ピクシブ百科事典

AE85

えーいーはちごー

トヨタ自動車の4代目カローラレビン、およびスプリンタートレノの下級グレードの型式。

概要

通称「ハチゴー」。
4代目カローラレビンと兄弟車スプリンタートレノのうち1,500ccのSOHC型エンジン「3A-U」を搭載したベーシック仕様車で、AE86(ハチロク)の下位グレードにあたる。
駆動方式はハチロクと同じくFR

サブグレードとして、
・3ドアハッチバック
「SR」
・2ドアノッチバッククーペ
「SE」
(トレノのみ)
「XL」
「XL-LIsse」
(レビンのみ)
「GL-Lime」
「GL」
が設定された。

上位グレードのハチロクが手頃な価格で手に入る軽量のFRスポーツカーとして人気を博したのとは対照的に、エンジンの非力さや標準装備の平凡な足回りなどもあって販売終了まで市場価値が概ね低く存在感の薄い不遇車とも言える存在であった。

そんなハチゴーが広く名が知れ渡るようになったのは、公道レースを描いた漫画アニメ作品『頭文字D』の影響が大きい。
その初登場シーンは、主人公藤原拓海の親友でハチゴーの存在を知らなかった武内樹が中古車屋に「白黒ツートンの4代目カローラレビン」とだけしか指定しなかったため、納車後にそれがハチロクでない事を知って大ショックを受けるというものであった。
その際作者のしげの秀一からは「オッチャングルマ」などと散々な表現で揶揄され、イツキは身内の先輩達には笑われ、他所の走り屋達には露骨に馬鹿にされるという有様であった。
しかしながら拓海の超人的なドラテクと脚色されたポテンシャル性能によって後年型のシルビアを撃破するなどの活躍を見せており、イツキも拓海の励ましを受けてハチゴーを気に入るようになる。
その後イツキはターボを追加装備するなど積極的に整備するようになり、この愛車で上りでのヒールアンドトウを習得するに至った。

ハチロクはドリフトを好む走り屋達の愛車となった事から、中古車市場でも大幅な修理歴のある車両が多い。
そのオーナーの中には幾度の衝突や板金などでハチロクのボディが傷んだ事をきっかけに、ダメージの少ないエンジンやサスペンションなどを当時手頃だったハチゴーのボディに移植する者も現れ、このような改造車両には「ハチゴー改ハチロク」という通称が付いた。
なおこのような改造を受けていないハチゴーは現行車時代の不人気から廃車化が早く進んだ事もあって現存台数がかなり少なく、現在の中古車価格の高止まりが続いている。

関連項目

トヨタ 乗用車 AE86
スプリンタートレノ カローラレビン
武内樹

関連記事

親記事

トヨタ とよた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「AE85」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18749

コメント