ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

自動車オートバイの車高を低くした改造車の事。

「車高」と「短い」を掛け合わせた俗語。

「ローダウン」とも言い、英語では「Lowered」「Slammed」等の単語が該当する。


改造手法

車高を下げる主な方法は以下の通り。


サスペンションのスプリングを取り外す

所謂ノーサス。最も手っ取り早いやり方で、車体を支えているサスペンションを丸ごと外すので、当然車高は限界まで落ちる。

しかし走行性能、乗り心地共に著しく低下する重大な欠点がある。

街道レーサーでよく見られる手法。


純正品以外のダンパーへ交換

スプリングのストローク量が短かったり、全長を調整できるダンパーへと交換するもの。こちらはサスペンションの機能が活きており、低車高のまま走ることができる。更にアーム類やナックル等にも手を入れることで走行性能も上がる。

この手法で性能を取ったのがレーシングカーであり、見た目を取ったのがVIPカー、両方を取ったのがドリ車と言えるだろう。


エアサスペンションの導入

エアサス、バッグドと呼称されることが多い。スプリングの代わりに空気の入ったエアバッグが装備されており、エアバッグ内の空気圧を調整することで車高を調整する。

特徴的なのは外部からリモコン操作により瞬時に車高を調節できること。そのため走行時や段差を乗り越える際は車高を上げて、停車中はこれ以上ないまでに下げて…といった使い方ができ、利便性は抜群。その一方で以前は乗り心地や走行性能は車高調に劣るとされていたが、現在は改善してきている。

ちなみに純正でエアサスペンションを採用している車種に専用のコントローラー(サスコン)を付けることで、部品を交換しないままシャコタンにすることもできる(典型例は初代セルシオ)。

こちらはVIPカーのほか、スタンス/JDM等で広く採用されている。


ハイドロリクスサスペンションの導入

ハイドロと呼ばれることが多い。空気圧で車高を調整するエアサスに対し、こちらは油圧で車高を調整する。

瞬時に車高を変えられるだけでなく、ホッピングやスリーホイラーなど非常に激しい動きをすることができるが、構造が複雑で故障が多いのが玉に瑕。

ローライダーの定番手法。ディズニー・ピクサーの映画「カーズ」に登場するラモーンを想像すれば速い。


歴史

日本ではどのようなルートで広まったかは定かではないものの、アメリカでは1930年代から50年代にはこの手の車高を下げるカスタムが行われていたという。

白人層では1930年代に登場した「ホットロッド(Hot rod)」と呼ばれる一連のカスタムの一環で、現在程ではなくとも車高を下げる者も居たという。また1950年代にヒスパニック系などの間で登場した「ローライダー(Low rider)」も、車を優美に見せるためかかなり思い切った”シャコタン”カスタムがなされた(但しローライダーは前述のハイドロを装備している場合が多い)。

いずれも「カーレース」といえばマシンが車体を大きく傾けてタイヤを鳴らしながら走ってた頃の話である。


1970年代に入ると、モータースポーツではシルエットフォーミュラに代表されるような、空力部品が地面の近くまでを覆い、車高を大きく下げたマシンが現れ始めた。これが当時大勢いたスポーツカーに熱狂する若者たちや暴走族の心の琴線に触れ、日本全国的に広まった。ただし同時期アメリカでもローライダー文化は専門誌が作られるなど大きく花開いていた時期であり、これが輸入されたと考える向きもある。


ともあれ、程度によるが車高を下げると見栄えが良くなり、運動性能も上がるとあってカスタムでは定番のメニューである。

反面、下げすぎるとサスペンションのストローク量が確保出来なくなる(=揺れを吸収できない)ため乗り心地が悪くなる。

また、程度が過ぎると車体下部をガリガリやるのはお約束で、よく犠牲になるのはマフラーや触媒などである。FRP製のバンパーだと外れたり割れたりすることも。


なお勾配のある踏切で立ち往生するのは危険という理由で、最低地上高の高さは9cm以上必要と法律で定められている。ヤンチャな人たちの間では、煙草の箱(だいたいセブンスター)が車体と地面の間に入るかどうかが指標とされることも。


近年はSUVブームの影響で、オーバーフェンダーにして大径のSUV用タイヤを履かせて車高を上げる「シャコアゲ」というカスタムもじわじわ人気を集めている。


純正シャコタン

平成時代に突入すると、ファッション目的でメーカー純正でシャコタン状態に仕上げた車両が発売されるようになる。

ホンダS-MXダイハツムーヴがその起源で、量販車から車高を15mmほど下げたグレードを設定した。

以降他メーカーにも普及したが、いずれも改造車のような思い切ったものではなく、せいぜい15mm~20mm程度の変化しかなく目視では判別しづらい。


また、バイクにおいても低身長者の足つき性を確保するため、主にオフロードタイプで純正のシャコタンが設定される車種がある。


関連イラスト

新型トヨタ・センチュリー ランエボX  ☆(ゝω・)v

センシティブな作品C33ローレル


関連項目

マンチカン ダックスフンド コーギー 街道レーサー VIPカー 族車


しょこたん ショタコン:似てるけど全然違う

北海道:積丹半島(シャコタン)や色丹島(シコタン)ももちろん無関係。

関連記事

親記事

改造車 かいぞうしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50717

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました