ピクシブ百科事典

ハイエース

はいえーす

ハイエースはトヨタ自動車で生産されているキャブオーバー型の自動車。1967年から製造・販売が行われている。
目次[非表示]

概要

バンを中心に、様々な用途での使用に対応したバリエーションを用意しているのが特徴。
現在主流の200系は上位グレードのスーパーGLと標準グレードのDXがあり、内装の質感に差がある。また、現行車種では珍しいステッキ式パーキングブレーキNV350はMT車のみステッキ式パーキングブレーキ)。

普通・中型免許でも運転可能な車だが、その中でもたくさんの人間または荷物を載せることができるうえ耐久性も高いため、社用車や救急車(のベース車両)といった「働く車」としての需要はもちろん、何気にキャンピングカーのベースやドレスアップ用といった個人の需要も案外高かったりして「ハイエース専門店」なるものも存在する。
ロックバンド機材車としてもメンバーを乗せ、楽器アンプ(一部ドラムセット)といった機材グッズなど大荷物を積んで移動するのにも向いているため定番の車種。

今でこそワンボックスのイメージが強いが、もともとはトラックに使われた名称であり、バンはそのトラックの追加車種、という形で発売された(現在では町中でよく見られる貨客混載型のバンや人員輸送型のワゴンミニバスとも言うべきコミューターの3タイプとなっている)。

現在は「ハイエース」という車名はトヨペット店専売モデルとなっており、ネッツ店で販売されるモデルは「レジアスエース」という車名が与えられている。

詳しい歴史はウィキペディアを参照(外部リンク)。

競合車種は、国産では前述の日産NV350キャラバンのみ。かつてはマツダ ボンゴブローニーいすゞ ファーゴとキャラバンの姉妹車ホーミー(旧プリンス店扱い、ただし沖縄日産プリンス販売のみ「キャラバン」を販売)、およびボンゴブローニーのOEM車が出ていたが、ホーミーは日産の販売チャンネル再編によりキャラバンに統合、ボンゴブローニーとファーゴは絶版となっている。

湾岸ミッドナイトにおけるハイエース

ナムコのレースゲーム「湾岸ミッドナイト マキシマムチューン」シリーズでは100系がナムコカラーの一般車両として登場するが、なんと2からはプレイヤーも使用可能で、しかも3DXからはハイリフト仕様も存在する。

詳細はこちら(100系ハイエース)

ちなみに1ではR200CLUB島達也のパロディを行ったパックマンのモンスター(アカベイのみ島達也のパロディも行う。この際、車種名が???になっている)、2では秋川レイナのパロディを行ったどん子と友也のパロディを行ったお面小僧(この際、車種名が???になっている)、3では相沢圭一郎のスープラを追いかけようとしたガッちゃん・上田・吉岡の3人組、3DX+では島達也のパロディを行ったお面小僧、4では3と同様に相沢圭一郎のスープラを追いかけようとしたガッちゃん・上田・吉岡の3人組と城島洸一が司会を務める「ドライブGO!GO!」のカメラクルーが使用している。
しかし、ただでさえ車高が高いのにハイリフト仕様はさらにハイリフトで車高もアップしているのでハイエースを操作するプレイヤーやハイエースの後ろを走るプレイヤーにはたいへん見えづらい。

しかしアザーカーであることやほかの車に比べ遅いため同じアザーカーのカローラR2(こちらは軽自動車)、パジェロ(こちらはRV車)同様ネタ車として扱われることも。

なお、湾岸ミッドナイト マキシマムチューン5のアップデートにてアザーカーのハイエースが200系に変更されており、5DXでは(ターミナルスクラッチ(1日1回無料、あとは10回まで有料)の景品とはいえ)プレイヤーも200系ハイエースが使用可能になった(こちらも遅さ・車高の高さは100系と相変わらず)。

また、同じバンダイナムコのスマホゲームである「ドリフトスピリッツ」にも登場していて、湾岸ミッドナイトとのコラボイベントにて湾岸ミッドナイト マキシマムチューン4では全くレースに参加しなかった北見サイクル仕様のハイエースまで参戦している。しかしここでも戦闘力が399と圧倒的に遅い(☆3ミニクーパーの戦闘力は420、ハイブリッドカーである☆3CR-Zの戦闘力は419、旧車の☆3 S30フェアレディZの戦闘力は411、クラシックカーである☆3スバル360の戦闘力は410であり、本ゲーム中最も最低のステータスとなっている)

ドリスピ仕様の詳細はこちら

「盗まれるクルマNo.1」と言う現実

昨今の報道で度々言われるが、ハイエースはトヨタ車の中でセルシオランドクルーザーと並んで盗まれるクルマの定番だ。

ひところは並みいる高級車を押しのけて「盗まれるクルマNo.1」という不名誉な記録まで貰っており、バンドでは積んでいた楽器など荷物もろとも盗まれる不運にあっているところがある。
途上国で走っているハイエースは大抵が盗難車という有様で、盗まれた後はヤードと呼ばれる塀で囲まれた解体場に運び込まれた後に、分解して海外に運ばれているのが実情。

