2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

日本のレーシングドライバー。
1971年5月18日生まれ。
広島県出身。愛称は「NOB」。

元々は運送業で働いており、AE86に乗って走り屋ドリフト族)をやっていた。
後にサーキットで行われるドリフトコンテストに出場し、軒並み好成績を収めて全国的に知名度を上げる。

2001年にアルテッツァのワンメイクレースに出場し、レーシングドライバーとしてデビュー。
当時既に30歳と、レーシングドライバーとしては遅咲きな年齢ながら、セミプロやプロが多数出走する中でも互角に戦い成績を残した。
また同年にはD1グランプリにも出場し、初代チャンピオンに輝いた。

翌2002年にはJGTC(後のSUPERGT)にステップアップし、プロ入りを果たす。
以降D1グランプリと並行してレース活動を続け、様々なチームを渡り歩くが、D1グランプリへの参戦は数回の中断をはさみ2014年をもって終了したため、GTレース一本になる。

2011年には、初音ミク痛車で有名なグッドスマイルレーシングに移籍。
同年には自身初のシリーズチャンピオンを獲得、更に2014年と2017年にもシリーズチャンピオンに輝くなど、目覚ましい活躍を見せる。
2020年現在も、同チームの看板ドライバーとして、相棒の片岡龍也と共に参戦中。

メディアでは同じチューニング好きの土屋圭市、織戸学、松田次生らとともに出演することが多い。

2020年に自身のyoutubeチャンネルを設立。
自身の近況報告や珍車試乗などを中心にアップしている。

所有車両

(youtubeチャンネルより)
日産:S15シルビア180SX(ゲテちゃん)、V35スカイライン(ドリフト教習車、通称スカちゃん)、R35GT-Rリバティウォーク仕様
トヨタ:トヨタスポーツ800ハイエース、JZS161アリスト(ATドリフト仕様)、AE85トレノ改(AE92後期の4A-Gに換装)(auto stage miyoshiでボディーワーク予定)
スズキツイン×2(最初、ヤフオクで購入したツインがボロボロで、ヤバイ状況だったが、なんやかんやあって2台目を入手し、それをカスタムする予定とのこと。)
メルセデス・ベンツ:A45

余談

  • 走り屋時代はAE86に拘りがあり、5台も乗り継いでいる。特に3ドアトレノの後期型が一番のお気に入りであり、アマチュア時代にいか天に参戦したときは前期型AE86を後期仕様に改造、全国大会では後期型AE85で参戦していた。
  • プロデビュー以降も、下位カテゴリのレースにも盛んに出場している。シビック86/BRZのワンメイクレース、スーパー耐久などでも強さを振るった。
  • 185cmの高身長でスタイルも良く、さらにダンディな声と雰囲気から女性人気ランキングでは立川祐路と優勝争いの常連である。しかしその体格故にフォーミュラカーでの実戦経験が無い(イベントでF1マシンに搭乗したことはある)。
  • チューニングへの造詣は一流であり、テレ東系『スーパーGT+』では愛車自慢コンテストの審査長を務める。「男は黙ってシャコタン・ツライチ」が信条であり、購入した自動車には必ずチューニングを施さないと気が済まない。
  • かつて(D1時代)は川畑真人と同様シャコタンドリフトマシンにこだわりを持っていたが、現在はそうでもなく、ドリフト専用マシンとして川畑にチューニングを依頼したゲテモノ180SX(通称「ゲテちゃん」)や、斎藤太吾が制作を担当したHKSの86{RS-3}を自在に乗りこなす。
  • 2013年にグッドスマイルレーシングのデモカーとして使われていたヨタハチを譲り受け、8年かけてフルレストア&チューニング(所謂レストモッド(restomod))を行い、2021年にシェイクダウン。そこからさらに2022年に公認車検を取得し、公道走行が可能までになった。


関連項目

レーサー 広島県 グッドスマイルカンパニー 初音ミク

関連記事

親記事

レーサー れーさー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1049

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました