪らしい『Metro』になる。」という決意を込めている。

シンボルマーク

名称:moving M
「Metro」のMの中に「Osaka」のOを内包し、らせん状の動きのあるフォルムとし、「走り続ける」エネルギーや動力・推進力を表す。深く鮮やかな青をメインに色を用いることで、安全・安心の印象を与え、エネルギッシュな大阪の街や走り続ける活力をイメージしている。
動くシンボルマークとして、「マーク=平面の図形」という概念を打ち破る「チャレンジ精神」を表し、Osaka Metroが目指す「走り続ける」「変わり続ける」姿を象徴化している。

コーポレートスローガン

走り続ける、変わり続ける。
お客様にも社員にもOsaka Metroが目指す方向性をしっかりと示すことに重点を置き、ブランドコンセプトと同じ言葉をコーポレートスローガンとしている。
「これからも『走り続ける』こと、ニーズと時代の流れに合わせて『変わり続ける』こと」を宣言し、約束する決意を込めている。

アナウンサー

Osaka Metroの地下鉄駅構内や車内でアナウンスを行っている声優は6人いる。

アナウンサー担当
秀平真由美車内(日本語)
梅野真由美駅構内1番線(日本語)
ウェグミュラーあけみ駅構内1番線(英語)・車内(英語)
有田洋之駅構内2番線(日本語)
ピーター・フィンケ駅構内2番線(英語)
片岡和枝啓発放送
秀平真由美は大阪市営地下鉄時代の1999年4月1日から日本語の車内放送を担当している。
御堂筋線と谷町線を除き、ウェグミュラーあけみとピーター・フィンケによる英語の駅構内放送が行われている。
民営化直前、順次すべての路線でホームドアの有無によるアナウンス変更が行われた。ホームドアのない駅では「○番線に、〜行きが到着します。危険ですので、黄色い点字ブロックの後ろまでお下がりください」、ホームドアのある駅では「○番線に、〜行きが到着します。危険ですので、ホーム柵から身を乗り出したり、物を立てかけたりしないでください」とアナウンスされる。

テレビCM

2018年11月25日、関西地区でOsaka Metroの初めてのテレビCM「新しいことが生まれる街」篇が放送開始。イメージキャラクターに本田翼を起用し、日々新しいことが生まれる大阪と、その中心を縦横に走るOsaka Metroを「大阪の真ん中を走っている。」というキャッチコピーで伝える。
2019年1月14日には第2弾「淀屋橋 トモダチと中之島」篇が放送開始。大阪に来た本田翼が大阪に住む外国人のトモダチと、中之島エリアを散策しながら様々なおしゃれスポットを見つける。

関連項目

大阪市交通局 大阪市営地下鉄 地下鉄 ニュートラム
大阪市営バス 大阪シティバス

  • 大阪メトロ:表記揺れ。民営化前に大阪市により商標出願。
  • 大トロ:「大阪メトロ」、略して…

外部リンク

Osaka Metro公式ホームページ
公式ホームページではOsaka Metroの運行する地下鉄・ニュートラム路線のほか、大阪シティバスの運行するバス路線の案内が行われている。

関連記事

親記事

地下鉄 ちかてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「OsakaMetro」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7484

コメント