何故ここまでハイエースが盗まれるかというと、盗みやすく、売りやすいからで、実用性と耐久性での性能の高さと、モデルライフの長さに起因する部品取り車としての需要が高いためであること、さらに比較的新しい年式のものでないとイモビライザー(盗難抑止装置)が標準装備されていないため、窃盗団の格好の餌食となっているのだ。

あまりに盗まれるので、今ではトヨタの純正オプションでもオートアラーム(プレミアム)が販売されている。イモビライザーがついていない旧式の車種でも、セキュリティを強化するサードパーティーの製品を後付けしてくれる業者もいるので相談してみるといい。純正はおよそ6万円強程度(税込)で、後付の相場は4万円程度と、盗まれた後のことを考えれば安い金額なので、ケチらず購入するのを勧める。

これはどのクルマにも言えることであるが、どんなに旧型のポンコツでも油断してはいけない。そのクルマを「旧型のポンコツ」だと思っているのは、大概の場合日本人だけだ。

どんなポンコツでも外国人が買っていくから必ず値段が付く。外国人が日本の業者向けオートオークションや解体屋を漁ってでも欲しがる。それがハイエースなのだ。
もちろん兄弟車・派生車のレジアスエース、グランビア、グランドハイエース、ツーリングハイエース、ハイエースレジアスた、他メーカーのワンボックスも注意が必要であるのはいうまでもない。

日本人の一般的な感覚として、しばしば語られてきた「乗用車の寿命は10年10万km」だが(2010年代以降は日本でも乗用車の平均車齢が伸びる傾向にあり、15年15万km程度走る車も一般的になってきているものの)、外国人(途上国だけでなく西欧諸国でさえ)から言わせればまさに「Why Japanese people!」であり、日本のオートオークション会場や解体屋は宝の山なのだ。

特に右ハンドルの国の人からすればもはや日本の中古車市場はボーナスステージと言っても過言ではなく、右ハンドルの先進諸国(オーストラリアやニュージーランド、場合によってはイギリス・・・etc)の人ですら日本からの中古車を購入しているケースが後を絶たない・・・と言うか、ついにはそこに商機を見いだした日本の中古車業者がNZに進出していたりする。

現在は前述のイモビライザーを始めとする盗難防止装置の充実により、相対的にプリウスハイエースよりも盗難率が高くなっている。また、トヨタ車ではなくスポーツカーであるホンダ製タイプRとインプレッサ及びWRXシリーズ(スバル)もトヨタ車に次いでかなり盗難率が高い(インプレッサに至ってはインプレッサ自体が海外でも人気が高いため)。

ハイエースする(動詞)

一部のネット界層では漫画、アニメ、ドラマ、映画(などのフィクション)および現実でも幾度となく誘拐拉致強盗などの目的に使われる車種であるため、転じて「ハイエースする」という動詞(サ行変格活用)が生まれている(ハイエースに限らず、日産・キャラバン及びエルグランド、ホンダ・ステップワゴンなど、他メーカーのワンボックスカーやミニバンであも「ハイエースする」と呼ばれることがある)。
ちなみにこの文脈での「拉致犯・誘拐犯」はそのままハイエーサーと呼称される。
この時に使うハイエースもハイエースされた盗難車が用いられることが多い。
ハイエースされたハイエースでハイエースするのである。

pixivでも「ハイエース」(部分一致)だけで検索すると・・・2015/05/01時点では、279件で、このうち「R-18」にしているのは87件と、約31%に達している。

ぶっちゃけ、トヨタやワンボックスのオーナーにとっては風評被害以外の何物でもないが。

あ、そうそう。
このクルマには「DX 3人乗りルートバン」というリアガラスもなければリアシートもないグレードがカタログモデルで存在する。
鉄板で覆われた走る広大な密室・・・悪用されないことを願うばかりだ。

なお、ハイエースは警察車両にも採用されている。ハイエースすると、ハイエースの御用になる。

関連タグ

TOYOTA ワンボックス バン バニング
痛車 商用車 アザーカー
ハイエースしてダンケダンケ

関連車種

自社

バン・トラック

クイックデリバリー
レジアスエース
タウンエース/ライトエース
ダイナ/トヨエース

ミニバン・ワゴン

グランビア/グランドハイエース
レジアス/ツーリングハイエース
アルファード/ヴェルファイア
エスティマ

他社

キャラバン/NV350
バネット/ボンゴ/デリカ
NV200

外部リンク

トヨタ・ハイエース - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイエース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7139745

コメント